新卒の貯金平均は?社会人1年目で貯金する具体的コツとその効果

1000万貯金方法

どーも皆さんこんにちは。ブロガーのキック(@kikumerです。

新入社員の皆さん。入社おめでとうございます。

ところで皆さんは、これから入ってくる給料を何に使おうと考えていますか?

コンパや同期との飲み会に全部つかう?

欲しいもの買いまくる?

親孝行に使う?

どれも素晴らしい使い道ですね。

ただ、新卒からでもしておいたほうがいいことがあります。それは

 

貯金です。

 

20代で結婚や出産を迎えたり、はたまた車を買ったり家を買ったりする人は増えています。

こういう人生の大きなイベントでは、ある程度のまとまったお金が必要になってくるんですね。

今回は20代での貯金の必要性新卒で貯金して行くためには何をしていけばいいのかについてお伝えします。

この記事を買いた人

大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳副業なしで1000万円貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。

 

社会人1年目から貯金って必要?

そもそも、社会人になったばかりの時から貯金は必要なのでしょうか。

僕の場合は家族がいたので、迷わず貯金に励めたのですが、大抵の場合新卒で入ったばかりの時は、先輩に飲みに連れていってもらったり、同期や別の会社の人と飲んだり、研修や資格の勉強などにお金を使ったりします。

特にすぐ結婚するというわけでもなければ、お金を貯める必要もないでしょう。

実際僕の周りでも、貯金は一切していないという人は多かったです。

ただ、同時に、新卒の時から貯金していなかったことを後悔する20代後半くらいの人(当時の会社の先輩)もたくさん見てきました。

彼らがなぜ貯金していなかったことを後悔していたかという理由は

  • 結婚したい彼氏、彼女ができた
  • 車が欲しくなった
  • 家を買いたくなった(頭金がないとローンの利息が高くなる)
  • 子供ができた

などです。

人生何が起こるか分かりません。

突然の事故や怪我、また逆に、結婚や出産を迎えることがないとは言えません。

そういう場合に余裕を持って対応するためにも、社会人1年目からでも貯金は不可欠と言えるでしょう

 

新卒の平均貯金額は?いくら貯金するのが妥当か

では基準として、新卒1年目の貯金額の平均はいくらなのか見てみましょう。

参照:マイナビ学生の窓口調べ

2016年にマイナビが400人の新社会人に行った調査によれば、新卒での貯金平均額は71万円とのことでした。

 

グラフを見ると、貯金していない人も多い分、ちゃんと貯金している人も一定数いるのがわかると思います。

学生の頃からも含めて、社会人一年目からでもちゃんとお金を貯めている人はいるんですね。

貯金していない人も、ぶっちゃけ20代後半あたりになって、貯金しなかったことを後悔しない人はあまり見たことがありません。

もちろん若いうちからお金を使って行くのは正しいことです。飲み会に行くのもコミュニケーションの一つですし、社会に出て生きる術となるでしょう。

なので、そこはもちろん優先しつつ、自分のライフプランに合ったペースで貯金を心がけていくことをお勧めします。

 

新卒で効率的に貯金していく方法

まあじゃあぼちぼち貯金していこうかってなったとき、やっぱりここで気にしておくべきことは効率のいい貯金の方法かどうかです。

当たり前ですが、貯金していく時にしんどい貯金楽な貯金か、どっちの方がいいかってことです。ドMな人以外は基本楽な方がいいに決まってますよねw

なので、ここからは実際に僕が新卒サラリーマンで入社した会社で、2年間働き、25歳で1000万円貯金できた方法をお伝えしていきます。

 

目標設定

ありきたりと思われるかもしれませんが、貯金をするにおいて目標設定することはとても重要です。

将来何をしたいのか、またはいつまでにいくら貯めたいのかを具体的に設定することによって、自分が今毎月いくら貯めていくのがいいかの指標になります。

また、目標があることによって継続するエネルギーにも繋がります。

僕たち夫婦は20代のうちに2000万貯金して世界一周するというのが目標でした。この目標があったからこそ、25歳で1000万円貯金することができたんですね。

無理のない自分にあった目標設定で大丈夫ですので、自分の貯金のペースを決めるためにもいつまでにいくら貯めようというのを決めてみてください!

 

毎月の自分の支出を把握しよう!

毎月自分が何にいくら使ってるかをしっかりと把握しましょう。

毎月と言いましたが、別に毎月家計簿をつけなくてもいいです。

頑張って1ヶ月だけでもつけてみましょう。

そうすることで、自分の支出がいくらなのか、無駄な出費はなんなのかがわかるようになります。

僕は職業柄、いろんな人の貯金の相談に乗ることもあるのですが、お金を貯められない人は決まって自分が月にいくら使っているか把握していません。

お金がない人全員に共通してると言っていいほどです。

毎日、毎月と続けるのはハードルが高いですが、1度だけでもいいので、自分の支出をしっかりと洗い出してみましょう!

