借金をする女性の特徴4つ!借入の理由と解決策を徹底解説!

借金

借金を婚約者に言ったらどうなるんだろう・・・

今ある借金をなんとかしたい・・・

といったことでお悩みの女性の方は多いのではないでしょうか。

化粧品、服、エステ代など、女性は男性よりも出費のタイミングが多く、数えだしたらキリがありません。

一時しのぎのつもりで借金に手を出した結果、「こんな金額返せない」といった額まで膨らんでいたなんてことはよくある話です。

当記事では、女性の借金事情について以下のようなことを解説していきます。

□この記事を読んでわかること
  • 女性が借金をしてしまうありがちな理由
  • 借金を放っておくことのリスク
  • 借金を解決する方法4つ
  • 借金をした女性のリアルな体験談

実際に借金をした女性の事例ものせているので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは見ていきましょう。

この記事を書いた人

ウォーター

新卒で入社した人材業界の会社で2年間勤務。在職中に飲み会・旅行などの交際費が足りなくなりカードローンで借金50万円。その後ニート(泣)

現在はなんとか借金問題は解決し、フリーサンスとして独立。

\完全無料!/

女性で借金をしている方はどれくらいいる?

実際に借金をしてる人の数は多い?少ない?

まずは、日本で借金をしている女性がどれくらいいるのか見ていきましょう。

クレジットカードの読みものによると、消費者金融やカード会社(一定収入がある人しか借りられない金融機関)に借金がある人の人数はざっと1500万〜1800万人ほどとのこと。(日本信用情報機構による公的な数字は1100万人)

そして、借金をする人の三割が女性であるということを考えて計算すると、女性の約15人に1人が消費者金融などで借金をしているという計算になります。(※この金額は公的なものではなく、あくまで筆者が客観的に計算した数字であり、正確性には不十分な点があります。)

きっく嫁
15人に1人なので、職場にいる女性の中にも1人、2人は借金をしている人がいるかもしれませんね

※詳しい算出方法はこちら

女性の借金理由をランキング形式で発表!

きっく嫁

それにしても、女性はなぜ借金をしてしまうのでしょうか。

ここからは女性が借金を作ってしまう理由を、多い順に紹介していきます

1.買い物による浪費

女性の借金理由で一番多いのが、買い物による浪費です。

この記事を読んでいる人の中にも、買い物でストレスを発散しているという方はいるのではないでしょうか。

そうでないとう方も、服・カバンや化粧品など、高いものを買うことで気が晴れるという方は注意が必要です。

買い物に依存してしまうと、なかなか抜け出すのが難しいです。

また、特に女性は高い買い物だけでなく「ラテマネー」にも気をつけなければなりません。

<ラテマネーとは>

喫茶店でラテを購入するときのように、毎日何気なく使っているお金のこと。

そういった日々の浪費の積み重ねも、家計の収支に影響します。

2.生活費の補填

生活費が足りなくなり、一時的なつもりで借金をするというパターンです。

手取りが少ない中から家賃・光熱費・通信費・各種税金を引かれ、残るお金はほとんどないなんていう方も多いのではないでしょうか。中には奨学金を払わないといけないという方もいるかもしれません。

きっく嫁
また、化粧品や、美容院代なども考えると更に家計を圧迫します。

筆者も新卒で入社した会社は最初の半年間手取り14万円ほどでした。更に飲み歩くのが好きだったので一気にマイナスになり、借金へ、ドボン!

