『お金の勉強』は何からすべき!?20代のうちに身につけるべき知識と勉強法

お金の勉強

マネーリテラシーを高めろ!

 

そんな言葉を耳にしたり、言われたことってありませんでしょうか。

僕も大学の頃からしょっちゅう「お金の勉強しろ」「マネーリテラシー高めろ」みたいな言葉を本で目にしたりしていました。

しかしそのたびに

キック
お金の勉強ってなに?ざっくりしすぎて何すりゃいいかわからん!

 

って思ってあまり気にしてませんでした。

しかし、社会人になってから実際に家計を管理するようになり、お金の重要さに気づき普段から勉強するようになったんですね。

 

今となっては世の中お金の勉強をしている人としていない人で人生が大きく変わると言っても過言ではないというくらい、お金の勉強をすることは大切なことだと思うようになりました。

お金の勉強ってなにしたらいいの?わかんない!って人はぜひこの記事を読んでくれたら嬉しいです。

 

この記事を買いた人

大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。

日本の学校教育では「お金の勉強」をしない

そもそも、なぜいろんな自己啓発本などで「お金の勉強をしなさい!」と言われているのでしょうか。

それは、日本の学校教育ではお金にまつわる勉強を全くと言っていいほどしないからなんです。

マスターカード社のアジア諸国のマネーリテラシー調査でも日本が一番低いとのデータが出ています。

日本人はお金についての知識が少ないんですねー。

まあこれも無理もないんですけどね。学校で教えてくれないわけですし。

ただ、これは危機感を覚えるべきことでもあるんです。

世界でもGDPはまだ3位を維持している日本の国民が金融リテラシーが低いのは不思議なことです。ただ、個人で資産を回したり、金融商品を選ぶあたりのリテラシーはほとんどない。

これは実際に前職で「財務コンサルティング」という肩書きで仕事していたので分かるのですが、ほとんどの人が知識を持っていないので、貯蓄、資産運用がうまくできていないのです。

住宅ローンでがんじがらめになってるサラリーマンとかまさにそれですよね。

 

なぜお金の勉強は必要なのか。何をどう学ぶべき?

そもそもなぜ、お金の勉強をしておいた方がいいと言われるのでしょうか。

僕は前職の関係で、多くの個人事業主の方々の確定申告(自分が払う税金を申告する行為)の手伝いをしてきました。

その中で強く思ったのは、知識を持っている人は税金を払わなくていいという仕組みになっていることです。

そしてこれは税金だけでなく、あらゆる場面において社会全体の仕組みがそうなっています。社会人経験をして嫌というほどこれは感じました。

 

貯金、資産運用、投資、支出管理、収入増。これら全てにおいてマネーリテラシーは必要です。

マネーリテラシーが低いとお金を貯めたり収入を増やしたり、要するに経済的に豊かになるのは厳しいということなんですね。

マネーリテラシーとは社会のルールの攻略法をどの程度知っているかの指標とも言えます。

攻略法をたくさん知っていれば、人生というマネーゲームもイージーゲームになり得ますが、攻略法を知らなければ効率の悪い方法で愚直にクリアを目指すしか無くなってしまうんですね。

 

 

初心者がお金を勉強するのに最適な方法ランキング

けどさ、そんなこと言ってもどうやってお金の勉強していけばいいのかわかんないよ。。

 

そう思うのも当然ですよね。

僕も実際社会人になるまでは「お金の勉強ってなんやねん!」って思ってましたから。

で、社会人になってからもマネーリテラシーの向上のために本を何冊か読んでみたんですが、まあ面白くないw

読めたとしても内容がよくわからないんですよね。

ここで、実際にどっぷり金融系の仕事をしていた僕が、マネーリテラシーを手っ取り早く学ぶ方法をお伝えします。

 

実際に金融系の仕事に就く

一番手っ取り早く、なおかつ深くお金に関しての知識を勉強するにはやはり金融系の仕事をすることが早いのはいうまでもありません。

僕は新卒で入った会社で「財務コンサルティング」の部門にはいり、税金関係の仕事をしていました。

おかげで税金についてはかなり詳しくなりました。今は個人で仕事をするようになりましたが、確定申告も特に困らないと思います。

税金なんて本で読んで勉強しようとか思わないですからね。全然面白くないw 仕事で学べたのはラッキーでした。

 

 

本を読む:オススメの本をご紹介!

