25歳から貯金は必須!?平均貯蓄と将来必要なお金はいくら?

貯金

25歳になった。

そろそろ30代に向けてのお金のことを考えていかないといけないな。

そう思っている若者は多いと思います。

25歳といえば、大卒で社会人3、4年目、高卒だと社会人7、8年目だと思います。

社会人としての生活にも慣れてきて、そろそろ車を買ったり、結婚して家を建てたりと、したいことも増えてくる頃でしょう。

したいことは増えるけど、そのためにはまとまったお金が必要。同年代のみんなはどれくらいお金を貯めてるんだろう?

気にはなっても、なかなかお金の話って聞きづらいですよね。

そこで、今回は25歳での妥当な貯金額はいくらなのか、どのようにして貯金するのが効果的かをお話していきたいと思います!

ちなみに僕自身20歳の頃に貯金が底をつき、そこから鬼のように貯金して25歳の頃には1200万円貯金しました。

【関連記事】:20代で1000万円貯金するのに役立った12の貯蓄術

その間、結婚も出産も経験しており、妻は専業主婦です。

やりくりに関してはそれなりの信ぴょう性もあると思うので、参考になるかと思います!

この記事を買いた人

前職は財務コンサル会社で勤務。FP。大学の時に貯金がマイナス30万円になり、そこから改心して貯金マニアに。結婚や子供を授かったがコツコツお金を管理して25歳、片働き、副業なしで1200万円の貯金に成功。

その後は脱サラして田舎に家族で引っ越し、主夫になりました。

妻(25)息子(4)娘(1)

25歳の平均年収・平均貯金はどれくらい?

まず、25歳の平均年収・平均貯金額はどれくらいになるか見てみましょう!

25歳の平均年収

こちらは25歳の平均年収を高卒・大卒の順に表にしたものです。

男性女性
25歳高卒平均年収332万円298万円
25歳大卒平均年収382万円372万円
25歳全体の平均年収360万円325万円

こちらは高卒、大卒で仕事をしている人の平均年収です。

高卒の場合、勤続年数は24歳であれば6~7年になり、大卒の場合は2~3年になるので、年収に大きな開きはないように思います。

24歳のだいたいの年収は300万ちょっとという感じなのでしょう。

※なお、このデータは筆者が参考資料から計算して導き出した数値であり正確性に欠ける可能性があります。

このデータの算出方法

25歳の平均貯金額

では次に、25歳の人がどれくらい貯金しているのかを見てみましょう。

こちらも残念ながら、25歳限定のデータは見つけられなかったので、20代の学歴別貯蓄金額の平均から見てみます。

男性女性総合
中卒304.1万円129.9万円238万円
高卒390.7万円177.1万円290.6万円
専門・短大卒408.2万円207.6万円273.5万円
大卒・院卒576.3万円282.3万円486.7万円

参考資料:厚生労働省平成28年国民生活基礎調査

こう見ると結構ありますね。ただ、多くは20代後半にお金を持ち始めるため、25歳ではここまでではないでしょう。

20代前半の平均貯蓄額20代前半では52万円、20代後半では120万円というデータがありました。参考:https://cancam.jp/archives/245464

この中間地点をだいたい予測すると、筆者のざっとした計算では25歳の平均貯金額は、およそ70万円くらいかなと思います。

25歳で貯金ゼロはやばい?25歳からの貯金の必要性は?

これまでのお話を経て、自分の貯金足りて無いかも・・・。

と思った人も

若いうちから貯金ってそんなに必要?

と思った方もいるでしょう。

実際に25歳から貯金をコツコツしていくことが重要かと言われると、一概にそうとも言えません。

また、24~25歳の貯金の平均は70万円前後ですが、割合でいえば50万円以下の人が最も多いです。

つまり中央値(人数で考える平均値。一部の裕福な人を含めず、人数で見るので平均値よりも正確)で考えると貯金が3~40万円が一番平均的と言えるわけです。

とはいっても人によっては結婚や出産を考えている人も多いでしょうし、必要なお金はその人の状況や将来設計によって変わってくるでしょう。

結婚とそれに関わる行事(顔合わせ・挙式・新婚旅行など)にかかる費用の平均はおよそ460万円。参考:https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding-ready/cost/base/01/#anc01 

男女で折半するとしても230万円くらいは必要ってことですよね。

キック
まあ個人的にはこんなにお金かけなくてもとは思うんですけどねw

僕は妻と結婚した時は150万くらいで抑えました。工夫すれば全然それでもいけます。

まあいずれにしろ、25歳は社会人としてはまだまだ若いですが、これからのことを考えると若いうちからこつこつと貯金をしていくことも大切になってくる年頃ですね。

25歳でいくら貯金すれば十分?