収入はそう簡単に増えるものではないので、一度借りてしまうと返せなくなってしまうのが借金の怖いところです。

3.旅行・レジャーでの浪費

旅行やレジャーで借金を作ってしまう方も多いです。

所属しているコミュニティによっては、毎月旅行にいってしまうという方もいるかもしれません。

旅行は、リフレッシュに最適。日々の鬱憤やストレスを忘れられるとてもいい機会です。

しかし、1回に飛んでいくお金も相当なもの。

往復分の交通費+レジャー代+宿泊費、更にはお土産代。安く見積もっても3万円ほどは飛んでいってしまいます。

きっく嫁
旅行・レジャー代が家計を圧迫するレベルの負担になっている方は抑えるべきです。

4.ギャンブルでの浪費

男性に比べて数は少ないですが、それでもギャンブルによって借金を作る女性は非常に多いです。

きっく嫁
「借金 女性」で調べて出てくるブログの中には、結構な割合でギャンブル関係で200万円以上の借金を抱えている女性のブログが混ざっています汗

実際、筆者がアルバイトしていたパチンコ店にもかなりの数の女性の常連さんがいました。

「退屈だから」「彼氏がやっているから」

と、軽い気持ちで始めがちなギャンブルですが、一度ハマってしまった人が抜け出すのはかなり大変です。

また、日本のギャンブルを代表するパチンコの還元率は85%なので、仮に10,000円を投入して帰ってくる見込み金額は8,500円になります。

長く続ければ続けるほど損をしていきますので、家計が苦しい人は手を出さない方がいいですね。

【関連記事】:パチンコで借金地獄…!借金解決への3ステップ

借金をしてしまう女性の特徴・共通点って?

きっく嫁
女性の借金の理由について見てきましたが、どういった女性が借金をする傾向にあるのでしょうか?

続いて、借金をしてしまう女性の特徴と共通点について解説していきます。

1.収入が低い

国税庁が平成28年に発表したデータによると、20〜24歳の女性の平均年収は254万円です。

この数字は、男性の299万円と比べてとても大きな差があります。

25〜34歳の女性でも306万円ほど・・・。

女性の場合、産休などがあることを見越して非正規雇用の割合が男性と比べて高いことが原因として挙げられます。

給与自体が低いと、少しでも遊んだり、高いものを買っただけで即マイナスへ転じる恐れがあります。

当然の話ですが、給料が低い人の方が借金をする可能性がグンと上がります。

2.周りの人間にお金を持っている人が多い

自分が属している人間関係は、自分の支出に大きな影響を与えます。

遊び好きで毎週飲み会の計画を立てたり、毎月旅行の計画を立てる人がいる場合。

美容・ファッションに強いこだわりがある集団に属している場合 。

これらのコミュニティに低収入で属していると、それにお金を使うのが当たり前に感じてしまい、どんどん浪費をしていきます。

きっく嫁
「周りに合わせないと仲間外れにされてしまうんじゃないか・・・」という不安も影響してしまいますね汗

3.流されやすい

人間関係の話にも共通しますが、何かを誘われた時にしっかりと断れない人は借金をしやすい傾向にあります。

旅行やレジャーを誘われた時、飲み会の出欠をきかれた時、本当は断るべきなのに思わず「行きます!」と答えてしまうんですよね汗

他にも彼氏にギャンブルを勧められた時、借金の保証人を頼まれた時など、断るべきところで断れない女性は借金を抱えてしまいがちです。

きっく嫁
いい人ほど損をする!というやつですね汗

4.支出の管理をしていない

毎月自分が使っているお金を把握していない方も多いです。

家賃、光熱費などの固定費、ついコンビニで買ってしまう雑費、交際費など、事細かに記録するのはとても面倒なんですよね。

筆者も借金をしていた当初、なんとなく確認するのが怖くて支出に全く目を向けていませんでした。

しかし、把握していないお金をコントロールすることはできません。

出て行くお金を抑えたいなら、支出を管理するのはまずやっておきたい事の1つです。

【超簡単ズボラ貯金!】家計簿のつけ方は毎日続けないのがコツ!

2018年5月28日

借金を放っておくと起こりうるリスク!

