お金がない!となってもなんとかなる人・ならない人の5の特徴

大学生 お金

お金がないいいいい!!!!ま、けどなんとかなるか。。。

楽観的な人はとかく、このように考えがちですよねw

僕も学生時代に口座の残高がマイナス30万円になったことがあり、多少焦ったのですが「ま、なんとかなるべ!」と思っていました。

しかし、実際にそこから巻き返し、見事大学卒業時には200万円。25歳で夫婦で1200万円ものお金を貯めることに成功しました。

こうして貧乏学生から、ある程度お金に余裕のある生活までを経験してきて、1つわかったことがあります。

それは、お金がない!と危機的状況に一度なっても、なんとかそこから立ち直れる人とそうでない人がいるということです。

これは僕自身の経験だけでなく、学生時代にみてきた人たちや社会人になってからみてきた人たちの中でもいえることでした。

今日は、お金がなくてもなんとかなる人の特徴、またなんとかならない人はどうしていけばいいのかをお伝えしていきたいと思います。

記事を読むメリット

  • 自分のお金がなくなったときになんとかなるタイプかならないタイプかがわかる
  • お金がなくなってしまったときのための、お金を集める方法がわかる
  • お金がなくなったときに向けて対策を立てられる

 

お金がなくてもなんとかなる人の5つの特徴

「お金がなくなってもなんとかなる人でありたい!」

みんなそう思いますよね(笑) 僕もそう思います。

いきていく上でお金は大切ですが、かといってそれに縛られるのも嫌じゃないですか。

では実際に、お金がなくてもなんとかなる人とは一体どんな人なのでしょうか。

 

周りからの信用がある

お金がなくても大丈夫な人の特徴で、間違いなく言えるのは

「信用がある」

ということです。

 

信用がある人は本当にお金がなくて困った時、周りの人が助けてくれます。

考えてみてください、あなたがとても信用している人間がお金に困っているところを。

 

なにかしてあげたくなりません?(笑)

 

これは僕自身の話なのですが

仲が良く、とても信用のある友達が

「やりたいことがある!でもお金がなくてマジで困ってる」と言っているのを聞いた時、僕もそんなにお金を持っている訳ではないのに、速攻で5万円貸しました(笑)

 

その時すぐにお金を貸すことができたのはやはり「信用がある」からだと今でも思います。

周りからの信用がある人にはとてもお金が集まりやすいです。

 

キングコング西野さん、堀江貴文さんはお金と信用の関係について

「お金は信用を数値化したもの」

と言っています。

 

信用でお金は集められるけど、お金で信用は買えない。

これがお金の本質なんですね。

借金をするという意味だけでもなく、シンプルにその人に信用があれば、お金は自然と集まってくる仕組みになっています。

また、その信用の指標も様々で、SNSのフォロワー数や社会的な影響力なんかも信用があると捉えることもできます。

 

お金がなくなった時に即行動できる

お金がなくなった!やばいやばいやばいどうしようどうしようどうしよう

 

こんな感じで慌てふためいている人がなんとかなる気がしますか?

 

なんとかなりません(笑)

 

お金がなくてもなんとかなる人は行動力があります。

焦りながらも、お金を

  • あつめる
  • かりる
  • つくる
  • かせぐ

などの選択をし、ピンチから脱出します。

 

なんとかなる人は危機感を感じつつ、冷静に状況を判断し、どうやってお金を得るかを考えるのです。

例えば今月、貯金が底をつきそう!ピンチ!!

となった時、「まあ、なんとかなるかなあ」とほったらかしにするのではなく、「よし、在宅で稼げる手段がないか調べてみよう!」と考えて調べたりすることができるわけです。

そういうことができるかできないかで、その人がすぐなんとかできる人かできない人かが変わってきます。

今のお金がないという現状は自分が動かない限り変わりません。都合の悪いことから目を背けていると、どんどんドツボにはまっていきます。

あなたはすぐに行動できる人ですか?

