一人暮らし年収400万のサラリーマンが5年で1000万円貯金するための超具体的な方法

年収別の貯金

どーも皆さんこんにちは。貯金ブロガーのキック(@kikumerです。

給料はある程度もらってるんだけど、どうもお金が貯まらないんだよなあ。

とお困りのあなた!

 

僕は、25歳の時点で特にビジネスをしたわけでもなく、学生の時のバイトとサラリーマンの時の収入のみで1200万円貯金することができました

 

貯金は目標を持って、あとはちょっとしたコツさえつかめば、誰でもできるものなんです。

今回は年収400万円サラリーマンの人が、5年間で1000万円貯金する貯金プランとその行動をお伝えして行きます。

ご自身のこれからの貯金プランの参考になれば幸いです。

 

まずは計画を立てよう!

貯金をしていくにあたって、金額に関係なく、最も大切なのが「計画」です。

毎月いくら貯金していくのか、毎月いくらの生活費に抑えるのか、そういった月単位に落とし込んだ計画を立てることで、効率的に貯金をしてくことが可能です。

これをする理由はいたって単純で

5年間で1000万円貯金してください

と言われるのと

毎月17万円貯金してください

と言われるの

どっちの方がイメージしやすいかということですね。

 

これ、気づいた方もいらっしゃると思うんですが、どちらも最終的に貯金する金額はほぼ同じなんです。

要は、いかに自分の行動に落とし込みやすく、イメージしやすくするかということですね。

 

まずは年収400万の手取り金額を把握しよう!

では早速、貯金計画を立てよう!年収400万円だから・・

 

と計算するのはちょっと待ってくださいね。まだ早いです。

 

年収400万円だからと言って、400万円もらえるわけではないんですね。

実際にもらえる金額を「手取り」と言います。

手取りとは

収入のうち、税金その他諸費用を引いた残りの、実際に手にはいる金額

 

年収400万円の一人暮らしサラリーマンの場合、引かれる金額は以下の通りです。

所得税 13.05万円
住民税 23.6万円
社会保険料 58.3万円(多少地域差あり)

参考:年周別手取り早見表

400万円ー(所得税+住民税+社会保険料)306万円

つまり、年収400万円のサラリーマンの実質の手取りは306万円!!

ということになります。

少な!!

 

扶養親族、生命保険加入はなしと考えておりますので、それらの該当がある人はもう少し手取りが増える感覚ですね。

とはいえ手取りは300万円ちょっとです。

サラリーマンは1年のうち3ヶ月は国のためにタダ働きしているという話がありますが、まさにこのことですねー。

 

毎月いくら貯金?いくらで生活すれば?

5年間で1000万円貯金するということは、1年で200万円貯金するということです。

そのためには月平均167,000円を貯金していかないといけません!

きっつ!!

 

正直周りの人を見渡しても、毎月15万円以上貯金できている人は少ないと思いますw 貯金って難しいんですよね。

 

ちなみに、年収400万円で、年ボーナスは2回(2ヶ月分)とすると貯金スケジュールは以下のようになります。

 月 1ヶ月の手取り 貯金額
1〜5月 19.2万円 115,000円
6月 57.4万円(ボーナス38.3万円込み) 425,000円
7〜11月 19.2万円 115,000円
12月 57.4万円(ボーナス38.3万円込み) 425,000円

※あくまで筆者の感覚ですので、自分で適切な配分にすることをお勧めします!

6月と12月にそれぞれ2ヵ月分のボーナスが支給されると換算します。

そうすると通常月の生活費は77,000円

ボーナス月で149,000円ということになります。

 

ひえええ!月77,000円かあ汗

 

年収400万円の人の生活レベルを月77,000円にまで下げるというのは正直難しい話ですね。

※繰り返しになりますが、あくまで自分なりの配分でやりましょう。例えば月の生活費を87,000円にして、ボーナス月を99,000円の予算にしてもいいわけです。僕はあえて、日常のサイクルを厳しくすることでボーナス月での補填をできる余裕を残しましたが、これは人それぞれです。

 

具体的に何をしていく?

ではここまでで

5年間で1000万円を貯金していくには毎月77,000円で生活していけばいいということがわかりましたね。

では、本題はここから、この金額を12ヶ月間維持していくために、何をしていくべきかを考えていきましょう!

 

とにかく収入を増やそう!

まあみなさん。

お気付きの通りです。

 

月7.7万円以内の出費なんていやちゃいます?w

 

そもそもそれができるんならこんな記事読んでねーよ!って話ですよね。

年収400万円の家賃相場は7万円前後です。参照:年収と家賃の相場(年収300万円~1000万円)はどのくらいなのか?

