20代で1000万貯金する超具体的な方法を年収別にガイドするよ

年収別の貯金

どーも皆さんこんにちは。1000万貯金で脱サラしたブロガーのキック(@kikumerです。

突然ですが、

「貯金 方法」とかで調べると、いろんな情報が出てきますよね?節約はこうしろ!家計簿つけろ!副業しろ!みたいな。

けど色んなサイトを読んでいて思ったのは全ての貯金ノウハウが具体的じゃないことです。

ファイナンシャルプランナーの僕からすれば、貯金アドバイスは具体的なファイナンシャルプランニングでないと意味がないと思うんです。

なので、今回、できるだけ細かく、具体的に20代で貯金を1000万貯めたい人向けに、年収別に記事を書いてまとめました。

参考になれば幸いです。

この記事はこんな人のために書いています

将来やりたいことがあるのにお金を貯められない人

20代でどうしても1000万円貯金したい人

貯金ノウハウを調べてもいまいち何をやったらいいのかわからない人

貯金の方法を一般論ではなく、具体的に何をしたらいいのかを教えて欲しい人

 

年収別手取りとその貯金方法

貯金プランを立てる時に、まず一番最初に確認するのが今自分がいくら稼いでいるのかです。

自分の収入がわからないと、当然貯金プランも立てられませんよね?

また、人それぞれ年収はバラバラなので、もちろん生活水準もバラバラになってきます。

 

これらの人が同じような節約・貯金方法でお金を貯めるのは無理があるわけです。

なので、年収100万〜年収1000万までの人が、自力で1000万円貯めるための超具体的な方法をまとめておきます。

各年収ごとに一人暮らしの場合の手取り金額も記載しているため、それを把握しつつ自分の状況に近い記事を参考にしてください。

 

年収100万円

年収100万円といえば、一般的にはアルバイトを生業としている人が多いと思います。

大学生かフリーターの人などですね。

年収100万円で1000万貯金したいという人は、おそらくあまりいない(いたとしてもまず転職したほうがいい)と思うので、年収100万円の人はその生活水準に合わせた貯金を心がけましょう!

手取り:100万円(基本非課税のため)

 

 

年収200万円の貯金プラン

年収200万円の人というのは、かなり稼いでいるアルバイターか、収入が少なめの会社員というところでしょう。

年収200万円に関しても、一人暮らしであればその手取り金額は税金15万、社会保険料19万引かれて、年間157万円まで下がってしまいます。

この中で切り詰めながら貯金していくのはまだまだとても大変ですが、一応ギリギリのラインで無理なく貯金プランを立ててみました!

手取り:157万円

 

 

年収300万円の貯金プラン

年収300万円にもなってくると、一般的な4大卒の新入社員の平均年収(240万円)を超えてくるくらいの年収になるため、社会人2〜4年目の人が多いでしょう。

年収300万の手取りは一人暮らしで控除がない場合などには約231万円となるため、その中でどうやりくりしていくかというところが勝負になってきます。

家賃8万円とかの家に住んだ時点で詰みになるので、工夫が必要になってくるでしょう。

手取り:231万円

 

 

年収400万円の貯金プラン

年収400万円となると、一般サラリーマンの平均年収(418万円/2017年度調査)になり、年齢層は20代後半から30代中盤までと幅広くなります。

生活水準さえ下げればそれなりの金額を貯蓄できるレベルです。

手取り:305万円

 

 

年収500万円の貯金プラン

年収500万円ともなると、サラリーマンの平均年収を大きく超えた年収になるため、生活もかなり余裕が出てきます。

これは20代後半から定年退職する社員まで、幅広い層にこの年収帯の会社員がいます。

年収500万円の手取りは一人暮らしだと約377万円。

いわゆる年収500万円の生活水準ではなく、そこから下げることにより貯められる金額に大きな違いが出てくるでしょう。

手取り:377万円

 

 

年収600万円の貯金プラン

年収600万円ともなれば会社員の中ではなんと上位10%の高年収の部類に入ります


転載:転職ハック

実質このレベルになると貯金にもかなり余裕が出てくるでしょう。

この年収であれば、一般的生活水準より少し下げるだけでもかなり効率的に貯金することができます。

手取り:439万円

 

年収700万円の貯金プラン

年収700万円ともなると、全体でも上位6~7%の高所得者層に分類されます。

毎月の手取り平均も40万前後とかなり生活に余裕が出てくるでしょう。

僕も実際にサラリーマンの時ちょうど年収が700万でしたが、貯金にはかなり余裕をもって取り組めました。

僕が実際大阪で貯金していた時のペースが3年で1000万ペースだったのでそれをもとに記事書いてます。

手取り:499万円

 

年収800万円の貯金プラン

年収800万円ともなると上位2〜3%の高所得者層です。

女性で800万円以上の年収を稼ぐ人はわずか0.6%しかいません(国税庁の調査)

手取り:563万円

 

 

年収ごとのプランの立て方

この記事は年収ごとに具体的な貯金プランをまとめた記事です。

早いうちに1000万貯金したい人ができるだけ早くそれを実現させるために、具体的な貯金プランを参考に自分なりの貯金プランを立ててほしいと思っています。

もちろん1000万円貯金したから何かが変わるというわけではありませんが、事実それだけ貯金できている人は世の中にわずかしかいません。

ましてや20代でそれをできている人はわずか2.3%です。

ただ、将来どうしてもやりたいことがあったり老後に備えたいと思っていたり、早めに持ち家が欲しいと思っている人は計画的に貯金しなければなりません

貯金とは人生を充実させるためのとても有益なツールです。

是非、貯金の計画の立て方から実際の具体的行動を参考に、自分なりの貯金ライフを送ってください。

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。