お金の勉強をすべき女性・主婦の特徴とオススメの勉強法!

お金の勉強

就職して働き始めると、漠然と「貯金しなくちゃ」となんとなく定期預金してみたり、保険入っておいた方がいいのかなと思って、保険会社の人に勧められるがままに保険に入ったり。。。

周りがしてるからなんとなく自分もやってるけど、それでいいのかはわからない、お金は大事なことはわかっているけれど、お金の勉強ってしたことがないという人がほとんどじゃないでしょうか?

特に女性は敬遠しがち。

「投資?いや、こわいからいいです」なんていう女性が多い気がします。

学校教育の中で人が生きていくうえで必要なお金の勉強って全然してきてないですし、日本では「投資」というとギャンブルと同じイメージを持っている人もまだまだ存在します。

筆者はアメリカの大学に編入したことで必然的に『お金の勉強』をしました。

必修科目だったので勉強しましたが、そうでなかったら完全にスルーしていた科目です。

ですが、アメリカの大学で一番勉強してよかったのがこの『お金のこと』なんです

だから、余計に「お金の勉強は絶対必要!」と強く思います。

今回はお金の勉強をすべき女性・主婦はどんな人なのか、オススメの勉強法をご紹介してきます。

この記事を買いた人

みきねえさん:短(日本)→アメリカの大学卒→就職/現在は繊細な息子(HSC)と癒し系息子の母/ライター(金融・英語・医療)

お金の勉強をした方がいい女性ってどんな人

  • 貯金しかしていない女性
  • 節約がお金を貯める方法だと思ってる女性
  • 将来のお金の不安をなくしたい女性
  • これから結婚を考えている女性
  • 普段から金遣いが荒い女性
  • 気づいたら財布のお金が減っているという女性
  • 家計簿つけたり計算したりするのが苦手な主婦
  • 子供にお金で苦労して欲しくないママ

上記に当てはまる女性はお金の勉強をした方がいいです!
では、なぜお金の勉強をした方がいいのか具体的にみていきましょう。

貯金しかしていない人

今の時代、銀行に預けても金利はほぼゼロの時代。銀行に預けていてもお金は増えません。
そんなことはわかってます、よね?

それでも

「投資なんかして、自分の資産が減ってしまったら嫌だから!」

とかたくなに貯金だけをしたり、

「貯金以外にお金を増やす方法ってしらない」

など貯金以外の選択肢を知らない人はお金の勉強をすることで、お金の増やし方の選択肢が広がります。

銀行に預けていてもお金は働いてくれません。

でも、お金の知識があれば、どうすればお金に働いてもらえるか、お金が自分のために働いてくれる場所を選ぶことが出来るようになります。

節約がお金を貯める方法だと思ってる人

無駄遣いをしていたらお金は貯まりません。そう考えると節約は大事ですよね。

でも、スパーのチラシで底値をチェックしたり、スタバのコーヒー我慢してコンビニのを飲んだりといった我慢する節約だとつらくなりませんか?人間、我慢するのはつらいのでなかなか続きません。そして、楽しくないですよね。

もし、あなたが節約できないからお金が貯まらないと思っているなら大丈夫です。

お金を貯める方法は節約ではないですよ。

無理な節約をしなくてもお金を増やす方法はあるのです。

将来のお金の不安をなくしたい人

  • 「子供の教育資金が足りるか心配」
  • 「マイホームがほしい。けれど、我が家に建てるお金ってあるのかな?」
  • 「老後の資金に年金はあてにできないよね。自分でいくら用意しないといけないんだろう?」

など、将来のお金の不安がある人、きっといっぱいいると思います。

老後の資金がいくらいるのかも、専門家によって言ってること違ったりしますし、何を信じてよいのかわからない人も多いのでは?