 

普通の家賃相場の7万円の家に住んでいたらこの時点でアウトですよね?w

 

なので、そんな時は収入を増やしちゃいましょう!

いやいや、簡単にいうなよ・・

 

まあ、収入を増やすというのにも色々ありますよね。

残業を増やすとか、成績をあげるとか。

ただ、そんなやり方では上がる金額は微々たるものですし、給料が上がるのも半年後とかになりかねません。

なので、僕はこういう場合はプチ副業をお勧めします!

副業?難しそう・・毎日忙しいし・・

 

まあ、副業って聞くと抵抗ある人もいると思います。

ただ、僕からお伝えするのは時間をかけなくてもサクッと月数万円稼げるプチ副業です。

あまり知られてはないんですが、最近はこういうのけっこう多いんですね。

なので、ネットで最近はやりの誰でも稼げるネット副業を紹介しておきます。

ただ、ここでは簡単にしか触れないので、詳しくみたい人は下記記事を参照してください!

 

 

簡単に稼げるネット副業3つ

セルフバック

セルフバックって聞いたことありますか?

簡単にいうと、広告用に出されたサイトから物やサービスを利用するだけで報酬がもらえるというものです。

例えば1万円の商品を購入するにしても、普段通りサイトで購入するのをセルフバックの会社を経由すれば、3000円の報酬を得ることができます

これは無料のサービスでも利用することができます。例えば、楽天カード

こんな感じでセルフバックサイトに載っているので、「セルフバックを行う」から無料の楽天カードを申し込むと広告収入11000円ももらえる上に通常の楽天ポイント5000円相当をゲットできます。合わせて16000円の収入

1度に1万円以上ゲットできるような案件も多数揃っているので、これを月に2回やれば毎月2万円の収入が確保できちゃいます。

すごご〜w

 

やり方はいたって単純。A8.netというサイトに登録してそこから案件を選ぶだけ。

完全無料なので一度やってみてください。びっくりするくらいサクッと稼げます。
※登録の際、サイトのURLを求められますが適当でOKです

 

やり方がよくわからないって人はセルフバックって?自分への広告で稼ぐ自己アフィリエイトの仕組みとやり方に詳しく書いておきましたのでこちらからどーぞ。

 

いらないものを売りまくろう!

毎月手軽にサクッと稼ぐためにいらないものも売ってしまいましょう!

いらないものを売ればお金になるだけでなく、ものが少なくなり精神的にも充実します。

一番代表的なのがメルカリですね。

メルカリは近所の古着屋や古本屋などの仲介業者を介さないので、比較的高値で売ることができます。

これからメルカリ始める!って人は、こちらの招待コードを入力すれば最大で10000円が当たるチャンス! 最低でも50円分のメルカリポイントがもらえるのでぜひ入力してからインストールしてみてください! UBJUDN

メルカリ
メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

ただ、メルカリも1つ1つ売らなければならないのは手間なので、まとめてガっと買い取って欲しいと言う人は買取サービスを利用しましょう。

いらない物を売ってお金に変えるコツは以下にまとめてあります。

 

 

特技をお金に変えよう!

自分の得意や好きを販売できるココナラ。気軽に「僕(私)こんなことできるよ」を商品にできます。

例えばこんな感じ!

  • 美容やメイクが得意だから悩んでる人にアドバイスするサービス⇨1回1,000円
  • ライティングができるから記事作成サービス⇨1記事5,000円
  • 英語が得意だからオンライン英会話教室⇨1時間3,000円
  • イラストが得意だからイラストを描く仕事⇨1枚5000円

 

自分がこれ得意だなっていうものがあればジャンルを問わずバンバン売ってみましょう。

多分あなたが思う以上に、あなたの能力を欲している人は現れてくれるはずです。

完全無料なのでサクッと登録してどんなものがあるのか見てみてもいいですね!

 

今紹介したネット副業も、ちゃんとやれば時間をそんなにかけなくても月3万円くらいは余裕で稼げるようになります

在宅で副業をすることによって、あまり時間をかけず月の生活に少し余裕を持たせることができます。

簡単なもの、自分ができそうなものでリスクもないものを選び、サクッとお小遣い稼ぎをしてしまいましょう!

 

徹底して支出を抑えよう!

ネット副業などで、収入を増やすことができたら、今度は支出を抑える「節約」です。

最近の副業なら収入は簡単に増やせるので、支出の限度額を77,000円+3万円で108,000円ということにします。

だいぶ現実味を帯びてきましたねw

 

支出の内訳を計算!

