【食費節約術!】外食OK?20代で1000万貯金した夫婦の食費事情

節約
貯金のために食費を節約したい! だけど、ひもじい思いはしたくない――。

そんな贅沢な悩みを抱いているのは皆さまだけじゃなく僕もそうです。

そこで皆さんにお尋ねします。 例えば、こんな感じで節約できたら、どうです?

  • 外食は週一で!
  • 有機栽培、無添加などの食材にこだわっていい!
  • いい肉や魚を買ってもいい!

おいおい、ウソつくな、って言われるかもしれませんが、これが我が家の基本。

過度に我慢しなくたって、エンジョイしながら食費を浮かす方法はあるんですね。 今回は、家族で楽しめる節約術10をご紹介させていいただきます!

この記事を買いた人

大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに、結婚や育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳副業なしで1000万円貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。

 

実際に僕たち夫婦の毎月の食費を公開!

僕たちは子供が二人いて、妻も専業主婦でしたが25歳の時点で1200万貯金することができました。

特に副業で稼いだというわけではなく、あくまで本業のみの収入を節約しながら無理せずためていったという感じです。

そんな僕たちのここ1年の毎月の食費を公開しておきます。

この12ヶ月間の平均が29,517円となり、ほぼ毎月の食費を家族4人(実質は夫婦二人)で3万円に抑えることができています

なので、この記事では僕たちが食費を3万円に抑えるためにやったこと、1000万円貯金するためにやっていた食費節約術をお伝えしていきます。

 

ただ、読み始める前にぜひ押さえておいて欲しいのは

 

しんどいと思うことはやらないこと!

 

です。

これめっちゃ大事。

 

結局節約をするにしても続けないと意味はないんですね。

キック
しんどいと続かんもんなあ。

 

なので、これから僕たちがやったことを紹介していきますが、全部はやらなくていいです!

この中で「あ、これならできそう!」というものを選んでみてください!

情報を取捨選択して、自分に合ったものだけを取り入れ、自分のペースで取り組むのが節約成功の秘訣です!

キック
では、いってみましょう!

 

食費を抑える!(管理編)

なんの項目にしてもそうなのですが、節約する上で一番大切なのは今自分がいくら使っているのかを正確に把握することです。

僕は貯金関係のブログを書いているからか、他人の節約相談に乗ることがよくあるのですが、お金が貯まらないといっている全ての人が自分の毎月の支出を正確に把握していないんですね。

なので、まず、効率的に貯金していこうと考えている人は自分の毎月の食費にいくら使ってるかを正確に把握するところから始めましょう。

 

食費にいくら使ってるか把握する

自分が毎月特定の項目にいくら使っているのかを把握することによって、どこに無駄があるかに気づくことができます

僕が実際に相談に乗った方の一例を挙げてみましょう。

【収入】 26万+残業4~5万(手取り20数万) 副業なし

【毎月の支出】

家賃 3万
光熱費 1万
通信費 2万
食費 5万
交際費 1〜2万
娯楽費 1万
交通費 1万
その他雑費  数千円〜

ざっとこんな感じです。 社会人2年目の独り暮らしです。 よろしくお願いします!

この相談をいただいた方でしたが、支出の合計が約18万円/月となっていました。

この人の手取り収入が23万前後ということでしたので毎月5万円貯金できているということになるはずなのですが、実際には毎月まったく貯金できていない状況とのことでした

キック
で、この人よくよく深掘りして聞いてみると、たまに出張時のランチなどはレシートをもらってなくて、把握できていないということがわかったんですねえ。

 

この方の場合、明らかにエンゲル係数(食費の割合)が高いので、そこを見直せば毎月3万円浮かせることができるとわかったんですね。

このように、毎月自分がいくら食費に使っているのかを正確に把握しないと、無駄な出費を削る作業ができなくなってしまうので、お話になりません

家計簿をつけるのがベストですが、それが面倒な人はレシートだけ集めていくら使ったのかだけ、月末に記録するようにしておきましょう!