こういった不安もお金の勉強をして、自分の基準が決まればいくら必要なのか、いくら用意出来るのかがわかるようになり不安はなくなります。

普段から金遣いが荒い人

女性で多いのは、普段からブランド物の服やカバン、装飾品を買いあさってしまうという人です。

ストレス発散の一環となっている人も多いようです。

しかし、それをカードで払い、毎月の支払いがきつくなってしまうという人も多いでしょう。

いくらブランド物に身を包み、綺麗になれたとしても借金まみれでは幸せとは言い難いですよね。

なぜこうなるのかといえば、「我慢ができないから!」という風に考えがちですが、元をたどればお金の教養の問題なのです。

普段から消費にしかお金が使えない。来月の給与と今月のカードの使用量とのバランスを考えられない。

こういう風になってしまうのは、お金に関する基礎的な知識や考え方を身につけていないからなんですね。

こういう人は、買い物を我慢したりしてもストレスが溜まるだけなので、根本的に自分の考え方を見直すべく、本などを読んでお金の教養を身につけて行く必要があります。

気づいたら財布のお金が減っているという人

上と同じようなことですが、気づいたら財布のお金がなくなっているという人も多いのではないでしょうか。

特に贅沢をしたわけでもないのに、なぜか財布のお金がなくなっている。

そんな経験ある人も、お金の教養不足と言えます。

人は入ってくるお金は楽しいので一生懸命数えるのですが、出て行くお金は細かいですし、そもそも見るのがストレスなのでちゃんと計算しないんですよね。

なのでこう言ったことが起きないように、簡単かつ効果的な計算方法、そしてそれがなぜ大切なのかということを学んでおく必要があるわけです。

家計簿つけたり計算したりするのが苦手な主婦

家計簿つけるの好き!という人はあまり聞いたことはありませんよね。

しかし、貯蓄をして行く上で家計簿というのは非常に重要な役割を持っています。

前述したように、お金を管理して行くのに支出の計算は大切です。

特に家計の管理を担う主婦の方は、しっかりとその役割を担うためにもお金の管理の技術である家計簿のつけ方は学んで行く必要があります。

 

これから結婚を考えている人

「今の彼と結婚してもやっていけるのか心配」

「年収〇〇〇万以上ない男性とは結婚しない」

など、色々な意味で結婚とお金って切っても切り離せないですよね。

すでに結婚相手がいる人も、これから探す人もお金の勉強をしておいて損はないですよ。

結婚相手がいる人は、彼との結婚後のお金の増やし方を結婚前に学んでおけば安心ですよね。

結婚までにお金の勉強をして自分の資産を増やしておくと、その資産は彼との共有資産ではなく、自分だけの資産になります。

結婚後も自由に使えるお金があるのは精神的に楽です。自由に使えるお金と、結婚後も二人の資産を作っていく知識があったら最高ですよね。

まだ結婚相手がいなくて、お金がない人はいや!と思っている人もお金の勉強をすることで少し考え方が変わるかもしれません。なぜなら、いくら稼ぐかより手元にあるお金の価値をいかに高められるかの方が大事だからです。

自分が「この人の年収ならやってけそう」と思っている人でもお金の使い方を知らなければ、思い描いていた生活は出来ない可能性があります。

子供にお金で苦労して欲しくないママ

子供に将来お金で苦労して欲しくないと思っているママは多いと思います。

ではどうすればいいか、それは家族でしっかりお金の話を普段からしておくことなんですね。普段の生活を通していかに子供にお金のことを教えられるかが大切になってきます。

お金は社会のルールの根源。学んで損になることは何1つありません。

そして子供にお金の教育をしていくためには、自分がお金について勉強しておく必要があります。

ちなみに、子供へのお金の教育に関しては、別サイトで『お金の教育』というサイトを開設したのでよかったら参考にしてください!