 

逆算で考えられる

物事を結果から考えて、逆算し、今何が必要なのかを考える能力が高い人は、お金がなくなってもなんとかなる可能性が高いです。

 

お金をこの方法で生み出したい。

そのためにはこの能力が必要。

じゃあ今はこの作業をするべきだ。

 

このようにして

お金を得るまでの道筋を考えられ、そこから今すべきことを逆算できる人は

何においても成功する確率が高まります。

 

僕自身、25歳で1200万円貯金するまでに、何が一番大切だったかといえばそれは「逆算力」です。

お金を計画的に貯めたり、管理したりするのはいかに正確な計算で逆算できるかにかかっています。

逆にこれができなければ、スタートラインにも立てません。

 

結果を求めたいなら、逆算して考え、今何をすべきか考えましょう。

 

逆算については詳しくこちらの記事に書いています!

関連記事:大学生が1年で100万円貯金するためにやった超具体的な5つの方法

 

人脈がある

信用がある人と似ているのですが、

「人脈がある」

というのもなんとかなる人の特徴です。

広い人脈を持つ人はお金がなくても

その知り合いの中に、ご飯をご馳走してくれる人、寝床を提供してくれる人がいる可能性が高いです。

 

なぜなら、人脈を持つ人は人コミュニケーション能力が高いので、多くの人がその人自身に「楽しい、おもしろい」という価値を見出し、お金が集まりやすいからです。

 

広い人脈を持っていることは今の時代において思っている以上に効果的なのです。

 

物事をポジティブに考えられる

これは決して「お金がないけど、まあいっか、あははは」という意味ではありません。

「お金がないということをチャンスとして捉えることができる」ということです。

 

  • お金がないからここからお金持ちになるまでの過程をブログにしてみよう
  • お金がないからプロ奢ラレヤーさんみたいに自分のブランドを作ろう(二番煎じだと難しいですが…)

 

簡単な例ですが、上記のようにポジティブな方向に持っていくことのできる人は

お金がなくてもなんとかなります。

人生ポジティブ思考大事ですよ!お金がなくても楽しくいきられますし、ポジティブに行動できる人のところに結果的にはお金が集まります。

 

お金がない!となってもなんとかならない人の5つの特徴

お金がないいいい!

っていう状況に陥った時、なんとかなる人もいますが、逆にならない人もいます。

そういう人はお金に困りやすい状況に陥りやすいため、注意しておきましょう!

 

信用がない

もう信用がない人は正直厳しいですね(笑)

先ほどいいましたが、お金は信用を数値化したものなので、シンプルに考えると信用がない≒お金がないということになります。

 

信用がない人は利己的だったり、嘘をついたり、と自分の態度に問題があることが多いです。

そういう人にお金を払って何かをお願いしたり、物を買ったりしようとは思いませんよね。

シンプルに言い過ぎかもしれませんが、信用≒お金です。

お金を貯めるのも大事ですが、それよりももっと他人からの信頼、信用を貯めましょう。

 

プライドが高い

お金がないことを周りに言えない、周りの人に素直にお願いできない、そんなプライド高い人はなんとかなりにくいですね。

一人で問題を抱え込んでしまうと、その問題がより大きくなってどうしようもなくなってしまうケースが多々あります。

変なプライドは捨てて、人に頼れるということも、貧乏のスパイラルに落ちないための対策ですね!

 

また、プライドが高く、質素な生活をすることにも抵抗がある場合、お金がない生活はそのままもっとお金がないという負のサイクルに陥ってしまいます。

 

くだらないプライドは捨てましょう。

人に頼ってなんぼ、助けてもらってなんぼです!笑

 

我慢できない

お金がなくても、ショッピングやコンビニでの無駄な買い物を我慢できない人は結構います。

(カード使えば、来月の引き落としになるから大丈夫!)