 

 

食費の予算を決める

自分の月の食費がいくらなのか把握することができたら、今度は月の食費予算を決めましょう

これを決めておくだけで、今月あといくら使っていいんだ?ということを考えながら過ごすことができます。

これも「月」の予算を決めればOKです。

キック
毎週単位で決めろと言ってるサイトとかもあるけど、毎週だと管理がめんど臭いじゃないですか。「あ、先週の予算の計算してない」なんてことになりやすいんです。予算は毎月でOKです。

 

目安ですが、一人暮らしなら3万円(飲み代こみ)、家族がいるなら(子供の年齢にもよるけど)4〜5万円前後で設定するのがいいと思います。

それをオーバーするくらい飲み会が多いとか、外食が多いならそこは削るしかないでしょう。

 

食費を抑える!(お買い物編)

次に、買い物をするときに気をつけておきたい節約方法をお伝えしていきます。

 

スーパーは安売りの時間帯を!

これは定番ですね。

スーパーのお惣菜コーナーや生鮮食品を購入するとき、だいたいどこのスーパーも半額シールを貼るタイミングがありますよね?

そのタイミングを狙いましょう!

ほとんどのスーパーでは夕方8時以降くらいに、その日に賞味期限が迫った食材などにどんどん半額シールや3割引シールが貼られて行きます。

ちなみに、僕は今高知県の山奥に住んでいるのですが、なぜか田舎の方は夜ではなく、朝に安売りの時間帯があるようでして、これは地域ごとにかなり差が出るようでした。

家の近くのスーパーの安売りの時間をしっかりと調べつつ、その時間帯で買い物に行けるようにすると、安く食材を手に入れることができます。

 

コンビニは使わないようにしよう!

一人暮らしの人は特に愛用しがちなコンビニエンスストア。

どこにでもあって、気軽に利用できてなんでも揃ってるのでとっても便利ですよね。

ただ、その便利さが故に、単価が高いんです

それに対して、単価がかなり抑えられているのがドラッグストアです

特に食材は顕著で、冷凍食品、乾物食品、レトルト食品などなど、コンビニの3分の2〜半額の値段で入手することが可能です。

事実、近年コンビニエンスストアがドラッグストアに価格競争により追い上げられてきているという状況もあります。

 

買うものをあらかじめ決めてから買い物に行く

安売りの時間帯や、もともと安く食材が手に入るドラッグストアでは、なんとなく買い物をしていると「お!こんな安い食材あったのか!」と思ってついつい買ってしまうことがよくあります。

キック
僕もこれついついやっちゃうんですよお汗

 

誰しも経験あることではないでしょうか。

ただ、これはあまりよろしいこととはいえません。

いくら安いとはいえ、本来必要としていないものを購入することにより、余計な出費が重なってしまいます。

 

僕も実体験としてあるのですが、家計簿をつけていたとき、なぜか安売りの時間帯で買い物に行く回数が多い月の方が食費が高くなってしまうんです。

微々たるものではありますが、余分な出費を防ぐためにも、あらかじめ何が必要なのかメモをしつつ、買い物に出かけるようにしましょう。

 

1週間分のメニューを決めてまとめ買い

買い物に行くときは基本的にまとめ買いを意識しましょう。

1週間分の献立をだいたいでいいので決めて買い物に行きます。

これもさっきの項目と言いたいことは同じです。

献立も決めずになんとなくスーパーに行ってしまうと、「お、これが安いじゃん!」と衝動買いしてしまうんですよね。

また、まとめ買いせず、毎日食材をスーパーに買いに行くと、その分無駄なものを買ってしまう可能性も高くなってしまうんです

スーパーって毎日何か安い食材を目につくところに置いてあるんですよ。お客さんにより多く買ってもらうための戦略なんですね。

なので、先に献立をある程度決めて一気に買ってしまうというのがベストです。

きっちり決めてしまうと気分じゃない献立を食べないといけないと思うかもしれませんが、気分じゃないと思った場合はその献立は後回しにしたり、同じ食材で違うメニューにすることも可能です。

自分のペースで大丈夫なので、1週間の最初(月曜日など)にざっくりとその週の献立を考えて買い出しに行くようにしてみましょう。

 

