24歳で貯金ゼロは普通?平均貯金と若いうちから貯金しておくべき理由

貯金

24歳の貯金額がどれくらいかご存知ですか?

24歳といえば、大卒で社会人2、3年目、高卒だと社会人6、7年目だと思います。

社会人としての生活にも慣れてきて、そろそろ車を買ったり、結婚して家を建てたりと、したいことも増えてくる頃ではないでしょうか。

したいことは増えるけど、そのためにはまとまったお金が必要。同年代のみんなはどれくらいお金を貯めてるんだろう?

気にはなっても、なかなかお金の話って聞きづらいですよね。

そこで、今回は24歳での妥当な貯金額はいくらなのか、どのようにして貯金するのが効果的かをお話していきたいと思います!

24歳の平均年収・平均貯金はどれくらい?

まず24歳の平均貯金額はどれくらいになるでしょうか。

自分の同世代の貯蓄額の平均を見てみましょう!

24歳の平均年収

こちらは24歳の平均年収を高卒・大卒の順に表にしたものです。

男性女性
24歳高卒平均年収324万円292万円
24歳大卒平均年収371万円360万円
24歳全体の平均年収335万円304万円

こちらは高卒、大卒で仕事をしている人の平均年収です。

高卒の場合、勤続年数は24歳であれば6~7年になり、大卒の場合は2~3年になるので、年収に大きな開きはないように思います。

24歳のだいたいの年収は300万ちょっとという感じなのでしょう。

※なお、このデータは筆者が参考資料から計算して導き出した数値であり正確性に欠ける可能性があります。

このデータの算出方法

 

24歳の平均貯金額

では次に、実際に24歳の人がどれくらい貯金しているのかを見ていきます。

正直都内に住んでいる人なんかは年収が300万くらいだと、貯金をする余裕はないように思いますがいかがでしょうか。

残念ながら、24歳限定のデータは見つけられなかったので、20代の学歴別貯蓄金額の平均から見てみます。

男性女性総合
中卒304.1万円129.9万円238万円
高卒390.7万円177.1万円290.6万円
専門・短大卒408.2万円207.6万円273.5万円
大卒・院卒576.3万円282.3万円486.7万円

参考資料:厚生労働省平成28年国民生活基礎調査

こう見ると結構ありますね。ただ、多くは20代後半にお金を持ち始めるため、24歳ではここまでではないでしょう。

20代前半の平均貯蓄額52万円というデータがありました。参考:https://cancam.jp/archives/245464

この中間地点をだいたい予測すると、筆者のざっとした計算では24〜25歳の平均貯金額は、およそ160万円くらいかなと思います。

働き始めて間も無い20~23歳と比べて、仕事に少し慣れはじめて、生活が軌道に乗った24歳ごろからは、結婚などを視野に入れて貯金をし始める人が多いのかもしれません。

24歳で貯金ゼロってやばい?24歳で貯金の必要性はあるのか

これまでのお話を経て、自分の貯金足りて無いかも・・・。

と思った人も

若いうちから貯金ってそんなに必要?

と思った方もいるでしょう。

実際に24歳から貯金をコツコツしていくことが重要かと言われると、一概にそうとも言えません。

また、24~25歳の貯金の平均は160万円前後ですが、割合でいえば50万円以下の人が最も多いです。

若いうちからそこまで積極的に貯金していく人はそんなに多くはないのですね。

キャリアアップのための転職や、結婚・育児・マイホームなどを考えている方は、貯金が必要なのはいうまでもないと思います。

結婚とそれに関わる行事(顔合わせ・挙式・新婚旅行など)にかかる費用の平均はおよそ460万円。参考:https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding-ready/cost/base/01/#anc01 

男女で折半するとしても230万円くらいは必要ってことですよね。

24歳は社会人としては若いですが、これから夫婦となり、親となっていく年齢でもあるので、若いうちからこつこつと貯金をしていくことも大切になってきています。

 

24歳でいくら貯金すれば十分?

