年収100万の一人暮らしアルバイターが1年間で50万円貯金するための方法

年収別の貯金

どーも皆さんこんにちは。貯金ブロガーのキック(@kikumerです。

全然お金貯まらねー!とお困りのそこのあなた!

僕は25歳の時点で特にビジネスをしたわけでもなく、学生の時のバイトとサラリーマンの時の収入のみで1200万円貯金することができました

そんな僕から年収100万円のアルバイターが年間50万円貯金する具体的な計画の立て方、すべきことをお伝えします。

 

まずは計画を立てよう!

貯金をしていくにあたって、金額に関係なく、最も大切なのが「計画」です。

毎月いくら貯金していくのか、毎月いくらの生活費に抑えるのか、そういった月単位に落とし込んだ計画を立てることで、効率的に貯金をしてくことが可能です。

これをする理由はいたって単純で

  1. 毎年50万円の貯金をしてください
  2. 毎月42,000円貯金してください

どっちの方がわかりやすいかということですね。

自分のやらなければならないことをよりイメージしやすくするために、計画を立てる。というのが計画を立てる目的となります。

 

年収100万の手取りは?

まず、計画を立てる上で、正確な金額で計算できるようにするため、手取り収入を計算します。

手取り収入とは

収入のうち、税金その他諸費用を引いた残りの、実際に手にはいる金額

年収100万円、といっても実際には税金や保険料が引かれ、手元に受け取れる金額は少し減ってしまうんです。

なので、正確に自分の手元に入ってくる金額を把握しましょう!

 

年収100万円のアルバイト収入であれば(社員でも同じですが、社員で年収100万なら即転職しましょうw)税金、社会保険料は基本かかりません

え?じゃあ手取りも100万円なんじゃねえの?

 

ほとんどの場合そうだと言って過言ではないのですが、厳密にいうと健康保険料、住民税は少しかかってきます。

健康保険料に関しては、年齢、地域や世帯人数によって変わります。

一人暮らししていた場合の健康保険料という計算にすると、月々の健康保険料は

2,284円 となります。


参考:国保の自動計算サイト

ちなみに住民税も、均等割と言われる収入があるほぼ全ての人にかかってくる税金が年間5000円なので、住民税も5000円となります。

 

つまり、年収100万円のアルバイターの実質手取りは

967,592円

ということになることが分かりますね。

 

年齢や地域差でも違いが出るため、あくまで参考までの数字になりますが、ほとんどの場合大きくはありませんので、このくらいと考えてOKです

ちなみに、学生や親の扶養に入っている人は健康保険料や住民税を親が払ってくれている場合がほとんどです。その場合は手取り収入を100万円と考えてしまってもいいかもしれませんね。

また、年金を払っているという人は、特に他に収入がないのであれば免除申請できますので申請することをお勧めします。(これも親の扶養に入っていたら免除できません。学生は免除可能です日本年金機構HP

 

毎月いくら貯金?いくらで生活すれば?

では実際、毎月いくら貯金していけば50万円貯めることができるのでしょうか。

この計算自体は、多分誰でもできると思うので細かい説明は省きますね。

年間50万円ってことは50万円➗12ヶ月なので

毎月41,700円

の貯金できればクリアできます。

 

いくらで生活していけばいいかの金額も出してみましょう。

先ほど計算した、年間の手取り収入967,592円から、50万円を引くと467,592円です。

467,592円➗12ヶ月は

38,966円

毎月4万円弱の生活費に抑えることができれば、1年間で50万円貯金ができるということになりますね。

結構きついw

 

具体的に何をしていく?

ではここまでで

毎月41,700円を貯金する、そのためには月39,000円以下で生活すればいいということが分かりましたね。

では、本題はここから、この金額を12ヶ月間維持していくために、何をしていくべきか考えていきましょう!

まずは徹底して支出を抑えよう!

支出を月39,000円以下に抑えるのは、普通に生活している人であれば並大抵のことではありません。

 

実家に住んで家賃を浮かそう

とにもかくにも、月々の出費で一番多いのは家賃などの居住費ですね。

月々39,000円以内で抑えなければならない人にとって、家賃を支払ってる時点で詰みですw

家賃や光熱費の負担がほぼゼロで済む実家に自分の拠点をおきましょう!

 

家賃を下げよう!

実家にはどうしても住めないという方は、なんとしてでも家賃を下げましょう!

理想は3万円以内です。

今住んでるところの家賃が4万円以上なら年間50万円貯金するのが不可能になってしまうので、できるだけ安い所に引っ越す必要があります。

都会では不可能ですが、家賃は2万円代の場所を見つけるしかないでしょう。シェアハウスなどにするのも1つです。

 

 

携帯代は3000円/月以内に抑えよう

携帯料金毎月1万円とか使ってたらもうその時点でゲームオーバー。貯金なんてできません。

今時1万円の携帯なんてノーマルプランではありえないので、乗り換えを検討することをお勧めします。

僕は今アイフォン7を使っていて月の通信制限は20Gまでは高速で使えるハイスペックですが、月々の支払いは3000円です

僕の妻なんて割引使いまくって3円とかですよw 月です。月3円w

うまくやればこういう方法もあるので、携帯料金はとにかく下げましょう。

面倒臭いプランの把握なんてしなくても、今は格安SIMがあるので少なくとも5000円以下には誰でもできますよ。

 

 

ガス・電力の自由化を活用しよう!

