年収300万のサラリーマンが3年で500万円貯金するための超具体的な方法

どーも皆さんこんにちは。貯金ブロガーのキック(@kikumerです。

全然お金貯まらねー!とお困りのそこのあなた!

僕は25歳の時点で特にビジネスをしたわけでもなく、貯金のみで1200万円貯金することができました。

そんな僕から年収300万円のサラリーマンが3年で500万円貯金するために何をすべきかその具体的手順をお伝えします。

 

貯金金額を逆算しよう!

手堅く目標を立てて貯金をしていく場合、一番大切になってくるのは貯金計画を立てることです。

早速3年で500万円貯めるための逆算をしてみましょう!

まず、3年で500万円貯金するためには単純に1年で約167万円貯金する必要があります。

さらにそれを月で考えると毎月約14万円貯金する必要があります。

まずはこのことをしっかりと把握した状態で貯金にのぞみましょう!

収入編

まずは収入編から把握していきます。

手取り金額を把握しよう!

年収が300万円といっても、300万円もらえるというわけではありません。

300万円の年収があったとしても、国民年金、健康保険、税金(所得税、住民税)が差し引かれ、実際にもらえる金額は年収とは異なってきます。

また、扶養親族や会社の福利厚生などによっても受け取れる金額は変わってくるでしょう。ここではあくまでも年収300万円の人が一般的にいくら手取り収入があるかということにフォーカスします。

年収300万円の手取りは231万円です。参考:手取り年収早見表より

所得税が7.7万円住民税が16.2万円社会保険料が41.1万円引かれたという計算です。

あくまで平均値ではありますが、ほとんどこれくらいの値なのでこれをもとに考えてみましょう。

 

はい、ここで勘の良いあなたなら気づいたと思います。

年間の手取りが231万円ということは、毎月の手取りは192,500円 。そして3年で500万円貯金するには1ヶ月あたり14万円貯金しないといけないので、毎月使っていいお金はなんと

52,500円!!

ちーん

ふざけんじゃねええ!!やってられるかああ!!

 

まあ、そうなりますよね汗

家賃5万円のアパートに住んだ時点で詰みです。月2500円では毎日うまい棒食べないと生きていけません。

ただ、安心してください。

確かに、この状況では毎月の生活費は52,500円に抑えなければいけませんが、この状況を簡単に挽回できる方法があります。

不労小遣い稼ぎで月3万円稼ごう!

不労小遣い稼ぎ・・・なんじゃそりゃ?すみません今僕が名付けましたw

どういう意味かというと、片手間で働かずにちょこっと小遣い稼ぎしようというものです。

副業かあ。けど、難しいことしたくないし、失敗したらお金がもっと減っちゃうんじゃないの?

 

いえいえ、副業とまではいきません。準副業とでもいいましょうか。

全くリスクのない方法でちょっとしたお金を簡単に稼ぐ方法があるんですね。いわゆるノーリスクローリターンというやつですね。

この方法で毎月3万円だけ稼ぐようにしましょう。

ちなみにここでは簡単にしか触れないので、詳しくみたい人はノーリスクで今すぐにお金が欲しい人が黙って利用すべきサービスTOP3をご覧ください。

セルフバック

セルフバックって聞いたことありますか?

簡単にいうと、広告用に出されたサイトから物やサービスを利用するだけで報酬がもらえるというものです。

例えば1万円の商品を購入するにしても、普段通りサイトで購入するのをセルフバックの会社を経由すれば、3000円の報酬を得ることができます。

これは無料のサービスでも利用することができます。例えば、楽天カード

こんな感じでセルフバックサイトに載っているので、「セルフバックを行う」から無料の楽天カードを申し込むと広告収入11000円ももらえる上に通常の楽天ポイント5000円相当をゲットできます。合わせて16000円の収入

こんな感じで、1度に1万円以上ゲットできるような案件も多数揃っているので、これを月に2回やれば毎月2万円の収入が確保できます。

やり方はいたって単純。A8.netというサイトに登録してそこから案件を選ぶだけ。

完全無料なので一度やってみてください。びっくりするくらいサクッと稼げます。
※登録の際、サイトのURLを求められますが適当でOKです

 

やり方がよくわからないって人はセルフバックって?自分への広告で稼ぐ自己アフィリエイトの仕組みとやり方に詳しく書いておきましたのでこちらからどーぞ。

メルカリ

お次は、皆さんご存知メルカリです!

