初心者は税金を学べ!税の知識が変われば人生が変わる3つの理由と正しい勉強法

お金の勉強

税金って。。。。よく分からん!!

 

そう思ってる人って全日本人の中の9割くらいいるんじゃないでしょうか。

 

とにかく税金ってわかりにくいですよね。

自分がどれくらいの収入があったらどれくらい持っていかれるのか。逆にどうすれば税金をたくさん払わなくてよくなるのか。

こういうことって気になってるとは思うんですが、何をどう勉強していいのかさっぱりじゃないでしょうか。

キック
本とか読んでもさっぱりわかんないから結局諦めるよ。。

 

今回は税金の勉強をして行くとどういうメリットがあるのか。また、初心者が税金について勉強する簡単な方法をお伝えしていきたいと思います!

 

税金ってなんでわかりにくいの?

税金ってそもそもどうしてこんなにわかりにくくなっているのでしょう。

もちろん国民から平等に税金を徴収するため、富裕層からたくさん、貧困層からは少なく徴収するためには複雑な仕組みが必要というのは間違いありません。

ただ、別の観点から言うと、国民から税金をより多く巻き上げるためでもあるんですよね。

キック
どゆこと??

 

とっても言い方は悪いんですが、説明書のわかりにくい悪徳なネット通販に似ています。

例えば「無料で1ヶ月試せる!」という謳い文句で動画サービスを提供していたとして、その実対象者は有料会員だけで普通に申し込むとお金がかかります!みたいなパターン。

ちゃんと説明書きはされているのですが、めっちゃ小さく書かれていたり、まわりくどく書かれていたり。ちゃんと説明書を読まないと理解できないんですよね。

で、それと同じことが税金にも言えるんです。

 

税金が免除されたり、軽減されたりする制度はとてもたくさんあるのですが、そう言う制度があることや適用条件などを詳しく調べないと、結局申請などをすることができません。

で、高い税金を払わされることになるんです。

キック
税金とかよくわかんない!とか思っている人ほど高い税金を払わないといけなくなるということだね

 

税金を勉強すると起こるとってもいいこと3つ

では逆に、税金についての知識を身につけると実際にどのような良いことが起きるのでしょう。

一般的なイメージは節税できると言うことだとは思うのですが、それだけではないんですね。

 

余計な税金を払わなくてよくなる(節税)

まずはもちろん税金を安く(節税)しやすくなります。

例えば確定申告には青色申告と言う制度があるのですが、10万円控除であれば、割と簡単に受けることができます。これで年間の節税は15,000円できるんですね

サラリーマンなら医療費控除生命保険料控除です。

これも要項さえ押さえれば効果的に節税できます。

 

知識は武器です。

どんな人でも収入がある限り、税金は払い続けます。が、本来払わなくていい税金というのは、申請の方法を知らないと、国はわざわざ教えてくれないんですね。

キック
うまいこと巻き上げられる仕組みになってるんだなあ・・

 

面倒な手続きが減る

節税と同時に言えるのが、面倒な手続きが減ると言うこと。

例えば今年フリーランスになった人が、初年度の年収が120万円だったとしましょう。

その人は「フリーランスは経費が必要」と聞いていたので、経費をせっせと集め、帳簿も毎月つけていました。

そして確定申告の時期に申告書を作って提出します。初めてなので合計100時間かかりました。

 

ただ、実はこの人、家内労働者特例制度と言う制度を使えば、確定申告の時期にちょちょっと手続きするだけでよかったんですね。経費も帳簿も一切不要だったんです。

つまりかかる時間はせいぜい30分

ひとつの制度を知らないだけでこれだけの差が生まれるんですね。こんなことはほかにも山ほどあります。

税務の知識を身につければ、お金も時間も得することが多くなるということなんです。

 

いろんな場面で重宝される

税金というのは、すべての国民に収める義務があります。

つまり逆に言えば、ほぼすべての国民が、税金に対して何らかの不満や困っていることがあるとも言えます。

税金の知識を身につけていると、ほぼどの業界に行ってもその能力が役に立ちます

実際僕は今フリーランスになりましたが、確定申告がなんなのかわからないというフリーランスが山ほどいます。

そんな時に僕の知識はめちゃくちゃ重宝されるんですよね。

税金の勉強なんてほとんどの人がつまんないのでやりません。この知識をある程度身につけられたらかなりの武器になります。

キック
税金の知識が身につけばどこに行っても役に立てるね!

