【田舎VS都会】どっちの方がお金貯まる?平均貯金額、収入、支出を比較してみた

1000万貯金

どーも皆さんこんにちは。ど田舎ブロガーのキック(@kikumerです。

今僕は高知県の山奥、ど田舎はど田舎町、ど田舎村に住んでいます。周りは木と田んぼしかありません。家からの景色

突然ですがみなさん!

 

都会と田舎、どっちの方がお金が貯まると思いますか?

 

田舎の方が貯まります!家賃安いし野菜安いから!!
いやいや、だんぜん都会でしょ!収入が違う!

 

どっちの意見もごもっともですね。

今回は、大阪に2年住んで高知のど田舎に引っ越した僕が、田舎と都会でどっちの方が貯金できやすいのかをお伝えします。

都会住民と田舎住民の平均貯金額は?

平均貯金額は田舎と都会でどちらが多いのでしょう。

総務省が行った都道府県別貯蓄金額の平均を都心部と地方に分けて見てみました。都心と田舎は人口上から5番目と下から5番目で定めます。

平均貯蓄額が上から多い順に配列青色が人口TOP5の都道府県で茶色が人口ワースト5の都道府県です。

平均貯蓄額(万円) 都道府県人口順位 貯蓄順位!!
神奈川県 2485 2位 1位
愛知 1712 4位 6位
埼玉 1628 5位 8位
東京 1565 1位 10位
高知  1404 45位 13位
鳥取  1263 47位 19位
大阪 1248 3位 20位
島根  1183 46位 24位
福井  1122 43位 28位
徳島 1105 44位 29位

この表をみるとやはり、都心部が上位を占めているように思えますね。

ただ、実際全ての都道府県を比較するとその様子は少し違ってきます。例えば、貯蓄額2位は奈良、5位に栃木がランクインしています。これらは人口ランキングでは半分以下に位置する地方都市です。

一方、九州・東北の県には厳しい結果となり、地域差が如実に現れました。確かに都心部は貯蓄額でも上位にランクインする傾向にありますが、地方都市だからといって一概に貯蓄額が少ないというわけでもないようですね。

この結果から分かるのは都心部の方が平均貯蓄は多いが、地方だからといって一概に貯蓄額は少ないと言えず、地域柄の特色が貯蓄額に反映するということですね。

都会と田舎の平均収入の違い

こちらも一応都道府県で比較してみます。

2017年平均年収TOP10

1位 東京都 615万5600円
2位 愛知県 539万8600円
3位 神奈川県 531万9000円
4位 大阪府 528万2800円
5位 京都府 498万7200円
6位 三重県 491万1400円
7位 茨城県 488万8900円
8位 広島県 486万6100円
9位 千葉県 486万2800円
10位 滋賀県 483万9200円

引用元:都道府県別年収ランキング

2017年平均年収ワースト10

37位:熊本県:401万2500円
38位:鳥取県:396万5000円
39位:高知県:394万3300円
40位:佐賀県:391万5600円
41位:山形県:386万2600円
42位:鹿児島県:383万5200円
43位:秋田県:373万5300円
44位:岩手県:371万8500円
45位:沖縄県:366万1900円
46位:宮崎県:365万7600円
47位:青森県:359万4600円

引用元:都道府県別年収ランキング

やはり、年収比較では地方の方が圧倒的に平均年収が低いですね。これはわかりきっていることですが、市場規模が違うため、サラリーマンの平均年収も大きく変わってきます。

ちなみに日本一人口の多い東京都の平均年収が615万5600円なのに対し、日本一人口の少ない鳥取県の平均年収は396万5000円となりますので、その差額は219万円あることがわかります。これは本当に大きいですね。

都会と田舎の平均支出の違い

では次は支出はどうでしょうか。

支出は家賃、物価共に安価なイメージのある田舎はかなり有利なイメージですね。

ここでは消費支出に絞って見てみましょう。

転載:総務省統計局

こちらの表もほぼ予想通り、支出TOP10には人口の多い都心部の都道府県が並んでいます。TOP10入りしてる地方都市では栃木県、富山県、滋賀県、福井県がありますがどれも平均収入、平均貯蓄額のどちらかが高い都道府県です

逆に支出が抑えられるのは人口、平均貯蓄額、平均収入共に下位に位置する都道府県が目立ちます。

ちなみに東京都の支出平均は343,000円なのに対し、人口最下位の鳥取県は315,000円なので、年間の支出の差額はわずか336,000円となりました。この2つの収入格差が219万円だったので圧倒的に東京の方が収支はプラスです。

一番支出が多い神奈川県と、一番支出の少ない沖縄県の平均年収格差が1,657,100円で平均支出の差が1,344,636円なので、ここでも沖縄県に住むより神奈川県に住んだ方が貯金はたくさんできそうです

著者の場合

著者の大阪でサラリーマンをしていた時の支出と高知県の山奥に引っ越して来てからの支出を比べてみました。ちなみに社会保険料や税金は関係ないので今回は省きます。

大阪 VS 高知の山奥 (家族4人で)

大阪 高知
家賃 60000円 33000円
電気代 4000円 2000円
水道代 2000円 0円(山の水を引いているため)
ガス代 4000円 6000円
交通費(主にガソリン代) 10000円 25000円
食費(外食・交際費込み) 85000円 20000円
娯楽費(温泉、旅行etc) 13000円 5000円
合計出費 178000円 91000円

大阪との固定出費の差額は月に約87000円になりました。うーん、でかい!

都会は誘惑が多いのでどうしても無駄遣いしてしまいがちですね。

貯金するなら・・・都会がいい!

ということで、以上のことから分かるのは

都会の方がお金貯まる!!

ってことですね。理由としては以下の4つ

  1. 貯蓄金額は都会が多い
  2. 地方に行ったからといって貯金が多い少ないは関係ない
  3. 平均年収も都会が圧倒的に高い
  4. 支出は地方の方が抑えられるが、都会との収入格差を埋めるほどではない

相対的に見て、都会の方が貯金ができるという事実は揺るがないように思います。

理想の形は都会で地方並みの支出に抑えること。

ただ、今回の調査はあくまでビッグデータに過ぎないため、人それぞれの生活スタイルでもちろん貯金金額は変わってきます。

僕の体感値含めなのですが、理想は都会で田舎並みの生活費に抑えることです。

大阪
家賃 60000円
電気代 4000円
水道代 2000円
ガス代 4000円
交通費(主にガソリン代) 10000円
食費(外食・交際費込み) 85000円
娯楽費(温泉、旅行etc) 13000円
合計出費 178000円

先ほどの僕の大阪での主な消費支出をまとめたものですが、大阪で家族4人で暮らしていても、月間支出合計は178,000円に抑えています。

この秘訣は以下の記事にまとめていますのでよかったら読んでみてください。

 

僕は大阪で年収700万円の会社に勤めており、生活費は田舎並みに抑えていたので、かなり貯金できたんですね。

なのでお金貯めたい人は

都会の中でも年収の高い仕事をして、生活費は田舎並みに抑えよ!!

というのが正解です。

難しいように思うかもしれませんが、案外都会でも郊外に住めば家賃は安いですし、費用の抑え方は色々ありますよ。

都会で田舎並みに生活費を抑えるためのたった2つの方法