女性が借金をしてしまう理由・特徴を見てきましたが、借金を放っておく事でどのような事態になってしまうのでしょうか。

きっく嫁
ちょっと怖いですが見て行きましょう

1.交際相手に見限られる

借金が交際相手に知られてしまうと、その時点で関係が破綻になってしまうことがあります。

債務整理の森によれば、婚約者に借金があることが発覚した場合、

ひとまずは結婚を延期する31%

破談にして別れる11%

全体の40%以上がとりあえず結婚を考え直すという回答をしています。

また、気にせず結婚するはわずか1%という結果に。

確かに、これから何十年も一緒に暮らして行く相手の金銭感覚がおかしいと判明したら、一歩引いてしまうかもしれませんね。。

きっく嫁
借金問題が交際関係に何かしらの影響を与えることは間違いなさそうです

2.精神的に病んでしまう

借金が膨れてくると、頭の中は常に借金のことでいっぱいになり、日常生活に支障をきたすようになってくる方も多いです。

「どうやって返して行こう」「風俗とかやるべきなんだろうか」

など、何をしていてもお金のことを考えてしまうようになります。

また、「借金をしてしまう自分はダメな人間だ」と思い込むようになり、自己肯定感が下がってしまう方もいます。

筆者も借金をしていた時は仕事中も、遊んでいる時も常に頭のどこかに「借金」がつきまとい、物事に集中できない日々が続きました。

3.自転車操業に突入してしまう

収入が低いまま借金を続けていると、次第に返済するお金が足らなくなり、

A社の返済をB社で借りたお金で返すという「自転車操業」に突入してしまう恐れがあります。

こうなってしまうと、金利が2重、3重と重なるため、猛スピードで借金が膨らんでいきます。

50万円ほどの借金が1年で200万円を超えていたなんていうこともよくある話です。

きっく嫁
いわゆる「多重債務」という形です。この状態になってしまったら、早めに手を打つ必要があります!

女性の借金を解決する方法4つ!

放っておくとさまざまなリスクに見舞われる女性の借金。

きっく嫁
解決策にはどういったものがあるのでしょうか?

ここからは女性の借金の解決方法を紹介していきます。

1.人間関係を改める

毎週飲み会に誘ってくる友達、旅行に誘ってくる上司などがいる場合、その方たちはあなたとは金銭感覚が合わない可能性が高いです。

お金の使い方が合わない人と行動を共にする場合、経済のレベルが高い方に合わせられてしまいがち。

高いお店に入ろうとする時「ちょっと私今月お金なくて・・・」と言えない方なんかは、思い切ってそのコミュニティから離れていくという選択を取ってしまった方がいいかもしれません。

2.ギャンブル・買い物依存の改善

ギャンブルや買い物に依存してしまっている方は、普通の生活の人の何倍もお金を浪費してしまうことになります

しかし、1度ハマってしまうと脳の仕組みが組み替えられてしまい、抜け出すのは非常に大変です。

解決策としては、完全に断つことですが、自力でそれをできるかって言われると難しいですよね・・・汗

身近な人に相談する・心療内科へ行くのが現実的な解決策です。

本当に悩んでいる方はこちらの依存症対策全国センターにて全国の相談窓口、医療機関を探すことができますので、活用してみてください。

きっく嫁
とにかく誰かに相談するのが一番です!
きっく
僕らの場合は断捨離をストレス解消の趣味にしているので、物を減らしてお金が増える断捨離でストレス解消できるのはとても気分がいいです

【関連記事】:貯金の極意は断捨離にあり!物を捨てる4つのメリットと売るコツ

3.副業などで収入を増やす

当然と言えば当然ですが、収入を増やすことで返済額を増やすことができるので、借金問題の解決に繋がります。

借金は早く返せば返すほど無駄な金利を払わなくてもよくなるので、収入を増やして早期に返すというのが理想です。

筆者もずるずる長引かせて何十万円の金利を払ってしまいました汗

きっく嫁
とはいえ、現状働いている方がシフトを増やしたり、掛け持ちをしたりするのは体力的に長続きしないので、おすすめなのは在宅ワークです。

【女性・主婦向け副業】高収入在宅ワーク・バイトまとめ!バイトより断然稼げる!で女性向け在宅ワークの方法を詳しく解説していますので、気になる方は実践してみてください。