まず、どのような配分で支出を月108,000円に抑えていくかを考えます。

家賃(できれば実家かシェアハウス) 6万円まで
携帯料金(一人暮らしならWi-Fiは引かないw) 4000円
食費 3万円
雑費 1万円

これはあくまで僕の想定なので、自分のこだわりによって変えてみて欲しいんですが、とりあえず合計で108,000円を超えなければOKです。

かつかつな状態になることは目に見えていますが、なんとなく見えてきましたね。

まずは予算を項目ごとに設けてみることが重要です。

自分のライフスタイルに合わせて適切な予算案を決めてみてください。

 

では、この支出に抑えるために、やったほうがいいと思う節約方法をお伝えしていきます。

 

実家に住んで家賃を浮かそう

とにもかくにも、月々の出費で一番多いのは家賃などの居住費ですね。

家賃や光熱費の負担がほぼゼロで済む実家に自分の拠点をおきましょう!

実家にさえ住めれば、毎月の生活費を10万円以内にすることは簡単だと思います。

 

家賃を下げよう!

実家がどうしても無理!という人はとにかく家賃を下げることを考えましょう!

今住んでるところの家賃が6万円以上ならできればさらに安い所に引っ越す必要があるでしょう。

都会では難しいかもですが、家賃は2万円代の場所を見つけるしかないでしょう。シェアハウスなどにするのも1つです。

 

 

携帯代は3000円/月以内に抑えよう

携帯料金毎月1万円とか使ってたらもうその時点でゲームオーバー。貯金なんてできません。

今時1万円の携帯なんてノーマルプランではありえないので、乗り換えを検討することをお勧めします。

僕は今アイフォン7を使っていて月の通信制限は20Gまでは高速で使えるハイスペックですが、月々の支払いは3000円です

僕の妻なんて割引使いまくって3円とかですよw 月です。月3円w

 

うまくやればこういう方法もあるので、携帯料金はとにかく下げましょう。

面倒臭いプランの把握なんてしなくても、今は格安SIMがあるので少なくとも5000円以下には誰でもできるので、見直しはオススメです!

 

 

外食は控えよう

外食は節約の敵ですね。

ランチを外で食べると1,000円くらいは普通に使ってしまいますが、お弁当にすれば頑張れば200円で美味しくご飯が食べられます。

10回お弁当作れば8000円の節約です。これは大きい!

外回りの多い仕事であればランチは外食になりがちですが、できるだけ自分で作って持っていくようにしましょう!

 

クレカはできれば使わないようにしよう

お金の管理が苦手な人にとって、クレジットカードは天敵となりえます。

「なんだこれー!いくらでも買える魔法のカードじゃーん!」と言ってカードを使いまくってしまう人が稀にいますが、言わずもがな翌月に痛い目にあいます。

そうでなくてもクレジットカードを切っていると、自分が今月いくら使ったかを把握できなくなってしまう人は多いです

知らずしらずのうちに予算オーバーなんてならないためにも、お金の管理苦手だなあという人はあまりクレジットカードを使わないようにしましょう。

 

飲み会はできるだけ断ろう

飲み会って1日3000〜4000円くらい飛んでしまいますよね?

月の生活費予算が10万円の人にとってこの出費は痛すぎます。最悪月1回くらいで抑えてできるだけ我慢しましょう。

飲み会に行きたければ他の予算を削るか、もっと稼ぐしかありません(泣)

 

コンセント、使わないブレーカーは落とそう

コンセントなどはこまめに抜きましょう。また、使っていないブレーカーも落としておけば何千円かですが節約になります。(春や秋のエアコンなど)

1世帯あたりの待機電力(電子機器の稼働していない時の電力)は年間5000円にもなります。

(財)省エネルギーセンター 平成24年度待機時消費電力調査報告書より待機電力の内訳より上位5つ

・ガス給湯器 19%
・テレビ 10%
・冷暖房兼用エアコン 8%
・電話機 8%
・BD・HDD・DVDレコーダー6%

引用:待機電力とは

決して大きな金額ではありませんが、生活費をできるだけ抑える1つの工夫として、この方法は活用すべきでしょう。

 

コンビニではなくドラッグストアに行こう

ついつい仕事終わりにコンビニでデザート。なんてよくあるのではないでしょうか。

コンビニでは特に食品類はドラッグストアより圧倒的に料金が高めに設定してあります

コンビニの方が気軽に買い物ができる点で優れているため、料金は高めなんですよね。

 

ガス・電力の自由化を活用しよう!