マネーリテラシーを一番簡単にあげることができるのはやはり読書です。

お金の知識についてはいろんな本が出ていますが、あからさまに金融関係の本とか最初から選んで読んでもちんぷんかんぷん。

面白くないと頭に入らないので途中まで読んで飽きて、古本屋に売り飛ばすのが関の山です。

こういう場合は、初心者にもわかりやすく、なおかつお金の知識も正しく学べる本を選ぶ必要があります。

代表的なのは皆さんご存知金持ち父さん貧乏父さんですね。

2000年に初版が出版されて、世界的なベストセラーで今もなお売れ続けています。

ネットワークビジネスでもよく薦められる本で、胡散臭いんじゃないかとか言われがちですが、この本自体はとてもいい本なので、お金への考え方を身につける本としては非常にオススメです。

 

家計管理を実際にやって見る(キャッシュフローを意識)

自分の家の家計管理からでいいので、実際に家計簿をつけていくという作業をしてみるのも、マネーリテラシーを高められる一つの手段として有効です。

家計のキャッシュフロー(現金の流れ)を把握できるようになれば、それだけでお金の勉強になります。

家計というのは一番簡単な財務諸表のようなものです。一歩めの勉強としては自分のお金でもある家計管理から始めてみるのも悪くないでしょう。

地味な作業ではありますが、お金もかけずにできるので一番気軽に取り組めるかもしれませんね。

 

 

資格を取る

何かを勉強する!と言う時に、その目標が漠然としていると、勉強ってやりにくいですよね。

そんな時にマネーリテラシーを高められる資格があれば、その資格取得に向けて勉強するのがわかりやすい勉強法となります。

そう言う意味でいうと、王道ではありますがFP、マネーリテラシー検定がおすすめです。

両方とも能力資格(能力値を示す資格のこと)ですが、相対的にお金のことについて勉強できるので、非常にオススメです。

FPに関しては、ライフプランニング、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング(税金)、不動産、相続・事業継承、生活に直結することを中心に幅広いマネーリテラシーを身につけることができます。

個人的には3級だけでも取得していればそれなりに詳しくなれます。2級は3級の内容とほぼ同じですが、問題に引っ掛けが多くなるのでその知識を確かなものにする資格、1級は専門性を高く仕事として取り組む場合(高所得者層向けの知識)

 

また、簿記も一緒にあげられることは多いですが、もちろん勉強にはなるものの、FPほどの幅広い知識というよりかは、帳簿などの専門知識の勉強になるので、少しずれるかと思って外しました。

 

 

実際に投資をしてみる

お金についての見識を広めるために、実際に投資をしてみるのもいいですね。

実際投資を怪しいという日本人は多いのですが、まさにそこが金融リテラシーの低さを露呈してしまっているんですね。投資は怪しくないです汗

投資と投機の違いが区別できていない人は、実際にローリスクな投資から始めてみるのもいいと思います。

ちなみに積立保険自動取引FXも立派な投資です。

得もしにくいですが損もしにくい資産運用、投資案件はたくさん存在するので、自分のお金で実際に運用してみて、資産運用とはなんたるかを肌で感じてみるのもマネーリテラシー をあげる一つの手段です。

 

講座や塾で教えてもらう

お金の勉強をしたい!と漠然と思っている人にとっては正直これが一番早いですね。

お金の知識、マネーリテラシーが低いと感じている人はもともとお金の計算なんて好きではないと思います。

なぜかというと、よくわからないから。

 

今計算をし始めても、実際に電気代はいくらなのか、税金っていくらかかってるの?キャッシュフローって何?という疑問にぶつかり、結局「もういいや」と言って投げ出してしまうんです。

本を読んでもそれは同じですよね。

なのでそういう人はお金の勉強ができる講座や塾を受講するのが一番手っ取り早いです。

もちろん一度の講座でマネーリテラシーが格段に上がることは期待できませんが、継続して通ったり、一度の受講でもそれがきっかけでお金の勉強(投資、資産管理、会計など)に興味を持つきっかけになるかもしれません。

FPの講座や、投資家の講座など、色々あるので気軽に受けてみましょう。

 

ちなみに、そういうのが初めてという人にはファイナンシャルアカデミーが行なっているお金の教養講座をおすすめしています。

東京・神奈川・大阪・名古屋では無料で受けることができるのでお金のかけられない学生にも受けやすいです。

貯金の効率化効果的な節約術資産運用自己投資のやり方などなど、生活に必要なお金の知識を学ぶことができ、学生の受講者も多いので気軽に受けれておすすめです。

3分で予約できるので、興味のある人は空いてるうちに予約しておきましょう!

▼お金の教養講座

 

お金の勉強は死ぬほど大事!

これは勉強したことがある人にしか伝わらないかもしれませんが、社会で生きていく上で「お金の勉強」ほど大切な分野はありません。

社会で生きていく上でのルールがお金です。その仕組みを理解しないということは、社会の仕組みを理解しないのと同じこと。

専門知識を身につけるべきというわけではなく、お金に関する最低限の知識はすくなくとも身につけておかないと、今後搾取され続けることになりかねません。

本を読む、資格取る、セミナーに行く。なんでも大丈夫ですので自分のやりやすい方法でお金について勉強してみましょう!

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。