4.借金額が多い場合は債務整理

借金額が多い場合(50万円or収入の3分の1を超える場合)は迷わず債務整理をするのをオススメします。

すでに知っている方も多いと思いますが、債務整理は任意整理、個人再生、自己破産の3種類。

簡潔に説明すると

任意整理払いすぎた金利を元本から差し引いて借金を減らす+今後の金利をカットし、原則3年ほどで支払い
個人再生借金を原則1/5ほどに減らし、3年ほどかけて支払い(官報に掲載)
自己破産今ある借金を全てゼロに(家財の差し押さえ、職業の制限、官報に掲載)

※官報とは国が発行する広報誌のこと。掲載されても一般人が確認することはない。上記のどれを行なってもブラックリストは登録されます。

きっく嫁
債務整理を自分がした方がいいかどうかは借金解決診断で簡単に確認できます

借金で首が回らなくなっている女性がするべきなのは「任意整理」

借金を減額できる可能性がある+今後の金利を全てカットすることが可能です。

また、任意整理であれば家族や知人に知られずに債務整理が可能なので、人間関係を傷つけることなく借金問題を解決できます。

きっく嫁
女性スタッフだけで構成された女性専門の事務所もあるので、1度相談してみてください

【関連記事】:債務Ladyの債務整理を評判と口コミから徹底解説!

また、任意整理ってなに?っていう人は任意整理の仕組みとメリットデメリットを徹底解説で解説しているので、見てみてください。

\完全無料!/

実際に借金をしていた女性の体験談!

実際に借金を体験していた人のリアルな話が聞きたい・・・

ということで、借金経験のある女性に当ブログにてアンケートを行いましたので、紹介いたします。

ギャンブルにハマってしまった女性

35歳女性(借金当時は23歳)

借金額:100万円ほど

Q.借金をした理由とその時の状況を教えてください。

A.資格試験の勉強をしようと資格の予備校に通うことにしたのですが、その時に分割払いはアプラスを使って欲しいということでアプラスに入りました。
利用しなければ何でもなかったのですが仕事で嫌なことがありギャンブルに嵌ってしまい、お金を借りているという意識がなくなるほどどんどん借金をしてしまいました。
その後借金が嵩んでこのままでは返済できない状況になったので他にお金を貸してくれる消費者金融を探したのですが、その時にアイフルの宣伝を見て良いと思い申し込みました。
ですので先ず23歳の時にアプラスに加入してカードローンを手に入れて、その後アイフルに申し込んでカードローンを手に入れました。

Q.借金問題をどのように解決しましたか?

A.借金は雪だるま式に嵩んでいきこのまま普通の仕事をしていても返済できないと考えて、仕事が終わった後夜の仕事をしました。
元本と利息を含めると相当な額に上ったのですが、利用限度額ギリギリまで借りた後はお金を借りずにコツコツ返済しました。
そのおかげで3年以上時間はかかったのですが何とか無事に完済することができました。

Q.過去の自分にアドバイスするとすればどのような事を言いたいですか?

A.消費者金融からお金を借りる場合利息が付くと言うことをもっと知るべきで、その額は予想以上に大きく返済するのが難しくなります。
ですので嫌なことがあってもお金を借りてギャンブルをしてストレスを発散することなく、他に趣味を見つけるべきです。
お金を借りるほどつまらないことはないですしお金の価値をもっと知るべきで、どんなことがあっても借金をするなとアドバイスしたいです。

きっく嫁
夜の仕事でないと返済に回せなくなってしまうというのが自転車操業の恐ろしいところですね・・・壮絶なお話です

買い物依存症になってしまった女性

42歳女性(借金当時は35歳)

借金額:150万円ほど

Q.借金をした理由とその時の状況を教えてください。

A.精神的に不安定な時期に、買い物依存症になってしまいました。特に必要ではないブランド物の洋服、鞄などを買い漁るようになってしまいました。お店に入ってしまうと、何か買わなければいけないという強迫観念に駆られ、高い商品ばかりを購入してしまいました。ですがフリーターで貯金はすぐに底をつきました。それでも買い物がやめられず、キャッシングするようになりました。利子が増えていくばかりで、返済する目処が一切立たず、借金が膨らんでいきました。

Q.借金問題をどのように解決しましたか?