 

初心者が税金の勉強するには何をすればいい?

キック
税金の勉強をしたほうがいいのはわかったけど、じゃあ何からやればいいの?

 

税金って本当にややこしいですよね。

学ばないといけないということはわかっていても何から手をつければいいのか皆目わからない。

そんな人に、僕が税金初心者におすすめの勉強方法をお伝えいたします。

 

漫画読む

やっぱり漫画の教材ってわかりやすいですよね。

映像で訴えてくれると人間は右脳が刺激され、記憶を蓄積しやすくなるんです。そういった面で、漫画は優秀ですね。

こちらの著書は、僕が社会人になる直前に購入したものなのですが、税金がどういう仕組みで、どのような種類があるのかということがわかりやすく書かれています。

漫画と文章が交互に出てくるタイプなので、しっかりと知識も学べてオススメの一冊です。

 

わかりやすい初心者向けの本を読む

税金の勉強をする時に、本を読むということをすると思うのですがなかなか難しい本ばかりですよね。

わかりやすく書いている風でも、結局は専門用語が出てきたり、複雑な仕組みを説明されたり。

また、簡易的すぎて結局対して学べないものもあります。

 

僕の知っている方で大河内さんとあんじゅ先生という漫画家さんが、共同で出した本なのですがめちゃくちゃわかりやすいです。

フリーランス向けなので、サラリーマンの方は関係ないかもですが、非常にわかりやすく噛み砕かれて説明されている一冊で、アマゾンの税金部門でも売れ行きが一位になっていました。

オススメの一冊です!

 

セミナーなどで直接教えてもらう

税金のことに関して自分で情報収拾するのも、本を読んだりするのもなかなか長続きしません。

そういう時には人から直接教えてもらうほうが一気に理解できるものなんですよね。

税金に関するセミナーはこくちーずで探すことができます。

こちらのページから税金関係のセミナーを探してみてください。

 

自分で確定申告などの手続きをしてみる

税金のことについて勉強するなら、やはり自分で確定申告することが一番早いでしょう。

フリーランスで2〜3年やっている人はだいたい税金のことについて最低限のことは把握しています。

何事も実践が一番早いと言われますが、税金に関してもそれは同じです。

どうすれば税金が安くなるのか、どうすれば手続きが効率化するのかを考えながら自分で作業していけば、そのうち税金の仕組みや節税方法などがわかるようになってきます。

キック
面倒だけどこれが一番早そう汗

 

税金の知識が学べるところへ就職する

税金関係の知識を一番早く、深く身につけるには税金に関わる仕事をすることが一番早いです。

市役所、税務署、税理士事務所、財務コンサル

税金関係の仕事は結構たくさんあります。

税金の知識を身につけたいがために転職するという人はいないと思いますが汗、それも一つの転職・就職先を考える選択基準に入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

資格を取る

税金についての資格は一般的には税理士くらいしか思い浮かばないかもしれませんが、そんな難易度の高い資格でなくても、ほかにもいくつか税金の勉強になる資格も存在します。

ファイナンシャルプランナーという資格は税金、社会保険、不動産などなど幅広いお金関係の知識を身につけられます。

FP2級まで取れば、税金の知識も日常生活で困らないレベルの知識を身につけることができるでしょう。

 

 

税金を学ぶは社会のルールを学ぶということ

税金とは安全な日本で暮らすための家賃みたいなもの。

ただその徴収方法、徴収される種類は数え切れないほどたくさんあります。

だから多くの人は学ぼうとはしません。よくわからないものを調べて学ぶのは面倒くさいんですよね。

 

ただ、学ぼうとしない人にはたくさんの税金が課せられる仕組みにもなっています。

税金については学ぶことは大切ですが、同時にどうやって学ぶか、いかに簡単に学ぶかというのも重要になってきます。

自分にあった方法でぜひ、簡単に税金を学ぶ方法を見つけてみてください!

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。