 

 

副業を始めよう!

貯金を頑張ろうと思った人の多くは「仕事頑張って給料上げよう!」と考えるかもしれませんが、正直言ってそれはかなり効率の悪い考え方です。

例えば今の仕事の残業時間を増やして、プレゼンや営業の準備時間も増やしてがむしゃらに働いたとして、半年後の給料が5万円とか10万円とか増えたらいい方です。

お金のことだけでいうと、そういうことに時間を費やすなら圧倒的に副業に注力するほうが効率的なんですね。

本業の労働時間を100時間増やしたところで半年後にボーナスが5万円増えるのがいいとこですが、副業で月に100時間やせば、ものによっては簡単にその月から10万円以上稼ぐことが可能です

 

けど、うちの会社副業禁止なんだけど・・

 

まあそうですよね。だけどそこは大丈夫です。

ぶっちゃけ副業なんてバレません。

また、罪悪感を抱きたくないという人に関しても副業と認定されないようなお小遣い稼ぎをしていけばいいんです。

例えば、メルカリで日用品を売ったり、無料の懸賞サイトに応募しまくったり、ポイントサイトを使って節約したり、方法はいくらでもあります。

副業とまで言わないお小遣い稼ぎ程度のものであれば、例えバレたとしても咎められることはまずありませんので安心して副業しましょう!

 

貯金するノウハウは色々な方法があります。

その人に合った方法、合っていない方法など、ひとそれぞれやるべき方法も違ってきます。

僕は、いろんな貯金方法を試して25歳で1000万円貯金することができました。

そのことを具体的に綴った記事や、ファイナンシャルプランナーとして年収別に取り組んだ方がいい貯金方法などを記事にしていますので、よかったらそちらもご覧ください。

 

 

新卒の賢いお金の使い方は?

ただ、この記事の冒頭でも述べたように、貯金をする上で気をつけて欲しいのが貯金だけにこだわってしまわないことです。

いや、貯金だけしときたいって人も中に入ると思うので、もちろん貯金に専念するのも自由ですよ。

ただ、若いうちからお金を貯めるために友人との飲み会も断り、遊びにもいかず、ただがむしゃらに貯金だけに勤しむのもお勧めしません。

僕も実際に25歳で1000万円貯金することができましたが、会社の先輩や同期とはよく飲みに言ってましたし、家族でも毎週外食に行ったり、年4回くらい旅行にも行ってました。

定期的に息抜きしたり、新しい知見を得ようとすることは若いうちには特にとても大切なことです。

お金は奪われますが、家族や友人と過ごした時間、自分が学んだ知識や経験は誰からも奪われることはありません。

若いうちから将来に備えておくことは大切ですが、その分今という時間も大切にしてください。

 

 

貯金ができないほどカツカツなら・・

いろんな方法を試したり、努力してみたりしたけどそれでもお金が貯まらないという人も実際にはいらっしゃいます。

僕もそういう類の人の相談には何度か乗ったことがあるのですが、そういう人は総じて自分の生活スタイルともらえる給料がマッチしていない場合がほとんどでした。

例えば、ぼくが貯金の相談に乗ったAさんは

東京都で一人暮らしでしたが、手取りの給料はなんと18万円を下回るとのことでした。

言っちゃ悪いですが、もうこの時点でアウトです(笑)

生活費の安い地方でならまだしも、日本で最も生活コストがかかる東京でその給料では生きていけません

また、その人は会社への交通費も自腹だったというので、早急に転職することをお勧めしました。

 

年収アップさせるのには今より年収が高く、高待遇な企業を探さないといけないのですが、自分で探すのはかなりの手間になります。

今は無料でサポートしてくれるマイナビエージェントなどの転職サイトがありますので、とりあえず無料登録だけして情報収集するところから始めてみてください。

年収で選ぶこともできるので、少なくとも今よりは高待遇で給料も高い会社が見つかるはずです。

 

 

まとめ

新卒で入社したピチピチの社会人1年目の皆さんには、これからの人生いろんなことが待ち受けています。

それらに柔軟に落ち着いて対応する手段として、貯金をコツコツとしていくことはとても大切なことです。

ただ、そればかりに囚われて、20代の貴重な時間をお金を貯めることだけに使うのはとてももったいないですよね。

自分が将来どういう人生を送りたいのか、そのライフプランに合わせて、自分にあった配分で貯金や遊びを楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。