23歳で貯金ゼロってどうなの?平均年収・平均貯金・効果的な貯金方法とは

1000万貯金

みなさんこんにちは!

23歳の平均貯金額がどれくらいかご存知ですか?

23歳というと、大卒で社会人1.2年目、高卒だと社会人5、6年目だと思います。

大卒の人は社会人になったばかりで、貯金のことなんて考えられないと思う人もいるかもしれませんが、周りの同年代と同じくらいは貯金があったほうが安心ではないでしょうか。

そこで、今回は23歳で妥当な貯金額はいくらぐらいなのか、どうやって貯金するのが効果的なのかをお話していきたいと思います!

23歳の平均年収・平均貯金はどれくらい?

貯金といっても、収入がないと貯金ができませんから、

23歳で平均どれくらいの収入があるのかが気になってくるところでしょう。

23歳といっても、中卒・高卒で働いている人と大卒で社会人になったばかりの人では状況が違いますから、ご自分の状況に合わせてみてみましょう。

23歳の平均年収

こちらは23歳の平均年収を高卒・大卒の順に表にしたものです。

男性 女性
23歳高卒平均年収 317万円 287万円
23歳大卒平均年収 361万円 353万円
23歳全体の平均年収 306万円 279万円

だいたい300万円前後といったところでしょうか。

一人暮らしでこの年収だと、かなり節制をしないと貯金して行くのは難しいですよね汗

このデータの算出方法

23歳の平均貯金額

23歳限定のデータはなかったので、20代の平均貯蓄額です。

収入によって区別しています。

貯蓄額
年収300万円未満の人 52万円
年収300万円以上500万円未満の人 152万円

参考:https://allabout.co.jp/gm/gc/412893/

どうでしょうか?ご自分の年収を照らし合わせて、平均貯蓄額くらいのお金を貯められているか確認して見ましょう。

23歳で貯金ゼロってやばい?23歳での貯金の必要性

23歳で貯金がゼロの人も少なくはないと思いますが、それってやばいのでしょうか?

結論から言うと、やばくはありません!

23歳って社会人の中ではとっても若いほうです。新卒であればなおさら、これから貯金していけば問題ありません。

これからが稼ぎどき!

しかし、まったくゼロでも問題なし!というわけでもありません。

急にお金がいることになったとき、貯金がないと困りますよね。

 

たとえば、転勤などによる引越し

荷物を運ぶだけでも4月などの繁忙期なら10万円以上かかることもあります。

さらに家具や家電を買い換えるともっとかかりますよね。

また、今後友人などが結婚するケースも増えてきます。

ご祝儀は3万円くらいが妥当といわれていますが、それが1回でもきついのに、結婚式ラッシュがくると月に2、3回結婚式に行くなんてこともありますよね。

お金がないから欠席!なんて寂しいことにならないためにも

急な出費に備えて、ある程度の貯蓄をすることは必要でしょう。

23歳でいくら貯金すれば十分?

では、実際どれくらい貯金があったら安心なのでしょうか。

どれくらいの貯金額が妥当かということは、少し前まで学生だった大卒の新社会人と、就職して5年目の高卒の社会人とはだいぶ状況が変わりますので、自分が勤続何年かということを目安にするといいでしょう。

だいたいの目安としては、働いた年数×年収の5分の1で計算してみてください。

たとえば、年収が250万円で5年間働いている人の場合5×250万×1/5=250万円ですね。

計算してみて、この目安くらいの貯金があれば十分かと思います。

本業で手取り15万以下は本当にやばい

そんななか、学歴や勤続年数にかかわらず、収入が手取りで15万円以下の人は、貯金をしていくのが難しくなります。

一人暮らししている人の支出を考えても、

例えば家賃7万、食費3万、光熱費通信費2万、交際費3万であっという間に15万円に達してしまいます。

ギリギリ生活はできても、貯金をする余裕まではなかなかないのが現状ではないでしょうか。

そんな中で先ほど述べたような急な支出がきたら大打撃ですよね・・・。

時給900円で1日8時間、週5日で働いて月14.4万円になるので、なんなら割のいいアルバイトのほうが稼げてるなんてこともありえますね。

なんにせよ、手取りが15万円以下の人は、転職を考えたほうがいいかもしれません。

 

23歳で貯金ゼロから効果的に貯金していく方法

23歳の平均年収は300万円ちょっと。貯金して行くほど余裕がある!というわけでもないですよね。

それでは、具体的にどうすれば貯金ができるのでしょうか?