とか思ってたら、絶対にいつか身を滅ぼしますよね(笑)

 

我慢ができずにさらにお金を使ってしまうのなら、

  • カードを持たない
  • 現金だけを使う

などのマイルールを設けて、我慢する努力をしましょう。

 

もちろん何でもかんでも我慢していたらストレスを溜め込んでしまいますので、気分転換も大切ですが、月にどれくらい使っても大丈夫なのかなどあらかじめ計算した上で取り組むようにしましょう!

自分にはお金がないということをきちんと自覚することがお金を貯めることへの第一歩です。

 

誘いを断れない

「この後、飲みに行こう!」

「一緒に食事しましょう。」

人とのコミュニケーションはめちゃくちゃ楽しい、

でもお金がなければ、お金を得るまである程度の誘いは断らなければいけません。

 

いつまで経っても、お金に余裕があった時と同じように誘いに乗っていたら、

ずっとお金がないままです。

 

本当に重要なこと以外は断るようにしましょう。

 

危機感が全くない

お金がなくなったのに(まあ、なんとかなるっしょw)と楽観的な人は多いです。

正直これは全然問題ないです。

 

一番問題なのは全く危機感を持てていない人です。

お金がないのに固定費を削らない、経費を見直さない、お金を手に入れる方法を考えない、

こういったお金にルーズで危機感を持てない人はかなり危険です。

 

自分は本当にお金がない、と自覚して危機感を抱きましょう。

 

お金がない!という危機的状況をなんとかするための方法

もらう(polca)

polcaと

「みじかな友だち同士で始める、フレンドファンディングアプリ」

です。

簡単に言うと、

クラウドファンディングの敷居を低くして、

もっと気軽にお金のコミュニケーションをしようというサービスです。

お金を募集している人のことが気になったら、すぐにお金をあげることが出来ます。

実際にpolcaのアプリで企画を見てみると

  • お年玉ください
  • Macbook Proが欲しい
  • 北海道に行きたいので交通費をください

こういう感じのフランクなものが多くあります。

 

今は思っている以上に「個人にお金が集まる時代」になっています。

信用のある人が本当に困った時にSNSで呼びかけると

いろんな人に支援してもらえるかもしれません。

 

借りる

あまり使いたくない手法ではありますが、本当にピンチならばお金を借りましょう。

  • 親族
  • 友人
  • 金融機関

など、貸してくれる人は多くいるかも知れませんが、きちんと考えて借りましょう。

家族にお金を借りると、お金が家族関係を悪化させるかもしれません。

友人からお金を借りると、お金が今の関係を壊すかもしれません。

金融機関にお金を借りると、そのお金が人生を壊すかもしれません。

 

先ほどのpolcaとは違い、「借りる」という行為で得たお金は「借金」です。

金利や返済の予定を計画的に立て、慎重に行動しましょう。

 

さくっと在宅ワークで稼ぐ!

在宅ワークってスキルとかがないとできないって思いますよね。

けど案外スキルがなくても月に数万円稼げるものもけっこうあったりするんですよね。

詳しくは別記事に書いているので、実際に見てできそうなものから手をつけてみてください!

 

 

まとめ

お金がなくなってもなんとかなる人は

  • 信用がある
  • 広い人脈を持っている
  • 行動力がある
  • 逆算で考えられる
  • ポジティブな思考を持っている

 

なんとかならない人は

  • 信用がない
  • プライドが高い
  • 我慢できない
  • 誘いを断れない
  • 危機感が全くない

 

という特徴を持っています。

 

あなたはなんとかなる人、なんとかはならない人、どちらでしたか?

なんとかならない人の特徴に多く当てはまったとしても、落胆しないでください、

お金をある程度維持すればいいだけです!

 

ただお金を浪費してお金がないというのは良くないですが、

お金のことで悩みながら生きることはもっと良くないです。

 

ありがたいことに日本にいる限りお金がなくて死ぬという可能性は低いです。

お金に固執し過ぎずに明るく生きていきましょう!

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。