22歳で貯金ゼロはやばい?平均年収・平均貯金・妥当な貯金額を公開

未分類

どーもこんにちは。貯金ブロガーのキック(@kikumerです。

22歳の貯金平均っていくらか知っていますか?

22という年齢は社会からすれば、まだまだ若い年齢です。しかし、同時に大学生であれば大学を卒業し、社会人になる年齢でもあります。

もしくは高卒であれば社会人5年目に突入するとしでもあります。

まだまだ若いし、そんなに貯金なんてしなくていいのではないか。そうお思いではないでしょうか。

 

今回は22歳で貯金するのにどれくらいの金額が妥当なのか、またどうやって貯金していくのがより楽に人生を歩めるのかについてお話していきます。

 

この記事を買いた人

大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。

22歳時点での平均年収・平均貯金

まず、一番気になってくるのが周りの22歳がどれくらいの年収で、どれくらいのお金を持っているのかだと思います。

ただ、同じ22歳といっても、中卒、高卒で働いている人もいれば大学卒業したばかりの新卒の人もいるでしょう。

状況によって、もちろん経済状況も異なるため、自分の状況にあったものと照らし合わせてみましょう。

 

22歳の平均年収

男性 女性
22歳中卒平均年収 259.4万円 233.4万円
22歳高卒平均年収 290.2万円 262万円

こちらは中卒、高卒で仕事をしている人の場合の平均年収です。

高卒、中卒、そして男女間にも若干の誤差が見られます。

大学に行っている学生に関しては、ほとんどがアルバイト生活のため、収入と呼べるほどのものはありません。

一般的な大学生のアルバイトの平均年収が46.2万円、仕送りや奨学金なども含めると、115.5万円が平均値と言われています。

また、キャリアパークの2018年年末に行われた最新の調査では、新卒の初年度年収が206.1万円ということだったので、この中間あたりで考えるのが妥当かと思います。

 

※この金額は公的なものではなく、あくまで筆者が客観的に計算した数字であり、正確性には不十分な点があります。

このデータの算出方法を見る

 

22歳の平均貯蓄額

20代前半の平均貯蓄金額は52万円です。

22歳となると、学生も多いことから、30万円代が平均値でしょう。仕事をしている中卒・高卒者は100万円前後が最も多いようです。

参考:https://cancam.jp/archives/245464

 

残念ながら、22歳限定での正確な貯蓄額のデータはないため、学歴別で貯蓄額を見比べて見ます

男性 女性 総合
中卒 304.1万円 129.9万円 238万円
高卒 390.7万円 177.1万円 290.6万円
専門・短大卒 408.2万円 207.6万円 273.5万円
大卒・院卒 576.3万円 282.3万円 486.7万円

参考資料:厚生労働省平成28年国民生活基礎調査

ここを見ると、高卒と専門学校、短大卒との間の差は見られませんが、それ以外は圧倒的な差があるようです。

ただ、22歳の貯金額では、働きたての大学生よりすでに社会人として働いている中卒や高卒の方が高いのはいうまでもないでしょう。

 

22歳で貯金ゼロはやばい?貯金の必要性ってある?

22歳で貯金がゼロという状況は、経済的にどうなんでしょうか。

結論。ケースバイケースですが、基本的にはやばくはありません。

22歳からは基本どの職業でも昇給はして生きますし、まだまだ転職も可能です。

キック
若いっていいよねー!

 

ただ、安心もしないほうがいいです。

22歳でも貯金300万円以上持っている人はたくさんいますし、これからの社会人生活に備えてある程度の貯蓄も必要になってきます。

 

22歳でいくら貯金すれば十分?

では実際に、22歳で貯金はいくらあるのが妥当と言えるでしょうか。

この妥当ラインは中卒・高卒の労働者の場合は勤続年数(働いた年数)で考えるのがいいでしょう。

で、平均年収の五分の一くらいを貯金できていれば相当優秀です。

キック
手取りで考えたら4分の1くらい貯金できているってことだからね!それくらいが理想!

 

なので、例えば高卒ですぐ働いている人は約4年間の勤続年数になるので、平均年収から金額を割り出すと150万〜200万円貯金できていれば上等という感じですね。それ以上ある人は素晴らしいです。

考え方として「勤続年数×年収の5分の1」という計算で出してみてください。その金額に達していれば自分は貯金上手なんだと思って大丈夫です

 

大学生であれば正直収入もないので貯金するのは難しいでしょう。ここも平均で考えれば、30万くらいあればOKということになります。

 

本業で手取り15万以下は本当にやばい

ただ、中卒、高卒にかぎらず、手取り金額が15万円以下という場合はぶっちゃけお金を貯めていくのは難しいです。

22歳とはいえ、これから将来的に結婚や出産、育児をしていく人は多いでしょう。

車を買ったり、広い家に引っ越したりする必要も出てきます。

そんななか、手取り15万円では正直生きては行けません。

キック
15万なんて家賃と食費と交際費で全部飛ぶなあ汗

 

ましてや将来のために貯金していくのはかなり苦しくなるでしょう。

ちなみに大卒での初任給手取りが月15万以下という人は時給換算してみてください。なんなら新卒のアルバイトと変わりないかもしれませんよ。

 