電力の自由化、ガスの自由化が適用される地域は多くなってきました。

各電気会社、ガス会社を比較し、より料金の安い会社と契約するようにしましょう!

ガス会社で、どこを選んだらいいかわからないという人は ガス屋の窓口で無料相談してみてください。

最大で年間50,000円以上もガス料金節約できるため、一度は検討してみるほうがいいでしょう。

 

外食は控えよう

月間39,000円に抑えようとしてる人が外食なんてしてたら、貯金なんてできるわけないだろーーー!ってことですw

お昼のランチなど、美味しお店はたくさんあって、ついつい立ち寄ってしまいそうになりますよね。アルバイト仲間の人と一緒にランチに行こうってことにもなるかもしれません。

そこは我慢です。お弁当作りましょう。

 

水筒を持ち歩こう

暑い夏の日は特に、自動販売機がオアシスに見えますよね。

ただ、それもチリも積もればです。バカにならない。

年収100万のアルバイターにとって、缶ジュースも決して安い買い物ではないのです。

水筒を持ち歩くようにしましょう!

仮に2日に一回の飲み物代を我慢できれば、年間2万円強の節約になります。大きいですね。

 

クレカはできれば使わないようにしよう

僕は基本的にクレカ推奨派なのですが、正直アルバイトをしている人は現金主義の方がいいと思います。

理由は自分のお金を把握できなくなるからです。

クレジットカードを使っている人は経験あると思うんですが、翌月の引き落としの時に「え?こんなにくるの?」ということってよくありますよね。

クレジットカードは引き落としが翌月になる、使った月のお金は減らないことによって、自分がお金を使ったという感覚になりにくいんですね。

お金の管理が得意な人はいいですが、家計簿なんてつけられないという人はクレジットを使うのはやめてしまうのが得策です。

 

飲み会はできるだけ断ろう

飲み会って1日3000〜4000円くらい飛んでしまいますよね?

月の生活費はなんども言いますが39,000円です。

この出費は痛すぎます。最悪月1回くらいで抑えてできるだけ我慢しましょう。

飲み会に行きたければもっと稼ぐしかありません(泣)

 

コンセント、使わないブレーカーは落とそう

コンセントなどはこまめに抜きましょう。また、使っていないブレーカーも不要です(春や秋のエアコンなど)

1世帯あたりの待機電力(電子機器の稼働していない時の電力)は年間5000円にもなります。

(財)省エネルギーセンター 平成24年度待機時消費電力調査報告書より待機電力の内訳より上位5つ

・ガス給湯器 19%
・テレビ 10%
・冷暖房兼用エアコン 8%
・電話機 8%
・BD・HDD・DVDレコーダー6%

引用:待機電力とは

決して大きな金額ではありませんが、生活費をできるだけ抑える1つの工夫として、この方法は活用すべきでしょう。

 

コンビニではなくドラッグストアに行こう

ついついバイト終わりにコンビニでデザート。なんてよくあるのではないでしょうか。

コンビニでは特に食品類はドラッグストアより圧倒的に料金が高めに設定してあります。

コンビニの方が気軽に買い物ができる点で優れているため、料金は高めなんですよね。

 

事実、近年コンビニエンスストアがドラッグストアに価格競争により追い上げられてきています。

 

 

食費は月15,000円以内にしよう!

月39,000円で行きていくには、とにかく食費を抑えなければなりません。

家賃や他の支出とのバランスによって変わってきますが、食費は月15,000円を限度にしましょう。

食材の購入は近所のスーパーで安売りの時間を狙って攻めるのもいいでしょう。

ちなみにネットで食材を購入する場合はセルフバックを使うと効果的です。

こちら、Oisix(おいしっくす)という食品通販会社の食材セットなんですが、定価1980円をセルフバックで購入すると980円で購入できます。

他にも無料モニターが届くので無料で食材がゲットできたりします。

インターネット上のサービスを利用しながら食費を浮かせるってこともできるんですねえ。

 

結論、支出の内訳は?

これはあくまで僕の想定なので、自分のこだわりによって変えることはできますが、とにかく合計39,000円に抑えてみました。

家賃(できれば実家かシェアハウス) 2万円まで
携帯料金(一人暮らしならWi-Fiは引かないw) 3000円
食費 15000円
雑費 1000円

うーん。

不可能ではないんだけど、厳しいのに違いはありませんね。

次の条件になる人は必然的に不可能になりますね

  • 車持ち
  • 都会で一人暮らし
  • 自費の電車移動必須

車はガソリン代以外にも車検や自動車税、任意保険料などもあるため、車がある時点で生活費を4万円以内におさえるのは不可能ですね。

都会で一人暮らししてる人で家賃2万円代はまず無理です。

この条件に当てはまってる人はまず目標を見直すか、仕事をもっと稼げる職業に変えましょうw

 

 

それでもダメなら収入を増やそう!

