地方の大学生が就活の交通費を稼ぐorタダで済ませる、超画期的な4つの方法

20代キャリア・就活

▶︎今の年収が適正かどうか測定したい人はMIIDAS(ミイダス)で無料測定してみよう!

▶︎20年卒の就活生はLINEで簡単に説明会応募ができるLINEで就活【digmee】に登録しとこう!

▶︎転職を考える人は年収と口コミが完全可視化されている10万件の企業口コミ。キャリコネに登録しておこう!

どーも皆さんこんにちは。ブロガーのキック(@kikumerです。

はい、今回は地方の大学にいる貧乏学生が一番悩まされるであろう就職活動の際の交通費についてです。

僕は地方の大学(高知大学)に在籍していましたが、僕の周りの友人は、大阪や東京で就職活動をするときに毎度毎度交通費を大量に使っていました。

ただ、そんな中、僕は交通費を1年間の就活でほぼ使わずに就活をすることができたんですね。

今回は、どうしてもかかってくる就活の交通費をタダにできる2つの画期的な方法についてお伝えしたいと思います。

就活の交通費ってマジでバカにならんよね…

 

地方の大学生の就職活動で何が一番だるいって、交通費ですよね。

日本の地方大学生が就活に使う平均交通費はなんと20万円だそうです!!参考:MY就活ネット

これなら、金なし学生は地方でそのまま就職しようかなって思いますよね。まあそれはそれでいいんですが。

僕の友達なんか一人、ガチで50万円使った人がいました(笑)逆にやる気がありすぎるのもどうなんだかって感じですね。

今日はそんな地方の大学生に耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。

まあちょっとハードル高いかもなものもありますが、固定概念にとらわれず、やっちゃえばかなりお得ですよ!

交通費を稼ぐ方法!

まずは交通費を稼ぐ方法から!

就活の交通費は突如必要になってきますから、

  • 単発でサクッと稼げる
  • 移動中でも稼げる

などが適していると言えますね。

特に地方の学生は、就活で都会に行く際は泊まりになるため、シフトに融通が利くというのも非常に重要なポイントになるはずです

単発・派遣バイトをする!

すぐに稼げてかつ、シフトに融通がきくバイトは単発か派遣のバイトでしょう!

単発は日雇いなどの非雇用労働です。

1日だけシフトに入ってさくっと稼げるので、就活で忙しくなってきたらこちらの手段は王道でオススメです。

日雇いで一番コスパがいいのは間違いなく治験のバイトですね。

治験は他のバイトとは違って、短日で数万円稼げるという特徴があるため、サクッとまとまったお金が欲しくなる就活生にはオススメです!

少し怖いイメージのある治験ですが、実際に行って検証してきた記事も載せておきますので参考にして見てください!

 

 

ただ、治験をやっている地域は限られていて、タイミングもまちまちです。

予定が合わないという方は派遣バイトもおすすめです!

 

派遣会社に登録しておけば、基本毎週なにかしらのバイト情報が送られてきます。

そこで予定もあってかつ自分がやりたいバイトだけを選んで応募することが可能です。

こちらもメリットデメリットまとめてあるので参考にどうぞ!

 

難易度低めの在宅ワークでサクッと稼ぐ

ただ、日雇いのバイトも言ってしまえば単発に過ぎず、時間も取られるので、一度就活で使ってしまえばそれで終わりです。

特に地方の学生は、できれば移動中の新幹線の中とかでお金が稼げればそれに越したことはないですよね

なので就活生が交通費を稼ぐには在宅ワークをお勧めします!

まさに移動中に移動費を稼ぐ!という発想です!面白い!←自分で言うなw

 

しかし、多くのネットを使った在宅ワークはスキルの向上などで時間がかかることが多いです。

なので、短時間でできてかつ稼ぐまでにそこまで時間がかからない仕事をお勧めします!

個人的にはライター業でもいいですし、セルフバックでお小遣い稼ぎするのが一番早いかなと思います! 

 

交通費を”タダ”にする方法!

さて、就活生が交通費を稼ぐ方法をお伝えしてきました。が!

結局お金がナンジュウマンもかかるのって嫌ですよね。

 

もしこれが、タダになったら嬉しくないですか??w

就活で交通費がかからなかったら!

そんな話あるわけない!と思うかもしれませんが、実際に僕は大学時代、高知県から大阪や東京までしょっちゅう就活で出かけていましたが、使った金額は5万円ほどです。

何往復かは実質タダで移動しました!

なぜこんなことができたのか、その方法をお伝えしていきます!w

対策1.交通費支援制度を悪用!