 

いずれにしても、新卒にせよ中、高卒にせよ、手取り15万であればもう少し良い就職先を探す方が良いでしょう。

 

 

22歳貯金ゼロ!という状態から効果的に貯金していく方法

22歳現時点で貯金ゼロ!という人は、これから効率的に貯金していくために何をしていくべきでしょうか。

近々結婚や出産、はたまた留学など、お金が必要になってくるイベントを控えているという人もいることでしょう。

僕も実際21歳の大学生の時に彼女と結婚し、22歳の時に子供が生まれました。

当初はお金は100万ほどしか持っておらず、どうしようか色々考えましたが、なんとか25歳の時には1000万円まで貯めることができました。

 

22歳という年齢であれば、これから稼ごうと思えばいくらでも稼げます。効率的にお金を稼ぎ、効率的にお金を貯めていきましょう!

 

家計管理をしっかりとつけよう!

家計簿なんて面倒臭い!!

というのが正直なところかと思います。

ただ、お金が貯まらない人は総じて「支出管理」をやっていません。

毎日家計簿をつけろと言ってもさすがに続かないと思います。

キック
家計簿好きな人なんておらんもんなー。僕も嫌いw

 

1ヶ月に一回だけ、集めたレシートを集計してみてください。何にいくら使っているのか全て集計するんです。

そうすることで、無駄な支出がどこにいくらあるかが浮き彫りになります。

ここを把握することで、翌月の支出の無駄を省くことができるんです。

 

 

年収の就職先へいつでも転職できる心構えを

あなたが思っている以上に、年収はとても重要です。

会社で働いている以上、自分の時間を提供してお金をもらっているわけです。同じ時間働いても、もらえる金額が違えば当然人生の豊かさも違ってきます。

また、年収が高いからと言って、一概に仕事が大変になるかというと、そうでもありません

仕事選びは年収の優先順位を高くするのがベストです!

 

中卒・高卒で今の仕事に不満がある人はマイナビエージェントからさくっと高年収の企業を見つけておきましょう!

現在大学生という方は、もう就職活動の時期にさしかかる頃でしょう。年収を重視して就職するなら、キャリコネに登録しておくことをおすすめします。

他の就活サイトとは違い、実際に働いている社員の口コミ年収を公開しています現場のリアルな声、数字を把握できるので、圧倒的安心感を持って就活に励めるようになります

無料登録だけしておけば、口コミや年収を確認できるのでサクッと登録しておきましょう!

>>キャリコネの無料登録はこちらから

 

 

副業にも取り組んでいこう

年齢が若いとその分まだ社会的経験も浅く、スキルも身についていない場合がほとんどです。

その分、生活していくのに十分なお金をもらえないことも多々あります。

そういう時の対抗策として、副業をしておくことをおすすめします。

うちの会社副業禁止なんだけど

 

副業禁止の会社で副業することは契約違反になる。というのは間違いではないのですが、法律で定められているわけではありません。それは公務員だけ。

一般企業に勤める人は副業しても法的にはOKです。そしてそもそもバレません。

特に在宅などの「ネット副業」であればバレることはほとんどないでしょう。

 

 

仕事の合間、特に新卒だとなかなか慣れない仕事の合間で時間を作るのは大変かもしれませんが、1日10分でもいいので取り組んでみるといいです。

副業というと大げさに聞こえますが、片手間で1日10分もやれば、月に数万円稼げる副業もあります

特に初心者にオススメするのはセルフバックです。日々の生活に余裕を持たせることもできますし、ちょっとしたお小遣い稼ぎにも最適です。

 

また、文章書いたりデータ入力が得意ならクラウドワークスをやってみましょう!

うまくやる人は月に100万円稼ぐ人もいる手軽に稼げる副業の1つです。若いうちから取り組めばスキルアップにもつながり、就職や転職にも有利になるのでおすすめです。

 

固定費はサクッと削減しよう!

お金を貯めるために節約頑張ろう!みたいなことってよく言われると思うのですが、正直節約って毎日弁当作るとかコンセントこまめに抜くとか地味で続かないことがほとんどですよね。

では続く節約ってなんでしょうか。

それは毎回やらなくていい節約、そう固定費の節約です!

固定費の代表的なものは家賃、駐車場、携帯代、保険代などがあります。これらは一度節約することができるとそのあとずっと安い料金で使うことができるので、手間は一度でずっと節約ができるということです。

普段からの節約は続けるのが難しい!という人は固定費だけでも意識して変えてみれば普段の生活費がガラリと変わると思います!

 

 

 

22歳はまだまだこれからいくらでもお金は貯められる!

22歳なんてまだまだ人生これからです。今貯金がなくても、頑張ればいくらでも貯金できます。

22歳は若さが武器です!若いということは、他の人よりもたくさんの時間と眠る才能を持っているということです。

選択肢をたくさん増やし、将来余裕を持った生活ができるように、今のうちからお金のことを把握するようにしていきましょう!

 

25歳で1000万貯金した全ノウハウはこちら!

↓↓こちらをクリック↓↓

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。