20代夫婦の平均貯金は?新婚夫婦が20代のうちに1000万円貯金する方法

1000万貯蓄術!

どーもこんにちは。貯金ブロガーのキック(@kikumerです。

昨今、若者の結婚離れが話題になっています。

しかしそれでも、20代後半で結婚している男性は約3割、女性は4割いるんですね。

素晴らしいことです。

若いうちに結婚することで、子供も早く授かることができます。早く子供を産むことには素晴らしいメリットはたくさんあります。

 

ただ、同時に20代といえば、まだ将来への十分な貯蓄ができていないという人も多いでしょう。

今回は20代で結婚した新婚夫婦がこれから幸せな生活を営むために必要な貯金テクニックと、貯金ができない夫婦の特徴をお伝えしていきます。

この記事を買いた人

大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。

 

20代夫婦の平均貯蓄は?

まず、基準として世間の20代夫婦はどれくらい貯金を持っているものなのでしょうか。

年収別20代貯蓄金額

平均値 中央値
年収300万円未満 37万円 0円
年収300万〜500万 171万円 30万円
年収500万〜750万 391万円 250万円
年収750万〜1000万 170万円 170万円

データ元:金融広報中央委員会が行った家計の金融行動に関する世論調査  

20代の平均年収が300万円代なので、実際の貯蓄金額はだいたい150万くらいが平均値なようです。

ちょっと面白いのが、年収750万以上の高所得者は20代の若いうちは貯蓄をしないということですねw おそらく遊びまくってるんでしょうw

キック
羨ましい!!w

 

また、全国消費実態調査によれば、共働きの20代夫婦の家計には年間114万6,3480円の黒字があるとのことでした。

つまり、20代共働き夫婦は毎月約95,000円片働きであれば約4~5万円を貯蓄に回せているということになります。

ただ、この数字は一部の高所得者も含めた数字となっているため、実際は全く貯蓄できていないという家計も半分近くあるんですね。

キック
平均から考えれば20代の夫婦で500万貯金できていたらかなりすごいってことになるね!

 

ここでワンポイント!

中央値という数字がありますが、これは全体で一番人数の多い値だと思ってください。平均値の場合、貯金が50万円しかない人が9人いたとしても、一人が1000万円貯金していたら平均は145万円になってしまいます。けど実際はほとんどが50万円しか貯金していません。そこで、中央値という数字が出されているわけですね。

 

30歳までにいくら貯めればいい?

20代で貯金を頑張ろうと思っても、どれくらい貯めていくのがいいのか気になりますよね。

参考までに、30歳夫婦の貯蓄平均も見ておきましょう。

年収別30代貯蓄金額

平均値 中央値
年収300万円未満 61万円 0円
年収300万〜500万 327万円 195万円
年収500万〜750万 452万円 375万円
年収750万〜1000万 1,122万円 506万円

データ元:金融広報中央委員会が行った家計の金融行動に関する世論調査  

30代でもっとも多いのが年収300万〜500万世帯ですが、そちらの平均327万円でした。

子供がいるかどうかなどの条件によって必要な金額は変わってきますので、正確な必要貯蓄金額が知りたい人は一度FPに相談してみましょう。

一般的にいえば、貯蓄300万円あれば、貯まっている方だといえますね。

ただ、20代のうちに出産を迎えている場合は、正直不十分です。これからマイホームの購入などを控えているならなおさらですが、せめて500万円は貯蓄しておきたいところです。

 

要注意!こういう夫婦は貯金ができない!

お互いにしっかりコミュニケーションが取れなかったり、共通の目標がない夫婦は基本的には貯金できません。

夫婦といえどもとは赤の他人です。お互い思い描く将来のプランにも誤差は生じます。しっかりとお互いの気持ちを普段から共有するようにしておきましょう。そうすることで、お互いに不満やわだかまりができにくくなります。

また、普段から密にコミュニケーションを取ることで、お互い共通する目的や夢が生まれたりします。

僕たち夫婦も「家族で世界一周に行こう!」という夢ができたので、がむしゃらに貯金して25歳で1200万貯金することができました。

夫婦で貯蓄をしていくのは一人でやるよりも大変です。

コミュニケーション共通の目標を大切にしましょう!

 

 

ライフプランを立てよう!

夫婦で貯金していくにはコミュニケーションと共通の目標が大切とお話ししました。

しっかりとコミュニケーションができ、目標もある程度定まったら次はライフプランを立てるようにしましょう!

いついつまでに何をして、そのためにいくら貯蓄する必要があるのかを細かく設定していくんです。

どうしてもライフプランの立て方がよくわからない、ライフプランなんて立てたことがないとい人は、専門家のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみることをお勧めします。

僕らも、1000万貯金するという目標を立ててからすぐFPの先生に相談し、ライフプランを立ててもらったことがあります。

保険の検討や見直しの相談も第三者の立場から親身にアドバイスしてくれるので、ライフプランに自信がない人は相談してみるのもいいでしょう。

>>FPに無料相談

 

僕たち夫婦が25歳で1200万貯めるためにやったこと

僕たちは特に特別なことをしたわけではなく、日々の生活の工夫で片働きながら、25歳で1200万円貯金することができました。

ここまでくるのにはかなりの工夫を重ねてきましたが、実際のところ特に難しいことはしていません。誰でもできる内容です。

やった内容やそのマインドは下の3つの記事に全て無料で公開しています。貯金頑張りたいご夫婦は読んでいただければかなり参考になると思います!

 

20代で1000万貯金したノウハウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。