メルカリは日本最大のフリマアプリで主婦層を筆頭に数々の品物をお互いに売り買いできるサービスです。

古着屋や古本屋などのリサイクルショップと違って消費者間で売買できるため、圧倒的に高値で売れます。ここで、家のいらないものをバンバン売っていきましょう。

僕の妻もこのサービスを愛用していて、毎月だいたい1〜2万円は売れています。

女性モノや子ども用品であれば30品出品すれば10品は、男性モノでも5品は少なくとも売れるイメージです。1品1000円で売れば月10000円のお小遣い収入になります。

コツも少しいるので、慣れるまでは時間がかかりますが、慣れれば月1万円くらいは簡単に稼ぐことができるので是非やってみてください。

ちなみにこれからメルカリ始める!って人は、こちらの招待コードを入力すれば最大で10000円が当たるチャンス! 最低でも50円分のメルカリポイントがもらえるのでぜひ入力してください! UBJUDN

メルカリ
メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

いらない物を売ってお金に変えるコツは以下にまとめてあります。

 

この2つの不労お小遣い収入を実践できれば、月3万円の収入は時間をかけなくても簡単に確保できます。

3年間というスパンで考えれば、108万円も稼ぐことができるのでぜひ活用しましょう!

支出編

さて、収入面はある程度目処がついたと思うので次は支出面をみていきましょう。

先ほどお小遣い稼ぎで月3万円は稼げるようになるので、毎月82,500円の支出に抑えればなんとかなりますね。うーん、それにしても厳しい汗

では月々の費用をどうやって82,500円に抑えていくか、みていきましょう!

固定費を抑える

やっぱりこれです。1にも2にも、固定費!

固定費って毎月必ずかかってくる費用じゃないですか。これは節約していく上で一番こだわったほうがいいポイントです。

  • 携帯代
  • 家賃(光熱費含む)

代表的な固定費2つです。順々に抑えて合計82,500円以内にしてもらいます。

携帯代 → 3000円以内に!!

固定費の中でも一番安く抑えやすいのがこれ!携帯代!

ちなみに今みなさん携帯代はいくらですか? え、1万円??

はい、ブーーーーーーー!!

3000円にしてください!普通のキャリア(携帯会社)つかってる人はもうやめましょう。今は俄然格安SIMです。

サクッと乗り換えて携帯代を節約してください。月7000円節約できれば3年で246,000円も節約できます!

乗り換えるならUQモバイルがオススメです。他者からの乗り換えなら、最低でも11000円のキャッシュバックがもらえるため、携帯のネックである解約金10800円が相殺されます。

申し込みもいたって単純。

今ドコモやau、softbankを使っている人は契約形態で「他者からのお乗り換え」を選択。

自分の今使っているキャリアを選択し、MNPを希望する電話番号に今の電話番号を入力。「MNP予約番号」は任意なのであとで大丈夫です。

通話料と月額の通信料に応じてプランを選びます。外で動画とか見ない限りはプランSで十分です。

あとはつけたいオプションがあれば付けます。ぼくは月額抑えたいのでどれも申し込みません。メールはGmailやYahoomailで取得できるため不要です。つけるなら安心パックくらいでしょうか。

あとは好きな機種、増量オプションの有無を選んだら料金がでます!

スマートフォンの充電器をつけて初期費用が合計で5,292円!キャッシュバックは11000円もらえるので相殺されます。

で、月額の利用料は2,138円ですよ!!やっす!!!

しかも、格安SIMのいいところは途中解約ができることです。普通のドコモやauだと、2年縛りなので途中解約すると1万円の解約料が発生するんですが、格安SIMではそれはない。いつでも解約自由です。

ちなみに本体代を先に一括で払っておけば月々の料金は842円です!最高ですね!

今の携帯代が5000円以上の人はマジで損してるのでサクッと格安SIMに乗り換えてください。今の携帯にSIMカードを入れるだけなら上記の31,212円の本体代もかからないのでむちゃくちゃお得ですよ!

 

家賃 → 5万円以内に!

