子育てに貯金はいくら必要?小学校卒業までの育児に用意すべき金額

1000万貯金方法

どーも皆さんこんにちは。育児しながら貯金してるブロガーのキック(@kikumerです。

みなさん子育てにいくら必要だと思いますか?

 

さ、3000万!?

 

そうですね。一般的には子供を育てていくには最低でも1人あたり1000万〜2000万はかかると言われています。

まあもちろん、子供はお金がかかるから産むべきではないということではありません。


僕も親になって思うのですが、子供を育てる楽しさはなにものにも代え難いものがあるんですよね。

 

ただ、やはり「愛」だけで子供は育てられないというのもまた事実。

子供を育てる親は、子供が大人になるまで、はたまた子供を産んでからしばらくの間、どういうことでお金が必要になってくるかを考えたほうがいいですね。

 

幼少期のお金はほとんど必要ない


まあほぼ結論みたいな感じですが、子供が幼少期の場合、特別なことをしないもしくは起きない限りほとんどの場合お金はかかりません。

ざっと幼少期にかかる費用を並べてみました。

 

費用 いくらかかるか 詳細
出産費用 35万円~50万円/年 帝王切開の場合はだいたい+5万~10万ほど 大きい総合病院だと安いです。
ミルク代 年間8万円ほど/年 母乳がでれば要らない。
おむつ代 多くて2万円ほど/年 これは新生児の場合で、次の年はもっと減ります。
おもちゃ 2万円ほど/年 これはおそらくもらえます。子供にとっては周りのもの全てがおもちゃになりえますので無理に買う必要もありません。
服代 多くて1万円/年 これもこだわらなければ安くていいものはいくらでもあります。メルカリというアプリでは300円で5000円相当のブランド着や服上下一式なんかも普通に売られています。
離乳食代 多くて5000円/年  おかゆやうどん、野菜をミキサーにかければできますので基本お金はかかりません。
保育園料 所得によって変動 無料〜8万円まで様々

出産には40万前後(病院によって違う)かかりますが、出産一時金が42万円支給されるのでほぼ相殺できます。→出産一時金の申請方法

総合病院などの安い病院ならむしろ黒字になるくらいです。

 

これらをみてわかる通り、乳児、幼児を育てるのにほとんどの費用は手当などで相殺されます。

もちろん、児童手当を使うべきではないので、一概にお金がかからないとは言えないのですがそれでも実質のキャッシュフローは変わらないと言えるでしょう。

 

結論、用意しておくべき金額は?

僕が3歳の息子と0歳の娘を持って思う、子供が小学校を卒業するまでに用意すべき金額は

 

100万円

 

です。

 

この100万円の内訳をお伝えしていきます。

そもそも、子供が小学校卒業までにかかるであろう金額の代表例をあげてみましょう。

  • 保育園料
  • 習い事の費用
  • 食費
  • 医療費

正直子育てにかかるお金なんて小学生まではこの4種類くらいです。

もちろん健康保険料などはありますが、基本サラリーマンや公務員であれば給与天引きになっており、雇用主が半分負担してくれる(労使折半という)ため、考えなくてOKです。

これらの費用は、ケースバイケースですが、仮に年収500万円だったとして考えてみましょう。

夫 年収500万円

妻 主婦

長男 7歳 保育園料は25,000円、小学校に入ったら毎週水泳とそろばん、塾に通って月に3万円の習い事。

次男 3歳 保育園1万円(2人目はどこも安いか無料のため)小学校からは兄と同じ習い事をする予定。

保育園には長男、次男共に3年行くと仮定し、2人が小学校卒業までにかかる費用を割り出します。

これによって、

保育園料 習い事
《長男》年間にかかる費用の合計 90万円 216万円
《次男》年間にかかる費用の合計 36万円 216万円

2人の合計金額は558万円ということになります。

ヒョエーー。

ただ、児童手当は一人当たり198万円(中学3年生まで支給されたと見積もって)支給されるため

実際に手出しでは162万円がかかるという計算になります。

 

あとはもろもろの食費、病院代(病院代も子供はただのところが多いが)がかかったとして、250万円くらいで見積もっておけば大丈夫です。

子供の習い事の平均が1〜2万円/人と言われているので、かなり多めに習い事をさせていたとしても、250万円もあれば小学校卒業までは余裕があるということがわかります。

長男が3歳の時点で、100万円ほど貯金があれば、月に3万円ずつでもためていけば十分な金額になると言えるでしょう。

 

その他気にしなければならないこと

とはいえ、別に子供にかかる費用だけが家族の出費というわけではありません。

マイホームの購入を考えていたり、家族4人用の大きな車を購入しようと考えていると、必要経費はどんどん膨れ上がっていきます。

自分のライフプラン、子育てにいくらくらいのお金がかかるのかをしっかりと見極め、どこにいくら使うかを計画立てていかなければいけません。

正直なところ、素人が将来の出費を細かく予想することは難しいため、無料で相談できるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがいいでしょう。

現状の収入とこれから予想される支出を細かくシミュレーションしてくれるので、将来特にマイホームを購入することを検討されている方は是非とも無料相談窓口から相談してみてください

▼FPに無料相談してみよう!▼

普通に、家賃を払い、特に新しく大きな出費を伴う予定がなければ、100万円も貯金があれば十分子育てができると行って差し支えないでしょう。

最低限の生活費の保障を確保した上で、安心して子育てができるようになるといいですね。

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。