A.フリーターで収入も少ないのに、分不相応なブランド物ばかりを買いあさり、支払いは自力で出来ず、利子ばかりが増えていく…毎日焦り、不安な気持ちでした。こんな不安な気持ちを感じながら生活するくらいなら、ブランド物なんていらないと冷静になり、購入したブランド物を質屋に入れたり、ブランド買取の店へ持ち込み、資金を作りました。それだけでは足りなかったので、恥ずかしながら親に支援してもらいました。

Q.過去の自分にアドバイスするとすればどのような事を言いたいですか?

A.借金は破綻の始まりです。一日中借金の事を考え、焦りと不安に常に襲われます。そんな生活は楽しいですか?人間らしい暮らしではないのです。そんな代償を払ってまで買いたいものは、本当に必要な物なのか、冷静に考えてみて下さい。

きっく嫁
家族に借りるという選択はためらってしまいがちですが、高い金利を払わなくて済むので賢い選択であると言えます

彼氏にお金を求められていた女性

26歳女性(借金当時は24歳)

借金額:100万円ほど

Q.借金をした理由とその時の状況を教えてください。

A.当時付き合っていた彼氏がパチンコ、スロットのみならず競馬や競艇などのギャンブルが大好きで、嫌われたくない一心で催促されるのを断れなくなって自分の貯金が底をついてからキャッシングで借り入れをし、彼にお金を渡していました。私は当時(現在もですが)フリーターで自分の生活費もままならないのに彼にお金を貸していたのは浅はかだったと思いますが、彼の「きっと全額絶対に返すから」の一言を信じて健気に尽くしていました。

Q.借金問題をどのように解決しましたか?

A.最初はキャッシング5万からだったのですが、気がつけば全額で100万少しを借り入れている状態で、これはまずいと思い、彼に返済を迫りました。しかし「今日もう少し突っ込んでたらあと少しで勝てた。手持ちがなくなってた。お前があと1万貸してくれてたらな。」との返答でこれはもうダメだと思い、彼の家族と会社に連絡をとり取り立てました。

Q.過去の自分にアドバイスするとすればどのような事を言いたいですか?

A.借金を申し込んでくる人間のほとんどは、借金を返すあてやつもりが無いのに適当なことを言ってお金を借りようとするので、そういう人間を信用しないようにする事と、お金の安心は心の余裕に繋がるのでお金がかかると思ったらすぐに切り捨てることを覚えることをアドバイスしたいです。

きっく嫁
彼にお願いされて借金という方は意外と多いようです

まとめ

女性の借金事情を解説してきました。

返せる見込みがある中で一時的に借金を利用するという形であれば、借金はとても便利なものです。

しかし、多くの女性は「低収入」「ギャンブル」など、一時的でない理由で借りてしまうことが多いため、借金が長引いてしまいます。

まずはさっきも書いたように、人間関係と出費の見直しをして「借金を返せる体制」をつくること。

また、一人で解決していくのが難しいという人は友人や家族、クリニックなどに相談するようにしてください。

一人で抱え込んでいると、本当に不安で借金のことしか頭に浮かばなくなります汗

きっく嫁

それでも返済が難しそうであれば、なるべく早めに債務整理をするようにしましょう。

抱えている借金が半額になったりゼロになったりすることもあるので割とおすすめです!

【関連記事】:任意整理の仕組みとメリットデメリットを徹底解説

\完全無料!/