電気代:家庭の電力の5%は待機電力で消費されているため、電気代に関しては使ってないブレーカーを落とすか、コンセントを抜くようにすれば年間で数千円くらいは節約できます。

また、電力の自由化で気軽に安い電力会社を選べるようになりました。電気代一括比較サービスで自分の家の電気代をいくら節約できるのか最短2分で無料診断してくれます。まだやってない人はやっといたほうがいいです。

水道代:一般家庭の水道代の60%はトイレとお風呂が占めています。お風呂では節水シャワーを使えば、年間で9000円ほど節約できます。節水シャワーが1000円前後なので費用対効果は良さそうですね。

 

ガス代:2017年4月の都市ガス自由化で、プロパンガス・都市ガスの値段が大幅に節約できるようになりました。どこ選んだらいいかわからないという人は 【ガス屋の窓口】で無料相談してください。

ガス会社を変えるだけで、年間で5万円以上も節約できる人もいるみたいです。

 

食費は月2万円以内にしよう!

家賃や他の支出とのバランスによって変わってきますが、食費は月2万円を限度にしましょう。

食材の購入は近所のスーパーで安売りの時間を狙って攻めるのもいいでしょう。

ちなみにネットで食材を購入する場合にもセルフバックを使うと効果的です。

こちら、Oisix(おいしっくす)という食品通販会社の食材セットなんですが、定価1980円をセルフバックで購入すると980円で購入できます。

他にも無料モニターが届くので無料で食材がゲットできたりします。

インターネット上のサービスを利用しながら食費を浮かせるってこともできるんですねえ。

 

 

これらの節約術を駆使して、僕は大学の頃に400万円、社会人になって2年間で総合計1200万円もの貯金をすることに成功しました(もちろんこれ以外のことも色々やりましたが)

日々のちょっとした節約、ちょっとした在宅ワークで月々の貯金額は劇的に変わります。

地道な努力を積み重ね、5年以内に1000万円貯金してしまいましょう!!

 

 

貯金1000万を確実に達成するための裏技!

ここで最後に、貯金1000万を確実に達成する貯金の裏技をお伝えしておきます。

 

それは

 

先取り貯金です!

 

まあ、知ってる人は知ってるいたってシンプルな方法ですね。

  1. まず給料講座とは別の講座を用意する
  2. 給料が振り込まれる
  3. 給料日に貯金したい金額を別口座に移す
  4. 余った金額で過ごす

 

手順は以上です。

 

なんだ、そんなことかよ。

と思われたかもしれませんが、これが一番確実な方法です。

貯金頑張るぞ!と意気込んでも人間いつかは魔がさします。

「こんだけ使っちゃお!」なんて言って予算オーバーなんてすぐしてしまうんですよ。

 

なので、自分の誘惑に負けないように「貯金専用口座」を用意してください

その口座は振込以外では一切触らない!

このルールさえ守られれば無駄なお金を使う心配も、貯金の計画が遅れる心配もありません

逆に言えば、給与口座に残ってる金額は好きなだけ使っていいんです。

 

いたってシンプルなやり方ですが、これほど効果のある貯金方法はありません。貯金を頑張りたい人は是非実践してください。

 

まとめ

この記事では年収400万円の人が5年で1000万円貯金するにはどうすればいいかをできるだけ具体的にお伝えしてきました。

ただ、この方法自体は人によっては多少難しい内容になるかもしれません。

どうしても毎週飲み会に行かないといけない、車を買う予定がある、などどうしてもお金を使わなければいけないライフスタイルの場合、ここまでの予算で節約していくのは不可能です。

 

別に目標が年間30万円貯める、50万円貯めるだっていいんです。

あくまで一つのプランとして参考までにしてもらい、あとは自分の生活環境、こだわりなどとのバランスを考えながら自分なりの貯金プランを立ててみてください!

 

こちらもおすすめ!

 

おまけ

年収400万円というのは日本の平均年収を下回っています。(サラリーマンの平均年収は420万円)

もちろんその職種にこだわりがあると言うなら別ですが、お金を貯めるための目的があるのだとしたら、もっと効率よく稼げる仕事を探すべく、転職も視野に入れておくことをお勧めします

 

下記記事に年収アップする場合のおすすめ転職サイトをまとめておきました。

無料で登録だけでもしておくと、他の会社から「年収いくらでうちに来ませんか?」というオファーのメールも届いたりするので、ちょっとでも転職を検討している人は是非登録して他の企業もチェックしてみてください。

無料登録だけしておけば、今すぐとは言わなくても人生の選択肢を広げておくことができます。

お金を貯めるということだけでみても、年収が違えば圧倒的に効率が上がるのは間違いありません。

貯金の方法を工夫することも大切ですが、せっかくなら効率のいい稼ぎ方も一緒に模索していきましょう!

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。