食費を抑える!(習慣編)

また、他の食費を抑えるのに大切な習慣もお伝えしておきます。

 

水筒、弁当持ち歩く

可能であれば水筒とお弁当は持ち歩くようにしましょう。

水筒を毎日持ち歩くようにすれば、例えば毎日ジュースを買うとすると毎月2〜3,000円の節約になります。

お弁当も持参するようにすれば、毎日外で食べるランチ代1000円が浮くので、月で約2万円が浮くのと、バランスの良い健康的な食事を取ることができます。

出張が多いサラリーマンや、一人暮らしで忙しい人はなかなか難しいところかもしれませんが、こういうところでお金を節約していく習慣をつけると金銭的にも余裕が出てくると思うので、ぜひ活用してください。

 

原価100円以下レシピで料理を作る

いくら食費を抑えたいからと言って、レトルトや冷凍食品ばかりに頼っていると辛くなってしまいますし栄養も偏ります。

僕も学生の時は食費を抑えるためにもやしと納豆だけを毎日食べていたのですが、それをすると心も体も貧しくなってしまうんですよね。

▼納豆ともやしだけで生活してた時の様子
20歳1人暮らしの大学生が1年で100万円貯金するためにやった超具体的な5つの方法

 

そういう時は、クックパッドのレシピで原価が抑えられる料理を調べて見ましょう。

案外「え?こんな原価でこんな美味しそうなものが作れるの!?」とびっくりするようなレシピが山ほど出てきます。

 

外食のルールを決める

節約するときに外食はNGというのが定番ですが、正直ずっと自炊も疲れるし飽きてきます。

僕も妻も外食が大好きで、美味しいお店を見つけるのが好きなので、毎週のように外食していました

ただ、何も考えずに好きなものばかり食べてるともちろんお金はどんどん減っていくのである程度ルールを定めるようにしていました。

ちなみに、僕らの決めていたルールは次の通りです。

  1. 外食は昼か夜どちらかしかしない
  2. 昼食は一人1000円をオーバーしないところ
  3. 夕食は一人3,000円をオーバーしないところ
  4. 外食は合計で月に2万円まで

こういうルールを決めておくことで、外食はしていてもあまり出費がかさむことはなくなります。

 

ポイントサイトをフル活用して食材を購入(裏技編)

ここからはあまり他のサイトでは紹介されていない裏技編です。

これから紹介する節約術だけでも実践してもらえれば、間違いなく今より家計は潤うと言えますので、是非実践してみてください!

 

①楽天ポイント

まずは皆さんご存知楽天です!

楽天カードを発行、使用することによって最低5000円〜8000円分のポイントが付与されます。むちゃくちゃお得ですよね。

  1. 楽天カード発行で2000P(キャンペーン時は3000P!)
  2. カード発行から30日以内に楽天カード使用で3000P(これもキャンペーン時は5000P)

が1ヶ月後くらいに自身の楽天サイトに入るようになっています。

*注意 期間固定ポイントなのでポイント失効日を把握しておくこと!

 

楽天カードは100円購入につき1ポイントがもらえるので、ポイント還元率が高いんですね。

また、楽天カードを利用しなくてもマクドナルドやミスド、くら寿司等ではカードを提示するだけでポイントがたまります

それに加えて、楽天市場内で楽天カードを使って買い物するとポイントが4倍になるなど、とにかくポイントがダントツ貯めやすいサイトです!

その貯まったポイントで食材を購入しましょう!

※楽天ポイントで購入したものの一部です。お金は一切使わずポイントだけで購入したものです。

ポイント還元率だけみても、節約と楽天ポイントは切っても切れない関係と言えます。

 

\無料で8000円分のポイントゲット!/

 

②リクルートサイト(リクルートカード)

みなさん、リクルートサイトをご存知ですか?

食事や美容、宿泊などなどネット予約する際に使うサイトです。

リクルートサイトから美容院(ホットペッパービューティー)やホテル(じゃらん)等をネット予約するとポンタポイントが貯まります!