では、具体的にいくらぐらい貯金できていれば安心なのでしょうか。

勤続年数にもよりますが、25歳であればおおむね

年収の半分くらいの貯金額

が最低でも欲しいところです。

年収300万円なら150万円程度ですね。

理由としては

  • 転勤・移動時に資金繰りに困ることはない
  • 友人の結婚にも余裕でいける
  • 自分の結婚の準備資金にもなる
  • 自己都合で転職・退職した場合の雇用保険給付日までの4ヶ月生きられる

などです。

指標が年収の半分なのは、仮に収入が途絶えても生活レベルをいきなり落とすのは難しいからです。

30歳までに貯めるべき金額の理想は1000万以上。最低500万円

30歳までに貯めとくべきお金の理想は1000万以上です。少なくとも500万円はないとその後の生活に多少の制限がかかってくると思っています。

理由は以下です。

  • マイホーム・マンションの購入(頭金で数百万)
  • 出産育児(実質お金はいらないが、その後かかってくる費用に余裕は欲しい)
  • 車の購入または買い替え(車のローンはマジで無駄なので一括が理想)

これらの入り用が30代が一番多いため

もちろん自分の人生設計にマイホーム購入や結婚などが入ってこないなら100万円でもいいと思います。

ただ、個人的に年収が400万円以上ある会社員であれば、20代のうちに貯金1000万円はちゃんとお金の管理さえすれば楽勝だと思います。

貯金が1000万円以上あると生活にゆとりが出てきて、心にも余裕が持てるので、可能なら取り組んでみましょう!

本業で手取り15万以下はやばい!

ちなみに、学歴・勤続年数とは無関係に、収入が手取りで15万円以下の人は、貯金をすることがかなり難しくなります。

20代の生活費を平均すると13万円程度。(家賃除く)

実家住まいの人はギリギリ生活できてますが、一人暮らしなどで家賃がかかる人はすでに足りてないですよね。

また、25歳にもなると任される仕事も増え、忙しくなると外食費や交通費もかさみます。

会社でできた後輩にご馳走する機会もあることでしょう。

個人的には手取り20万でも全然厳しいと思います。

まして手取り15万円以下だと、貯金どころか、生活をすることも難しいです。

条件にもよりますが、月の手取りが15万以下なら即転職することをお勧めします。

 

25歳で貯金ゼロから効果的に貯金していく方法

それでは、具体的にどうすれば貯金ができるか考えていきましょう。

最初に前提として、我慢する節約は基本的にはやらなくてOKです。

旅行も洋服も我慢して、誘われた食事も金欠だからパス。

そんなの辛いですもんね。

ストレスなくお金を貯めることは可能なので(物欲高い人はちょっと工夫必要だけど)、重要なポイントだけシンプルに抑えていきましょう!

  • 月の消費金額と資産合計を完璧に把握しよう!
  • 逆算して先取り貯金しよう!
  • 労働節約ではなく、不労節約をしよう!
  • 可能なら副業も取り組もう!

月の消費金額と資産合計を完璧に把握しよう!

家計簿?はいむりー!!

って思った人w

全然OKです。家計簿なんてマジでだるいので続かないですよねw

なので細かい項目は基本無視でOKです。

ただ、貯金をして行く上で資産管理は絶対に欠かせない対策の1つでもあります。

これをやらないと、財布の中身や銀行口座をチェックしたとき、「あれっ、こんなにお金使ったっけ?」と驚く羽目になります。経験ありますよねw

じゃあどうするかというと、月末だけ消費と口座残高のチェックをしてください!

なので1日(それもレシートとカード明細があれば1時間くらい)で終わります。これならできそうじゃないです?

僕たち夫婦も25歳で1200万つけるまでやってたのは基本これだけです。毎日家計簿とか絶対無理なのでw

※僕らがつけていた家計簿

ただ、計算する人は多いのですが適当に概算で見積もったり、入れ忘れたりして実際に使っている金額よりも少ない金額をいう人が多いです(これマジでめちゃくちゃ多いw)

なのでポイントとして

  • 1ヶ月分のレシートはボックスを決めてそれに絶対入れる
  • 固定費(家賃、ローン、アマゾンプライム、ジム会費など)は全部書き出して把握
  • レシートが出ない費用(光熱費、郵送、携帯代など)だけ項目別にメモっておいてチェック

ここを抑えればOKです。

詳しくは『【超簡単家計簿】毎日続けるな!1000万貯金できたやりくり法』に書いているので参考まで!

ちゃんとやれば

「こんなことに結構お金使ってたな。これやめるか。。」

と反省する点が出てきます。

まずはこれをやること!これやんないとバリバリ稼げる事業化とかでない限り200%お金貯まりません。

お金の管理もPDCA回しましょう!