では、具体的にいくらぐらい貯金できていれば安心なのでしょうか。

勤続年数にもよりますが、24歳であればおおむね

年収の半分くらいの貯金額

が欲しいところです。

年収300万円なら150万円程度ですね。

これくらいの蓄えがあれば急な転勤や移動、その他友人の結婚や自身の結婚、マンションの購入、保険への加入などなど、これから増えて来る出費や臨時の支出に耐えられます。

逆にこれくらいはないと、特に何も予定がない人でもお金がないことによる制限を受けてしまうのは仕方ないでしょう。

お金がないともし転職したくなってもできなくなります。

転職活動にも案外お金がかかりますからね。

逆に年収の半分くらいあれば、転職したい場合にも転職活動にも専念できますし、仮に給料がなくなっても半年分の余裕があるわけです。

いろんな場合に備えて最低限これくらいの余裕は欲しいですね。

本業で手取り15万以下はやばい

ちなみに、学歴・勤続年数とは無関係に、収入が手取りで15万円以下の人は、貯金をすることがかなり難しくなります。

20代の生活費を平均すると13万円程度。(家賃除く)

実家住まいの人はギリギリ生活できてますが、一人暮らしなどで家賃がかかる人はすでに足りてないですよね。

実家住まいの人で、いずれは一人暮らししたいけどお金がかかるから厳しいっていう話はよく聞きます。

また、24歳ともなると任される仕事も増え、忙しくなると外食費や交通費もかさみます。

会社でできた後輩にご馳走する機会もあることでしょう。

手取り15万円以下だと、貯金どころか、ゆとりある生活をすることも難しいです。

条件にもよりますが、月の手取りが15万以下なら即転職することをお勧めします。

24歳で貯金ゼロから効果的に貯金していく方法

それでは、具体的にどうすれば貯金ができるか考えていきましょう。

旅行も洋服も我慢して、誘われた食事も金欠だからパス。

そんなのって辛いですよね・・・。

地味な我慢よりも、工夫することで大きく効果を出せる節約をしていきましょう。

家計管理をしっかりとつけよう!

家計簿をつける習慣はありますか?

正直面倒くさいですよね。家計簿なんて。

 

ただ、貯金をして行く上で家計管理は絶対に欠かせない対策の1つとなります。

財布の中身や銀行口座をチェックしたとき、「あれっ、こんなにお金使ったっけ?」と驚いた経験はありませんでしょうか?

そういう経験があるという人は総じて支出管理ができていない証拠です。まず間違いなくお金はたまりません。

とはいっても家計簿毎日なんて絶対無理だと思うので、そういう場合は月末に一回でいいので全ての支出を計算してみてください。

最近は家計簿を簡単につけることができるアプリや、レシートを読み取って記録してくれるアプリもあります。

1ヶ月分のレシートや領収書を取っておき、月末にまとめて計算してみるという方法でもいいです。

「こんなことに結構お金使ってたんだなぁ。」

と反省する点が出てくれば御の字です。

やっぱり自分で実感しないことには節約できませんからね。

年収の高い就職先へいつでも転職できる心構えを

節約はもちろん重要ですが、貯金するためには年収もやっぱり大切ですよね。

24歳というと大卒だと入社して2、3年目。仕事に慣れてきた頃かと思います。

今の職場が、やりがいのある仕事・適正だと思う給料・余裕のある労働環境であれば大丈夫なのですが、実際のところどうでしょうか?

業種は関係なく、同世代の人と比べて、こう思うことはありませんか?

「同じだけ働いているし、同じくらいの能力があるのに、どうして自分のほうが給料が低いんだろう?」

「この職場でこのまま働き続けて、本当に大丈夫なんだろうか?」

今の職場に不満を持ちながらも、転職に対する漠然とした不安から、一歩を踏みだせないという方も多いと思います。

入社2、3年目でやめてしまっては根気がないと思われるのではないか?

まだ今の職場で1人前になってないのに転職していいのか?

そのような不安を持つのももっともですが、悪いことばかりではないです。

24歳という年齢は、入社して3年以内の「第二新卒」と呼ばれています。

この「第二新卒」は転職市場で若手の人材として重宝されているんです。

企業としても、若くて元気な人材が欲しいわけですよね。

しかも、社会人経験がある第二新卒のほうが、新卒よりもスムーズに次の会社に慣れやすく、即戦力にもなりやすいというメリットもあります。

また、吸収力のある若いうちにする転職に関しては、新たなジャンルの職種にも挑戦するチャンスとしてとらえることもできます。

24歳で職場に不満がある方は、あと40年くらいは社会人生活が続くということを考えて、早めにより良い職場に転職することを検討してみるといいと思います。

 

副業にも取り組んでいこう

収入が本業だけでは心もとない・・・という方は、

副業にも挑戦していきましょう。

副業なんてしていいのか?会社で禁止だったような・・・という方もおられますが、

それは会社の独自の決まりであり、法的なものではありません。(公務員は除く)

さらに、24歳で社会人経験がある人は、データ入力やプログラミングなどの経験やスキルがある程度ある人も多いですから、在宅ワークにも有利にはたらきます。

また、資格や学歴不要でさまざまな在宅ワークで報酬をちゃんと受け取れるサイトフィークルもおすすめです。

チェックしてみてください。

固定費はサクッと削減しよう

電気をこまめに消したり、水筒を持って行ったり、そういった節約は取り掛かりやすい反面、地味にコツコツ続けないとなかなか成果が出ないところが難点です。

そういったことを続けるのが苦手という人はなおさらなのですが、固定費を節約することを考えましょう!