悪用って響きはよくないですが、この方法はもうすでに気づいている就活生は何人かやってるんじゃないでしょうか。

というのも特に大企業とかは面接など(会社説明会ではちょっと無理ですが)の選考時に交通費を支給してくれるところが多いんですよ

そこを利用すればいいということです。

 

どういうことかというと、

  1. 交通費を支給してくれる企業の面接が決まる
  2. 同時に、周辺の興味がある企業、周辺で説明会を開いている企業に片っ端からエントリーする

ということ。

 

要するに交通費を支給してくれる企業をダシに使うんです!(また言い方悪いw)

 

これ、別に悪いことでもなんでもなく、賢い就活生はみんなやってます。

僕は一回だけそういう企業が2つ被った時がありまして、あんなのいちいち確認なんてしませんから、二回分の交通費もらっちゃいました(コラー!笑)

まあここまで外道じゃなくてもいいので、こういう優良企業は利用したほうがいいです。くそ真面目にその企業だけ受ける必要はないんですよ。賢くいきましょう!

 

また、そういった交通費支給の有無は就活サイトで確認することができます。

ちなみにお勧めはdigmeeという就活サイト。

LINEで登録できて、かつ就活情報からエントリーまで全てLINEで完結します。

合同説明会への申し込みや情報収拾で消耗することもなく、友達とメッセージのやり取りをする延長線上でできるのでとても便利です!

 

対策2!やっぱヒッチハイク!!

そう、やっぱり一番手っ取り早いのはこれですよ!(笑)

はあ?って思われる方、これめちゃめちゃいいですよ!?

だってゼロ円で行けるし、楽しいし!・・・・・・・・・

 

え? お前みたいにバカじゃないからそんなことできないって?

けどバカのほうが得するんだからいいんじゃないですか。

僕の場合だと高知大学から例えば大阪に行くとすると、夜行バスなら往復1万円電車だと2万円余裕で超えますから、ほんとバカにならんです。

僕は3回ほどヒッチハイクで行ったんですが、これで要は最低3万円は浮いているわけです。

もっと言うと、ヒッチハイクしてるとご飯奢ってもらえたりもしますよ(笑)なのでご飯代も節約できます(ゲスw)

あと、これはたまにですがお金も貰えます。僕はある人に「もー家まで電車で帰れ」と言われて3,000円もらいました。家まで1,000円なのに…

 

まあこんなの狙ってもあれですが、交通費が浮くのは金なし学生にとって魅力的なのは間違いないはずです。

出会いも素晴らしいし、もっと言えば結構吹っ切れるので就活でもビビりにくくなると思います。

まあ、中々難易度は高いかもしれませんが、最初さえ勇気を持てば、あとは慣れます。

就活が終わるころにはヒッチハイクマスターになっているかもしれません(笑)

今ちょっとでもやってみようかなと思われた方は、ヒッチハイクのコツを別記事で書いとりますので、またよかったら見てください。

 

やっぱり工夫が大事!

就活の交通費ってホンットばかになりません!

授業とかもある人ならてんやわんやで、金は飛ぶは授業はやばいわで、これじゃあ行きたい企業なんて見つかりませんよ!

 

何事でもそうですが、自分が得をするためには工夫することが大事です。~は仕方がない。と思っていては何もいい方向へは進まないですよね。

もしかしたら今紹介した方法以外でも、もっと簡単に交通費を浮かせるような画期的な方法があるかもしれません。ていうかあると思います。

あったら教えてくださいw

とまあ、そんなこんなでこの記事を読んで、どちらの方法でもいいのでやってみようという方がいれば嬉しいです♪ 絶対やってよかったと思えるはずなので!

ではでは。おしまい♪

就活でいろんな業界受けたいならdigmeeマジでおすすめ!

ちなみにお伝えしておくと、いろんな業界受けたい学生が登録しておくと便利なのがdigmeeという就活サイトです。

自分の希望条件などを入力しておくと、LINEからオススメの企業情報を送ってくれるんです。

digmeeのサービス内容
  • LINEを通じて選考会・イベントを見つけられワンタップで応募が可能!LINE限定配信情報あり!
  • 複数社の選考を一度に受けられるイベントを開催。更に、役員以上や大手限定参加など目的にあったイベントをWEB限定で掲載!
  • 人事との模擬面談などあなたの目的に合わせて面談が可能!また、イベント開始前にGD練習会もあり!

基本的にはまだどういう会社に行こうか決まっていないという就活生、選考を1社ずつエントリーするのが面倒な学生におすすめです。

LINEで幅広いジャンルの企業を紹介して、かつ一度で複数の会社を受けられる選考をワンタップで応募できるからです。

登録も1分で終わるので、今年就活でいろんな企業を見てみたいと思っている学生はさくっと登録しておきましょう!

\簡単1分で登録!/