大学生がクレジットの返済を滞納してブラックリストに乗る原因と対応策

大学生 お金

【この記事はそんな方々に向けて書いております】

  • 学生だけど、クレジットカード作って大丈夫?返済が滞るとどうなる?
  • クレカの返済が毎月大変で、返済地獄に陥ってどうしていいかわからない。
  • 毎回滞納してしまっているけど、ブラックリストとかに載ってるのか不安。

 

クレジットカードは現金がない時にお金をカードで払えるとても便利なカードです。

しかしその反面、簡単に借金できてしまう機能もあり、お金の管理ができない人にとってはある種恐怖のカードとも言える側面を持ちます。

かくいう僕もクレカの返済を滞納しまくって、リストに乗せられてしまった経験があります(苦笑)

本日はそういった経験も踏まえ、クレジットカードの返済を滞納するとどうなるか、また滞納してしまった後どうすればいいのかについてお話していきます。

 

そもそもクレジットカードとは?

クレカの脅威を語る前に、そもそもクレカってなんぞや、というところからお話ししていきます。

それくらい知ってるよ、カードを提示すれば、自由に買い物とかができて、翌月に引き落とされるやつでしょ

 

まあ待ってください。

確かにそれがクレジットカードのメインの機能なのですが、クレカの機能はそれだけではありませんよ。

普通に使うだけではあまり意識することのない様々な機能がクレジットカードには存在します。

 

クレジットカードの有用性

クレカの有用性は、買い物をカードで済ますことができるだけではありません

 

まず、ネットで買い物をするときには、いちいちコンビニなどで振り込む手間が省け、ネットのボタン一つで買い物ができます。

それだけでなくポイントが溜まったり、クレカで決済の場合割引がついたりすることもあります。

特にガソリンスタンドなどは、クレカでリッター2円引きなどとしているところも多くありますよね。

クレカは今や生活に欠かせないアイテムの一つと言えます。

 

キャッシングとは

クレカには、キャッシングという機能がついています。

簡潔に言うと、クレジットカードの信用をもとにお金を借りることを言います。

キャッシングは銀行のATMなどで借りることができ、これをするとすぐに手元に現金を作ることができます。

その代わり、借金ですのでもちろん利子がつきます

また、クレカには必ずキャッシング枠というものが設定されており、キャッシング枠が10万円だとすると、10万円以上は借りれない、ということになっています。

どうしてもお金が必要な時に、前借りという形でお金を借りることができますよーということですね。

 

カードローンとは?キャッシングとの違い

カードローンって言葉もよく聞くけど、あれはキャッシングとは違うの?

 

カードローンとは、クレカとは別に、カードローン専用のカードというものがあり、そのカードを使って金融会社から現金を借り入れることを言います。 

機能はクレカのキャッシングと同じく、金額の枠が設定されており、その枠以内、例えば枠が10万円なら、10万以内であればいくらでもいつでも借金することができるということです。

ただ、クレカに付属する現金借り入れ機能のことをキャッシングと呼び、カードローン専用のカードで借金をすることとは別とされています。

借金をする経路が違うので呼び名も違う、ということですね。やってることはほぼ同じです。

キャッシング
  • 普通のクレカでできる
  • 海外で利用できる
  • 金利が比較的高い

 

カードローン
  • 専用のカードがある
  • 審査がある
  • キャッシングと比べ、比較的金利が安い

 

リボ払いとは

クレカの標準装備されている昨日に「リボ払い」というものがあります。

リボ払いとは、クレカで決済した金額を、翌月に全額支払うのではなく、決済額に関わらず一定額で支払うことができるサービスです。

例えばリボ払いの額を3万円に設定していたとすると、7万円分クレカで決済したとしても、翌月の支払いは3万円で済むということです。残りは来月に持ち越しとなります。

これも金利は大きめです。

 

分割払いとは

分割払いとは、決済した額を分割して数カ月にわたり返済していくという方法です。
何回払いかも自分できめることができます。

だから例えば、6万円の物を決済し3回払いとすると、翌月から3か月間、月2万円+金利が引き落とされるというわけです。

決済時に「一括ですか?」と聞かれるのは、一括で払うのか、分割で払うのかを問うているのですね。

もちろんこれにも金利が付きますので、基本的には分割払いを利用する人は少ないです。高額な物をカードで購入したりしない限りは使わない方がよいでしょう。

 

大学生がクレカの返済を滞納するとどんなことが起きる?

こういったキャッシング、カードローンを利用。または通常のカードの引き落としに現金が足りなかった場合、借り入れをしたことになります

そして指定の期日にもお金を用意できず、返済しなかった場合滞納したことになります

大学生がクレジットカードの滞納をした場合、どうなってしまうのでしょう。

学生でもリストに載るのか、載るとどうなってしまうのでしょうか。

 

僕も学生のころ、かなりクレカの返済を遅延し、リストに載せられたことがあります。

なのでここに関しては、僕の経験も交えて説明していこうと思います。

 

学生でもカードローンを滞納するとブラックリストに載る?

基本的にブラックリストには学生であるとか社会人であるなどに関係なく、載るときは載ります。まあ個人の信用のことなので当然と言えば当然です。

なのでたとえ学生時代にブラックリストに載ったとしても社会人になって収入が安定したらチャラ、などということはなく、どういった状況でもブラックリストに一度載ってからは約5年は、そのペナルティが継続します。

 

ブラックリストに載るとどうなる?