正直これさえちゃんとできていれば、週一で外食に行っても問題ありません。お金はちゃんとたまります。

関連記事:【食費節約術!】外食OK!?20代で1000万円貯金した夫婦の食費事情

具体的に言えば、家賃、携帯代、駐車場代、保険などですね。

これらを総じて抑えることができれば基本的に何もしなくても毎月節約ができるようになります。不労節約ということもできますね笑

20代でどれくらい貯めたいかにもよりますが、可能であれば

  1. 家賃は月の手取りの2割以内
  2. 携帯代は月に5,000円以内
  3. 駐車場代は月の手取りの0.5割以内
  4. 車の保険は必ず見直しをする

などを心がけてください。

特に携帯は必要以上に高い料金を払っている人はよくいます。

今はSNSのギガを定額で使い放題にしている格安SIMもありますし、月々の携帯代が1万以上→2、3千円に下がった!という話もよく聞きます。

また、保険料も必要以上の保証内容を契約してたくさん支払っている可能性もあります。

20代の平均的な保険料は月々約1万3000円です。毎月のことですので、少しでも負担を減らしていくのがベターです。

今はネットで簡単に見積もりもできますから、若いうちに見直すことも大切です。

 

お金を貯めることと同時に使うことも意識しよう!

若いうちは特にそうですが、お金はどう貯めて行くかよりもどう使って行くかの方が数倍重要です。

若いうちから稼いだお金をブランド物の服や時計、飲み会、デートなどに使っていると30代、40代になってからが困ります。

今のご時世大企業だからと行って安心もできなくなってきています。

インターネットの普及でどんどん個人の発信力が高まり、企業依存はトレンドではなくなっています。

自己力を高めないといけなくなってきているんですね。

そのためには稼いだお給料を飲み会に垂れ流すのではなく、本を買ったりセミナーに行ったり事業を始めたり、自分の経験や知識に投資して行く必要があります。

20代は特にお金の勉強をしよう!

僕は25歳で1200万円のお金を貯めることができたのですが、この原因はひとへにお金について学んだからと言えます。

お金に関して勉強する段階は

  1. 考え方
  2. 貯め方
  3. 使い方
  4. 稼ぎ方
  5. 増やし方
  6. 維持管理
  7. 社会還元

があります。

それぞれの分野について順番に勉強して行くことで、お金についての知識を持つことができ、自分の資産を守ることができるんですね!

関連記事:20代からマネーリテラシーを高めないと確実に人生損する5つの理由

日本の学校では残念ながらお金についての教育はほとんどされていません。

社会で生きて行くために絶対に必要になるのがお金であるにも関わらず。

だからこそ、お金について学んでいる人とそうでない人で情報格差が大きく広がっています。

銀行口座にお金を預けているとお金が減って行くってご存知でしょうか。

そういった、自分のお金を守り、資本主義社会を損をしないように生きて行くための術を勉強するのがお金の勉強なんですね。

 

無料セミナーはおすすめ!

お金について何を勉強したらいいのかわからない!という人にはファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」がおすすめです!

無料で受けることができて、お金についてなぜ今勉強しないといけないのか、どう行ったことを勉強していけばいいのかが学べます。

有料講座への無理な勧誘もないので、一度足を運んでみるといいです。僕も先日行ってきました。

関連記事:お金の教養講座体験レビュー

24歳はまだまだこれからいくらでもお金は貯められる!

いかがでしたか?

24歳の平均貯金額、年収、貯金をする方法などお話してきましたが、すごくシンプルにまとめると

入ってくるお金(年収)を増やして、出て行くお金(無駄な出費)を減らせばお金は貯まる!

ということです。

24歳はまだ社会に出たばかりですが、ライフステージの中では、結婚やマイホームなど重要な局面を迎える年齢。

職場や自分の生活費など、見直すところを見直して、これからの長い人生に備える良いタイミングではないでしょうか。

そこからどんどんお金を貯めていけるヒントが見つかるかもしれません!