あらゆる節約方法を試してみたとしても、支出がどうしても5万円を超えてしまう。

ということもありますよね。

正直毎月支出39,000円以下に抑えるとか拷問ですよ。仮にできたとしても我慢のしすぎで病気になりかねません。

そんな時は収入を増やしちゃいましょう!

 

年収100万円のアルバイターが年間50万貯めるにはこれしかありません。

 

今回、僕からはプチ副業を紹介しておきます。

 

副業かあ。けど、難しいことしたくないし、失敗したらお金がもっと減っちゃうんじゃないの?

 

いえいえ、副業とまではいきません。プチ副業です。

副業のイメージって、FXや株などの投資、ブログなどのウェブメディアを想像しがちですが、そんなリスクもスキルも時間も必要なく、サクッと月数万円稼ぐ方法はいくらでも転がってます。

僕も色々やったので、その中でも特に簡単ですぐ稼げるものをお伝えしておきます。

ちなみにここでは簡単にしか触れないので、詳しくみたい人は下記記事を参照ください!

 

 

セルフバック

セルフバックって聞いたことありますか?

簡単にいうと、広告用に出されたサイトから物やサービスを利用するだけで報酬がもらえるというものです。

例えば1万円の商品を購入するにしても、普段通りサイトで購入するのをセルフバックの会社を経由すれば、3000円の報酬を得ることができます。

これは無料のサービスでも利用することができます。例えば、楽天カード

こんな感じでセルフバックサイトに載っているので、「セルフバックを行う」から無料の楽天カードを申し込むと広告収入11000円ももらえる上に通常の楽天ポイント5000円相当をゲットできます。合わせて16000円の収入

1度に1万円以上ゲットできるような案件も多数揃っているので、これを月に2回やれば毎月2万円の収入が確保できちゃいます。

すごご〜w

 

やり方はいたって単純。A8.netというサイトに登録してそこから案件を選ぶだけ。

完全無料なので一度やってみてください。びっくりするくらいサクッと稼げます。
※登録の際、サイトのURLを求められますが適当でOKです

 

やり方がよくわからないって人はセルフバックって?自分への広告で稼ぐ自己アフィリエイトの仕組みとやり方に詳しく書いておきましたのでこちらからどーぞ。

 

いらないものを売りまくろう!

毎月手軽にサクッと稼ぐためにいらないものも売ってしまいましょう!

いらないものを売ればお金になるだけでなく、ものが少なくなり精神的にも充実します。

一番代表的なのがメルカリですね。

メルカリは近所の古着屋や古本屋などの仲介業者を介さないので、比較的高値で売ることができます。

これからメルカリ始める!って人は、こちらの招待コードを入力すれば最大で10000円が当たるチャンス! 最低でも50円分のメルカリポイントがもらえるのでぜひ入力してください! UBJUDN

メルカリ
メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

ただ、メルカリも1つ1つ売らなければならないのは手間なので、まとめてガっと買い取って欲しいと言う人は買取サービスを利用しましょう。

いらない物を売ってお金に変えるコツは以下にまとめてあります。

 

 

この2つのプチ副業を実践できれば、月2~3万円は簡単に稼げるようになります。

お小遣い程度でいいので稼いでみると、月の生活にも余裕が出てきて、より50万円貯金が現実味を帯びてくることでしょう!

 

まとめ

この記事では年収100万円の人が1年で50万円貯金するにはどうすればいいかをできるだけ具体的にお伝えしてきました。

ただ、この方法自体は正直難しい内容であることも間違いではありません。

別に目標が年間10万円貯める、30万円貯めるだっていいわけです。

あくまで一つのプランとして参考までにしてもらい、あとは自分の生活環境、こだわりなどとのバランスを考えながら自分なりの貯金プランを立ててみてください!

 

こちらもおすすめ!

 

おまけ

最後に一つだけ。

仮にあなたが20代であったとしても、1年間働いて年収100万円という仕事は決していい仕事ではないと思います

もちろんその職種にこだわりがある、短期的にやっているだけと言うなら別ですが、お金を貯めるための目的でしているバイトなのだとしたら、もっと効率よく稼げるアルバイトをしたほうがいいでしょう。

下記記事にアルバイトもしくは正社員希望の転職で、オススメのサイト、アルバイトをまとめてます。

登録しておくと、他の会社から「年収いくらでうちに来ませんか?」というオファーのメールも届いたりするので、ちょっとでも転職を検討している人は是非登録して他の企業もチェックしてみてください。

お金を貯めるということだけでみても、年収が違えば圧倒的に効率が上がります。

効率のいい稼ぎ方を模索していきましょう!

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。