ポンタポイントはご存知ローソンなどで使えるポイントカードで使えるポイントですね。

初回のリクルートサイト登録で3000円分のホットペッパービューティーで使えるポイントがもらえ、さらに数ヶ月に一度毎月無条件でポイントが入ってくるので、何回でもお得に美容院に通えてしまうんです。

 

また、リクルートカード(ポンタポイントが貯まるクレカ)還元率はなんと1.2%!!

還元率だけで言えば楽天よりも上です。

リクルートカードで6000pt取得する手順!

  1. リクルートカード新規入会で1000P
  2. 初回利用で2000P
  3. 携帯料金の支払いで3000P

ここで貯まったポイントは美容院やホテル、ローソンで利用できます。

 

\無料で6000円分のポイントがもらえる!/

 

(マジ得!!)リクルートサイトに登録したらポンパレモールも利用しよう!

リクルートサイトと提携しているポンパレモール(ショッピングサイト)はポンタポイントが購入の3%還元ともはや最強です。

ポンタポイントを貯めたい方は、断然ポンパレモールで買い物をするのがオススメ!

また、ポンパレモールサイト内にある毎月行われている懸賞にもポチッとボタンクリックだけで簡単に応募もできるので、ちょっとした隙間時間に応募してみるのもいいですね。

これ、結構当選確率が高いんです!!

僕がやった感じ3%くらいの当選率でした。

え?3%?低くない?

 

まあそう思うのも無理ないですが

これ、応募方法がボタンポチッと押すくらいなんです。ハガキとかは不要!

実質、僕の妻はポンパレモールの検証に毎月100回ボタン押して毎月数百円〜数千円の商品が3つ、無料でもらえています。

ポンパレモールサイト内の一番下に無料プレゼントがあるのでそこからポチッとしてみて下さい!

 

手順としては

  1. Pontaカードorリクルートカードを発行する
  2. リクルートサイトに無料登録
  3. IDを取得する
  4. IDを入力してポイントをもらう。

という感じ。

めっちゃ簡単です。

 

今までポンパレモールで当選した賞品は、タオル・花畑牧場のチョコチップス・お酒飲み比べセット・サンダル・子供用ヘアバンド・靴下セットなどなどです。

ちなみに、pontaカードはガソリンの割引も一体型になっているシェルPontaクレジットカードがおすすめです。

通常のPontaカードとしても使える上に、全国のシェルとローソンで使えてポイント還元率も2倍になっています。

Pontaカード発行するならシェルPontaクレジットカード一択ですね。

 

\今なら無料で3000円分のポイントももらえる!/

③ソフトバンクユーザーはヤフーショッピングを利用すべし!

ソフトバンクユーザー限定にはなってしまいますが、ヤフーショッピングでいつでもTポイント10倍で買い物できます

ヤフーカード新規発行で8000P!(入会で3000P、利用で5000Pがもらえます。)

お得すぎる!

 

僕の場合、ショッピング等で貯まったTポイントは近くのスーパーがTポイント提携店なのでそこでポイント値引きで安く買っています!

それ以外でもTSUTAYAやFamilyMartなどで使えるため、用途は様々です。

ソフトバンクユーザーは、金曜にプレミアムフライデーで商品が安く買えたり、お得なクーポンが貰えたりするので、ヤフーショッピングで買い物するなら金曜日がいいかもしれませんね!

 

\8000円分のポイントがもらえる!/

 

④ポン活

ポン活って聞いたことありますか?

最近巷で流行ってる、ポンタカードの活動、略してポン活!

貯まったポンタポイントを使って格安でお菓子やジュース、お酒がゲットできます!

火曜日と金曜日、土曜日に商品が更新されています。

お酒やお菓子類は人気ですぐに品切れとなってしまうこともあるので、欲しい商品があるときはなるべく早く交換しに行って見てください。

 

お酒なんか60ポイントあれば貰えちゃうのですごくお得ですよね〜!

ローソンアプリを携帯からインストールするとネットから商品の予約もできるので便利ですよ!

手順

①画面右下の「ポイント会員メニュー」をタッチ!

②pontaカードorリクルートカードをスラッシュして「クーポンを発行」をタッチ!!

