地方の大学生が就活の交通費をタダで済ませる、超画期的な2つの方法

20代キャリア就職・転職

どーも皆さんこんにちは。ブロガーのキック(@kikumerです。

はい、今回は地方の大学にいる貧乏学生が一番悩まされるであろう就職活動の際の交通費についてです。

僕は地方の大学(高知大学)に在籍していましたが、僕の周りの友人は大阪や東京で就職活動をするときに毎度毎度交通費を大量に使っていました。

ただ、そんな中、僕は交通費を1年間の就活でほぼ使わずに就活することができました。

今回は、どうしてもかかって来る就活の交通費をタダにできる2つの画期的な方法についてお伝えしたいと思います。

 

就活の交通費ってマジでバカにならんよね。。

NKJ56_kaisatusyakai_TP_V[1]

地方の大学生の就職活動で何が一番だるいって、交通費ですよね。

日本の地方大学生が就活に使う平均交通費はなんと20万円だそうです!!参考:MY就活ネット

これなら金なし学生は地方でそのまま就職しようかなって思いますよね。まあそれはそれでいいんですが。

僕の友達なんか一人、ガチで50万使った人がいました(笑)逆にやる気がありすぎるのもどうなんだかって感じですね。

今日はそんな地方の大学生に耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。まあ一つはちょっとハードル高いかもですが、固定概念にとらわれず、やっちゃえばかなりお得ですよ!

 

対策1!交通費支援制度を悪用

悪用って響きはよくないですが、この方法はもうすでに気づいている就活生は何人かやってるんじゃないでしょうか。

というのも特に大企業とかは面接など(会社説明会ではちょっと無理ですが)の選考時に交通費を支給してくれるところが多いんですよ

そこを利用すればいいんです。

どういうことかというと、交通費を支給してくれる企業の面接と同時に、周辺の興味がある企業、周辺の日取りなどで説明会を開いている気になる企業に片っ端からエントリーするんです!

要するに交通費を支給してくれる企業をダシに使うんです!(また言い方悪いw)

これ、別に悪いことでもなんでもなく、賢い就活生はみんなやってます。

僕は一回だけそういう企業が2つ被った時がありまして、あんなのいちいち確認なんてしませんから、二回分の交通費もらっちゃいました(コラー!笑)

まあここまで外道じゃなくてもいいのでこういう優良企業は利用したほうがいいです。くそ真面目にその企業だけ受ける必要はないんですよ。賢くいきましょう!

 

対策2!やっぱヒッチハイク!!

hitchhiker-706505_960_720[1]

そう、やっぱり一番手っ取り早いのはこれですよ!(笑)

はあ?って思われる方、これめちゃめちゃいいですよ!?

だってゼロ円で行けるし、楽しいし!・・・・・・・・・

え? お前みたいにバカじゃないからそんなことできないって?

けどバカのほうが得するんだからいいんじゃないですか。

僕の場合だと高知大学から例えば大阪に行くとすると、夜行バスなら往復1万円電車だと2万円余裕で超えますから、ほんとバカにならんです。

僕は3回ほどヒッチハイクで行ったんですが、これで要は最低3万円は浮いているわけです。

もっと言うと、ヒッチハイクしてるとご飯奢ってもらえたりもしますよ(笑)なのでご飯代も節約できます(ゲスw)

あと、これはたまにですがお金も貰えます。僕はある人に「家までもー電車で帰れ」と言われて3000円もらいました。家まで1000円なのに。。。

まあこんなの狙ってもあれですが、交通費が浮くのは金なし学生にとって魅力的なのは間違いないはずです。

出会いも素晴らしいし、もっと言えば結構吹っ切れるので就活でもビビりにくくなると思います。

まあ、中々難易度は高いかもしれませんが、最初さえ勇気を持てばあとは慣れるので就活が終わるころにはヒッチハイクマスターになっているかもしれません(笑)

今ちょっとでもやってみようかなと思われた方は、ヒッチハイクのコツを別記事で書いとりますのでまたよかったら見てください。

 

やっぱり工夫が大事!

就活の交通費ってホンットばかになりません!授業とかもある人ならてんやわんやで金は飛ぶは授業はやばいわで、これじゃあ行きたい企業なんて見つかりませんよ!

何事でもそうですが、自分が得をするためには工夫することが大事です。~は仕方がない。と思っていては何もいい方向へは進まないですよね。

もしかしたら、今紹介した方法以外でも、もっと簡単に交通費を浮かせるような画期的な方法があるかもしれません。ていうかあると思います。

あったら教えてくださいw

とまあ、そんなこんなでこの記事を読んでどちらの方法でもいいのでやってみようという方がいればうれしいです♪ 絶対やってよかったと思えるはずなので!

ではでは。おしまい♪

 

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。