携帯代を月3000円にできたところでお次は家賃です。家賃は固定費の代表例。うまく抑えられれば大幅な節約が期待できます。

毎月の予算が7万円である以上。家賃は5万円に抑えましょう。

年収300万円の人であれば相場の家賃は62,500円ですので、無理な話ではないはずです。参考:住まいのお役立ち情報

今住んでるところから引っ越しするのは難しいという人は家賃交渉してみるといいです。大家さんとの関係にもよりますが、家賃の交渉は何も悪いことではありません。ぼくも大家さんに交渉して月2000円安くしてもらいました。

目安としては、同じアパートの他の部屋の家賃をネットで調べてみるといいです。不動産は減価償却と言って、時間の経過とともに価値が下がるため家賃も下がっていく傾向にあります。新しく募集している部屋の家賃が下がっていることはしょっちゅうです。定期的に見直ししていきましょう。

ちなみに、1年以上住んでいるなら、支払い実績があるので家賃交渉も通りやすいです。

引っ越しで家賃を安くするなら固定費を抑えたい!家賃を安くするための物件の選び方に書いてますので参照ください。

光熱費 → 7000円以内に

光熱費は一人暮らしの平均が月1万円前後なので、7000円まで抑えましょう。参考:光熱費平均どれくらい?

電気代に関しては使ってないブレーカーを落とすことで、年間何千円か程度ですが節約できます。

あとはガス。2017年4月の都市ガス自由化で、プロパンガス・都市ガスの値段が大幅に節約できるようになりました。どこ選んだらいいかわからないという人は 【ガス屋の窓口】で無料相談して見てください。

最大で年間50,000円以上もガス料金節約できるため、一度は検討してみるほうがいいでしょう。

変動費を抑えよう

変動費とは固定費の対義語で、毎月変わる費用です。

食費や交通費、その他諸々の雑費を指します。こちらも順番に抑えていきましょう。

食費

やはり一番節約しがいがあるのは食費ですね。これはもう皆さんそれぞれの工夫次第でいくらでも削れます。

食費は月2万円を限度にしましょう。毎日うまい棒食べてれば余裕ですが、それでは栄養失調になるので、自炊を頑張りましょう。

ちなみに食材の購入でもセルフバックを使うと効果的です。

こちら、Oisix(おいしっくす)という食品通販会社のものですが、定価1980円をセルフバックで購入すると980円で購入できます。他にも無料モニターが届くので無料で食材がゲットできたりします。

食費は月2万円以内。外に飲みにいくのを我慢すればこれくらいは普通に節約できます。

その他雑費

あとは交通費、生活用品の購入費などですね。これは各自で抑えていくしかないですが、月1万円以内に抑えましょう。

車を持っている人は還元率の高い無料のガソリンカードを作っておくといいです。

ENEOSカードならポイントと合わせると実質ガソリン代リッター4円引きになる上に無料ロードサービスもついてきます。

3つのタイプがあるので、画面右下のカード診断で自分にあったプランを選択してください。オススメは真ん中のカードPプランです。

 

ちょっとしたことですが、こういうところからも節約していくとグッと日々の生活費を抑えていくことが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回挙げた事例だと、毎月3万円分お小遣いを稼ぎ、なおかつ毎月の生活費を82500円以内にすることで、3年で500万円貯金することが可能です。

なかなかハードに感じるかもしれませんが、ここで定めた基準値のどれか一つでも余裕を持って満たすことができれば、その他の条件を緩めても問題はありません。

例えば田舎なら家賃を3万円に抑えてその分飲み会に行ってもいいわけですし、セルフバックで月3万円稼げればその分自分の服を買ってもオッケーなわけです。

あくまで一つのプランとして参考までにしてもらい、あとは自分の生活環境、こだわりなどとのバランスを考えながら自分なりの貯金プランを立ててみてください!

 

こちらもおすすめ!

 

おまけ

最後に一つだけ。

仮にあなたが20代であったとしても、週5勤務の正規雇用で年収が300万円というのはこれから将来的なことを考えても少し厳しいと思います。よほどその職種にこだわりがあるか、気に入っているとかではない限りサクッと転職することをお勧めします。

年収アップ・ホワイト企業へ転職するのにオススメの無料サイト4選!に転職したい人が登録しておくべきサイトをまとめていますので、チェックしてみてください。全て無料で3分あれば登録できるものです。

登録しておくと、他の会社から「年収いくらでうちに来ませんか?」というオファーのメールも届いたりするので、ちょっとでも転職を検討している人は是非登録して他の企業もチェックしてみてください。

お金を貯めるということだけでみても、年収が違えば圧倒的に効率が上がります。年収が高い方が労働時間が長いということも決してないので年収が300万円の正規雇用社員は転職を検討してみるのもありですね。