③自分の好きな商品をポンタカードで購入!

こんな感じ!

ちなみに僕たちが先日購入したのは

野菜スムージー【165円→60pt】

プレミアムカスタードプリン【130円→50pt】

です。

たまーにお得に買い物できるくらいのニュアンスで楽しめるので、是非活用してみて下さい!!

 

 

 

⑥EPARK

EPARKサイトに登録すると、ケーキ安く買えたりや外食も実質無料で行けるサービスがあります

期間によっては3000円分キャッシュバックもやっているみたいで、誕生日の時なんかは実質無料でホールケーキが食べられるし、外食も我慢せずに行けちゃいます。

その他ケーキ500円クーポンやお取り寄せスイーツ1000円キャッシュバックもあるのでケーキ好きにはたまりません!

*注意 地域によっては取り扱い店舗がないところもあります

⑦覆面調査

飲食店の覆面調査をすると実質無料または少しプラスで外食できちゃいます!かぷりちょーざや串屋物語など、大手のチェーン店で食事をして手順通りレビューすればお金がもらえます。

食事以外にも、コンタクトレンズ、ほっともっと、クリーニング、眼鏡など、その内容は多種多様です。

全国にありますが、ネット上での事前研修が必要なのと、地方は案件が少ないため埋まりやすいのが難点です。

常に募集はされているため、覆面調査サイトに無料登録して、募集要項を確認してみて下さい!

お金ももらえて外食も楽しめるのでとってもハッピーな気分になれますよ!

 

 

 

⑧サンプル百貨店

新規登録で初回購入のクーポンがお得!

初回クーポンでは、三ツ矢サイダー24本入り500円、そば6人前100円などで購入できる超お得サイトです。

お試し品や新商品、パッケージ変更などによりお得に商品が買えるようになっているので、常に安価に食材を購入できます。

サンプル百貨店のサイト内にも抽選や先着順でもらえる商品があるので応募して見るといいかもしれません。

 

 

Twitterで懸賞を狙おう!!

あんまり知られていないことも多いのですが、実はTwitterでも懸賞に応募することが可能です。

そんなの当たらんでしょ

 

そう思うのも無理ないですが、これが結構バカになりません。

つい先日もビールが当たりましたw

 

手順

やり方はいたって単純!

①ツイッターの検索欄で「懸賞」と検索。

するとこんな感じで


懸賞ツイートがたくさん出て来ます。

②欲しい商品があったらそのアカウントをフォロー

③だいたい固定RTに応募ツイートが載っているのでそれをRTでOK!

④もし当たってたらDMかツイッターに登録しているメールアドレスに当選の連絡が来ます。

いちいちハガキを送ったりする懸賞は面倒だしハガキ代などのコストもかかりますが、ツイッターの懸賞はプライスレスです。

懸賞応募専用のアカウント作って応募しまくるのもいいですね!

 

自己アフィリエイト

こちらもあまり知られていませんが、自己アフィリエイトという手法で食材を購入していくセルフバックという方法があります。

これは、簡単にいうと広告収入を得ながら買い物もできるという方法です。

プチ副業としても人気の方法で、ネット通販で販売されている食材を半額、または無料で購入できてしまう方法なんですね。

例えばこちらの食材。

これは妻がOisix(おいしっくす)という食料品通販サイトからセルフバックを利用して購入した商品です。

こちらは1980円のお試しセットを購入して1000円のセルフバックなので、実質980円で2,000円相当の食材を入手できます

しかも何回でも購入可能なんです。

僕は田舎暮らしなので食材を安く家に届けてくれるこのサービスはとても重宝しています。(田舎も以外と物価高い)

物によっては一度しか使えないものもありますが、ほとんどが有機栽培や無添加の食材を扱っています。

普段なかなか手が出せない高級食材を、普段のスーパーでのお買い物よりも安く手に入れることができるので、非常にオススメです。

手順としては

セルフバックサイトに登録→食品購入の案件をセルフバックから探す→購入

これだけです。

また、食材だけでなく、他にもたくさんの案件が盛りだくさんで、普通に一度に1万円稼げたりするものもあるので、是非色々試してみてください!