気合いだ!と言いたいところですが

遊びにも行けず、服も買えず、食事も節約飯ばっかり・・・

そんなふうにがむしゃらに我慢するだけでは、辛いし続かないですよね!

我慢ばかりではなく工夫しながら効果的に貯金する方法を考えていきましょう!

家計管理をしっかりとつけよう!

みなさん家計簿ってつけてますか?

入ってくるお金のことを考えたり計算したりするのはワクワクしますが、出て行くお金のことは考えるのも面倒ですよね。

いくら使っているかなんて、考えずにお金を使いたい!っていう気持ちもわからなくはないですが・・・

支出管理をできてないと、貯まるお金も貯まらないと思いませんか?

こんなふうに家計簿つけてみよう!とやる気になったらとりあえず1ヶ月やってみてください。

続けばそれでよし!

最近は家計簿を簡単につけることができるスマホアプリもありますから、案外やりやすいかもしれません。

続かなければ、1ヶ月分のレシートや領収書を取っておいて、月末にまとめて計算してみるのも有効です。

「こんなことにお金使ってたんだ!」

無駄なお金に気づくと翌月から無理なく節約できると思います。

年収の高い就職先へいつでも転職できる心構えを

節約ももちろん重要ですが、貯金するためには年収もやっぱり大切ですよね。

あなたは、同世代の人と話していて、こう思うことはありませんか?

「どうして学歴も能力も同じようなものなのに、相手の職場のほうが待遇がいいんだろう・・・」

「なんで相手より長い時間働いてるのに、自分の方が給料が低いんだろう・・・」

その通りなんです。あなたにもその好待遇の職場で働く資格があるはずなんです。

今たまたま働いている職場でそのままずーっと働き続けなければならない決まりなんて、ほとんどの場合ないはずです。

もっと待遇のいい職場を探していいんです。

今の職場の待遇に納得がいっていない方は、転職サイトで年収のいい仕事を探しておきましょう!

まずは転職サイトで一番多い転職先の掲載があるマイナビエージェントがおすすめです。

登録しておくと頻繁に転職情報を受け取れるようになるので、自分の希望条件によりマッチした企業も見つかるかもしれません。

今すぐ転職というわけでなくとも、視野に入れておくために登録して情報だけでも取り入れておきましょう!

>>マイナビエージェントに無料登録する

副業にも取り組んでいこう

そうはいっても本業だけでしっかり稼ぐのはまだ難しい!という方は、副業にもチャレンジしていきましょう。

最近は在宅でできるネットビジネスも有名になってきました。

アフィリエイトなんて聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。

ネットビジネスと聞くとなんとなく怪しい印象を持たれがちですが、稼いでる人だと副業で始めたネットビジネスが本業になってそれだけで暮らしていけている人もたくさんいます。

また、資格や学歴不要でさまざまな在宅ワークで報酬をちゃんと受け取れるサイトフィークルもおすすめです。

チェックしてみてください。

固定費はサクッと削減しよう

エアコンをこまめに消したり、自炊したり、そういったわかりやすい節約はとっかかりやすい反面、コツコツ続けないとなかなか成果が出ないですよね。

意外と見落とされやすいのが、固定費の節約なんです。

具体的に言うと、携帯代、駐車場、保険、家賃など、月々決まった額が出て行くものですね。

一度登録しちゃうと見直すことはなかなかないかもしれませんが、案外無駄が多いと言われています。

特に、携帯代なんていうのは、格安SIMに変える事でガクッと料金を下げることが可能です。

LINEやTwitter、InstagramやFacebookなどほとんど決まった機能しか使わない人も多いなか、SNSをギガ使い放題にしている格安SIMもありますし、月々1万円くらいかかっていた携帯代が2、3千円に下がった!という声もよくあります。

このようにこれまで自分が登録・契約してきたものを見直す事で、月々の支出が数万円単位で抑えられることも可能なんですね。

23歳はまだまだこれからいくらでもお金は貯められる!

いかがでしたでしょうか。

同年代の平均貯金額から、年収の話、貯金の方法などお話してきましたが、

すごくシンプルに言うと、

入ってくるお金を増やして、出て行くお金を減らせば貯金できる!

ということです。

23歳はまだ社会に出たばかり。無限の可能性を秘めています。

自分の仕事や生活を見直してみると、これからどんどんお金を貯めていけるヒントがあるはずです!