逆算して先取り貯金しよう!

貯金で一番大事なのは『逆算』『先取り貯金』です。

ぶっちゃけどんなに貯金が苦手な人でもこれやればだいたいうまくいきます。

詳しくは下記記事を参考に!

 

労働節約ではなく、不労節約をしよう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 朝の投稿の画像の一部が 同じになってたので再投稿🤳 @fujico143cm さんの連絡で気づきました。 ホントにフォロワーさんには感謝ですね🙇‍♂️ 今回の投稿では 貯金している人が必ずやっている 「不労節約」について解説しました。 これを意識するだけで かなりの額を節約できるので ぜひ一度見直してみて下さい! この投稿が為になったら いいね&フォローお願いします🤲 また以下のリンクでは 【貯金術・在宅ワーク】をテーマに 主婦の方向けに情報発信しています❗️ ▼他の投稿もぜひ見て下さい▼ @kickmer

キック@25歳で貯金1200万さん(@kickmer)がシェアした投稿 –

上のインスタとツイッターみてもらえればだいたいわかるとは思いますが、要は固定費を削減することに注力しましょう!ということです。

これらに注力して軽減すると、一回の労力で継続的に節約が可能になります。

毎回コンセント抜いたりするの節約ではありますが、労働対効果が悪いので、不労節約を頑張りましょう!

副業にも取り組んでいこう

知人のもふさんのツイートですが、マジでこれですね。

生活に余裕をもたせたいなら、副業にも挑戦しましょう。

本業の給料を上げるために必死に働いても昇給は半年後とかでせいぜい月1万円程度です。

それなら月に数万円から下手すれば数百数千万稼げる在宅ワークに注力したほうがいいと思います。

副業は会社で禁止だったような・・・という方もおられますが、それは会社の独自の決まりであり、法的なものではありません。(公務員は除く)

月々3万円でも収入が増えたらかなり嬉しいですよね!ぜひ取り組んでみてください!

お金を貯めることと同時に使うことも意識しよう!

若いうちは特にそうですが、お金はどう貯めて行くかよりもどう使って行くかの方が数倍重要です。

若いうちから稼いだお金をブランド物の服や時計、飲み会、デートなどに使っていると30代、40代になってからが困ります。

今のご時世大企業だからと行って安心もできなくなってきています。

インターネットの普及でどんどん個人の発信力が高まり、企業依存はトレンドではなくなっています。

自己力を高めないといけなくなってきているんですね。

そのためには稼いだお給料を飲み会に垂れ流すのではなく、本を買ったりセミナーに行ったり事業を始めたり、自分の経験や知識に投資して行く必要があります。

20代は特にお金の勉強をしよう!

僕は25歳で1200万円のお金を貯めることができたのですが、この原因はお金について学んだからだと思います。

お金に関して勉強する段階は

  1. 考え方
  2. 貯め方
  3. 使い方
  4. 稼ぎ方
  5. 増やし方
  6. 維持管理
  7. 社会還元

があります。

それぞれの分野について順番に勉強して行くことで、お金についての知識を持つことができ、自分の資産を守ることができるので、積極的に学んでみてください。

キック
何から学んだらいいの?って人は『『お金の勉強』は何からすべき!?20代のうちに身につけるべき知識と勉強法』に詳しく書いているのでよかったら参考にしてください!

25歳はまだまだこれからいくらでもお金は貯められる!

いかがでしたか?

25歳の平均貯金額、年収、貯金をする方法などお話してきましたが、すごくシンプルにまとめると

入ってくるお金(年収)を増やして、出て行くお金(無駄な出費)を減らせばお金は貯まる!

ということです。

25歳はまだ社会に出たばかりですが、ライフステージの中では、結婚やマイホームなど重要な局面を迎える年齢。

職場や自分の生活費など、見直すところを見直して、これからの長い人生に備える良いタイミングではないでしょうか。

そこからどんどんお金を貯めていけるヒントが見つかるかもしれません!

お金を貯めたいなら、お金の勉強をしておこう!

これから計画的にお金を貯めていきたいなら、お金の勉強をしておくことをお勧めします。

資産管理・資産運用・節税などなど。

お金の知識を身につけておくだけで自分の資産を守れる場面はとても多いです。

試しに【お金の勉強方法7通り】初心者でも自然と身につく知識と学び方を読んでみてください。お金の勉強のとっかかりになるはずです!

きっく
とりあえず何を始めたらいいのかわからないって人はお金の教養講座という無料のマネーセミナーに行ってみるといいかもです。資産管理や資産運用を学べます!
きっく嫁
女性専用ですが、貯金に関して個別無料アドバイスをしてくれるお金のパーソナルトレーニング【bookee】 というサービスもありますよ!