貧乏女性・主婦がお金の勉強に取り組んでおくべき理由

お金の勉強に一番取り組んでおくべき女性は、貧乏女性や主婦です。

お金の勉強と聞くとお金持ちの人がするものだと思うかもしれませんが、お金がない人ほどしておいた方がいいです。

お金がないなら貯蓄に回す金額も少なくなります。

そこを一生懸命節約して何とかしよとしても、たかが知れてます。手元にあるお金が少なければ少ないほど、お金に働いてもらう方法を知らないといけません。

お金に働いてもらうとはどういうことかというと、一般的に言えば『資産を運用すること』です。

資産運用というと一気に遠い存在に思えてしまいませんか?だから筆者はお金に働いてもらうと表現してます。

では、お金に働いてもらうとはどういうことかというと、1つは時間複利を味方につけて増やしていく方法です。

例えば、30才から毎月1万円ずつ積み立てて3%複利で50才まで運用したとします。

50才になった時に手元にあるのは、3,071,158円です。元金が2,400,000円なので671,158円増えています。

これをゆうちょに定期預金で30才から50才まで積み立てていくと2,401,833円。(10年定期預金金利を使用増えたお金はたったの1,833円です。

たとえ1万円でも毎月預け続けて3%複利で運用すれば、大きなお金になります。

ではどうしたら3%で運用できるのか?これはお金の勉強をすればわかるようになりますよ。

筆者はこの複利と時間のすごさをアメリカの大学の授業で習ったのですが、本当に目からうろこでした。

自分の資産が複利で運用するとどれくらいになるかを計算してみると面白いですよ。

計算はこちらのサイトでできます。積立金額シュミレーション知るぽると

貧乏な女性のほかに絶対にお金の勉強をしておいた方がいいのは主婦の方

なぜなら、日本家庭では女性が家計の実権をにぎっていることがほとんどだからです。

貧乏女性のところで例にあげたように、お金の知識を活用すればお金は増やすことが出来るのです。

一家の資産を管理する女性がお金の勉強をしておいた方がいいのは明白ですよね。

また、プレママや子育て中のママがお金の知識を持っていれば、将来子供が大きくなってお金に困らないように家庭でお金の教育をすることができます。

今の日本の学校では、どうお金を使ったらよいのか、資産の築き方など個人が生きていくうえで大切なお金のことは教えてくれません。

そして、お金の知識や習慣は親から引き継ぐとも言われています。

ママであるあなたがしっかりとしたお金の知識を持っておくことが子供にとってもとても大事です。

貧乏女子・主婦が取り組むのにオススメの勉強法

けどなにから勉強すりゃあええねん!ってなると思いますので、その勉強方法もお伝えしておきます。

まずは読書!

なかなかお金がない貧乏女子、時間が取れない主婦の方々は、まずは読書から取り組んで行くのがおすすめです。

いきなり難しい本を読んでも頭に入らないしやる気も継続しないと思うので、まずは漫画からとかでもOKです。

個人的にはお金の歴史、投資の仕組みやマインドが学べる『インベスターZ』は超おすすめです。

そのほかにも別記事にておすすめの本や漫画はまとめていますのでまたよかったらみてください!

 

お金のライザップ『bookee』

bookee

お金版のライザップと言われるお金のパーソナルトレーニング【bookee】は2018年の春にオープンしてまもないですが、すでに女性から人気をはくすサービスです。

マンツーマンでみっちりお金についてのアドバイスをしてくれます。

おもに初心者向けで、お金の管理を中心に、初心者向けの投資アドバイスも専門の担当者がついてしてくれます。

実際に行ってきたレビュー記事もあげているので参考までに!

 

まとめ

日本人はマネーリテラシーが低いと近年言われ続けており、お金の勉強を始める女性も増えてきています。

生活の管理をしたり、子供に教育したりするのが女性の方が多いため、それは必然かもしれませんね。

これから日本は大きく経済成長することはないと多くの経済学者が言っています。

要するに、会社に勤めておけば将来安泰。給料も自然と上がってお金に困ることはないという時代は終わりを告げました。

ここから、人口減少をたどり、経済も縮小して行くと言われる日本で、どのようにマネーゲームを攻略して行くかはとても重要な課題となっています。

少しずつでいいので、お金について学んで行くことが大事と言えますね。