登録は少し、ややこしい部分もあるので詳しくは下記記事を参照してください!

めっちゃオススメです。

 

 

ふるさと納税を活用!

地方の特産品を実質負担2000円で購入できるふるさと納税は、賢く節約する場合是非実践してほしい方法です。

例えば

転載:佐賀県唐津市のさとふるページ

こちらの佐賀牛、赤身ステーキを1万円で佐賀県唐津市の自治体から購入したとします。

すると、住民税が約8,000円弱安くなって、所得税もその分400円〜安くなるというような感じです。

実質、1万円分のステーキを1600円くらいで食べれちゃうということなんですね!!

素晴らしい!

ただ、所得によって上限金額などもあるので、むやみに納税しても節税できない場合があります。

こちらも下記記事にかなり噛み砕いて説明しておりますので、参照ください!

 

 

逆にこんなことはやらなくていい

逆に、これはやってみたけどあんま意味なかったなあという節約方法もお伝えしておきます。

労働対効果の低い節約は、手間ばかりかかって効果が薄いのであまり実践しないほうがいいかもしれません。

スーパーの掛け持ち

特に都会の方にお住まいの方はありがちなことだと思うんですが、野菜はあっちのスーパーの方が安いけどお肉はこっちのスーパーの方が安いから両方に買い物に行くという作業。

節約上手な主婦の方々はやってる人も多いんじゃないでしょうか。

ただこれも場合にはよりますが基本的にお勧めできません。

理由は以下の二つ

  • 移動の手間と時間に節約できる金額が見合わない
  • 移動のガソリン代の方が高い

僕の妻も一時期これを実践していたのですが、全く節約できていないことに気づいてやめたそうです。

 

節約をするときは全てにおいて考えて欲しいのが時間対効果、労働対効果です。

食費以外でも、例えば毎日家中のコンセントを抜いて待機電力の節約をしている人がいますが、こういうのも、ここまでして年間何千円かの節約なんですよね。労働対効果悪すぎます。

そんなことする労力と時間があるなら別の節約か、副業などに向けた方がよっぽど効率よく貯金できますね。

むやみやたらに節約術を実行するのではなく、その効果も検証する癖をつけていきましょう。

 

絶対にルールを守るという姿勢

え?逆じゃない?

と思われるかもしれませんが、絶対にルールを守るという決意も実はあんまりよくありません。

僕たち家族もある程度ルールを定めましたが、あくまで目安程度でゆるく考えていました。

基本守るけど、たまには「ま、今日はいっか!」みたいな感じで家族で楽しくルール破ってました(笑)

 

一応毎月の食費の予算を3万円と定めていましたが、実際最初に紹介した食費の表を見てもらうとわかる通り、月に45,000円くらい使ってる月もあるんですよね。

ただ、通年で見れば月3万円で済んでいるので、まあOKです。

絶対にルールを守るという意思は大切ですが、たまには自分に楽させてあげないといつかは辛くなってやめてしまうんですよ。

程よく自分のストレスを発散させつつ、続けていくのが節約を続けていく秘訣なんですね

 

食費以外も節約しよう!

今回食費の節約メインでお伝えしていきましたが、節約を考えるなら食費以外のところも削っていきましょう。

オススメは固定費です。

固定費の節約ができれば毎月かなりの金額が浮くので、家賃、携帯代、光熱費などを中心に節約するようにしていきましょう!

 

 

まとめ

今回、僕たちが25歳で1000万円貯金するために実行してきた食費を節約する方法を具体的に書いてきました。

ただ、これはあくまで25歳で1000万貯金した人が実践した食費における節約方法ということであって、同じように貯金していきたい人でない限り、いきなり全部遂行するのはわりとハードです。

冒頭でもお伝えしましたが、この中で自分が「できそうだなあ〜」と思えるものから実践していきましょう。

色々実践してみて、「なんかちがうな」と思ったらやめて、の繰り返しで大丈夫です。自分にあった自分だけの貯金ライフを送るようにしましょう!

 

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。