ブラックリストに載ることによる主なペナルティは

  • 金融機関からお金を借りられなくなる
  • クレジットカードが使えなくなる

この2つです。

このペナルティは約5年間継続します。

クレカを作れなくなると家賃の支払い、駐車場、会員制のクラブ、ネット上の買い物などなど、クレジットカードでの決済が必須な主に継続課金型などのサービスの決済ができなくなってしまうので非常に不便です。

学生の時ならまだいいのですが、社会人になってからもこれは継続するので、生活にかなり支障をきたすようになります。

また、リストに載ってから約5年間、家や車などを買うときにローンを組もうとしても審査に通らないようになります。

結婚して家族をもって家を買いたい、車を買いたいと思ってもなかなかできない、ということになってしまうわけですね。

 

キャッシングで滞納するとブラックリストに載りやすい?

特にキャッシングだからブラックリストに載りやすい、などといったことはないのですが、キャッシングをする人はかなりピンチな場合が多いので、それに応じてブラックリスト率は高くなるようです。

キャッシングやカードローンを利用する前の対策も必要ですね。

また、大きな延滞がなくとも、小さな延滞を何度も繰り返していると、ブラックリストに載りやすい場合があります。

 

ブラックリストに載るまでの流れ

それでは実際に何をして行くとブラックリストに載ってしまうのか。その流れを実体験を踏まえてお伝えしていきます(笑)

まず、どこまで遅延したらブラックリストにのってしまうのかというところですが

①引き落とし期日に、口座のお金が不足し、引き落としに失敗すると、まずカード会社からハガキが届きます。

「今回は○○円、引き落としができませんでしたので振込みお願いします」的なハガキですね。

 

②それを無視していると、次は電話がかかってきます。

まずは「いつ頃振り込めますか?振込みよろしく」的な軽い感じで終わるのですが、それを無視していると、だんだん言い方がきつくなってきます。

 

③最終的には「明日までに入金いただかないと信用情報に関わります。いつまでに振り込めます?振り込めない事情がありますか?」的な感じでしっかり取り立ててきます。

僕も学生時代に一度クレカの支払いができない状況に陥ったことがあり、ここまでは経験済みなのですが、
その時は次の日までにお金をどうしても用意できず、その信用情報とやらを甘んじて受ける形になりました。

ただ、その1年後に40万円相当のローンを組むことができたので、ブラックリストには載っていないのかもしれません。

 

④そしてそれでも滞納を続けていると、次は督促状なるものが届くそうです。

それでも支払いをしなければ、ブラックリストに載る、ということになります。また、こういった順序でなくても小さな延滞を繰り返していると、ブラックリストに載りやすい。といったこともあるようですね。

 

結局どのくらい何をするとリストに載る、といった基準は公開されていません

カード会社も脅し文句として「いつまでに返済しないとブラックリストに載りますよ」と教えてくれますが、僕が守らなくてもブラックリストではなかったので問題ないようでした。

なのでギリギリラインを攻めよう!なんて考えてると逆にうっかりリストに載ってしまうなんてこともあるかもしれませんのでここは慎重に、早めに返すよう心がける方がいいと思います。

ちなみに、自分でブラックリストに載っているか確認することは簡単にできます(後ほど「信用情報の確認方法」にて詳しく説明します)

 

クレジットカードで借金滞納した時の解決策!

クレジットカードでの買い物をした場合の返済は、来月までに全額返さなければならないといった場合が多く、それが延滞を招いてしまいやすい原因でもあります。

大学生がクレジットで滞納してしまったときの解決策について、お話いたします。

 

クレカの任意整理は学生でもできる!?

学生でも任意整理をすることで、借金の減額等を望むことができます。

任意整理とは一口に言うと、債務整理の一つで、弁護士などの専門家に依頼することで、借金の減額を図ることをいいます。

特に学生は知識も経験も希薄なので、借金が膨れ上がったりなどして困っているのならとにかく専門家に相談したほうがいいですよ。

借金相談窓口などもあるので、とにかく気軽に一度電話などしてみてはいかがでしょうか。

 

大手金融会社で借り入れをし、コツコツ返す

どうしても返済期日に間に合いそうにない、などといったときは、とりあえず大手金融機関から一旦お金を借りる、というのも一つの手です。

親に借りることができるのならそれが一番いいのですが、親に言いずらい、頼れない、と言ったときには大手を頼りましょう。とくに、最初の借り入れでは、最初の一か月は無利子で融資してくれることもあります。

僕はプロミスで10万の借金をした経験がありますが、最初の一か月は利子が付きませんでした。アコムやプロミス、カードローンでも、多少条件は違えどそういった制度はあるようです。

だから、とりあえず大手金融会社から借金をし、クレカを返済してから、翌月までに大手の方の借金を返せば、利子は払わずに済むということも可能になります。また、翌月までに返さなくとも、利子はつきますがコツコツと返済していくという方法もあります。

ただこの方法は、借金を返すために借金をするという事なので危険です。

その場しのぎにすぎないということに注意が必要です。

この方法をやるからには現状のままでは状況が悪化する一方であり、債務(借金返済の義務)がいくらあり、収入がいくらで、どうすれば返していけるのか、自分でしっかり整理することが重要です。

 

\初月は無利子!/

 

信用情報の確認方法

今まで、「ブラックリストに載る、載らない」といった表現をしていましたが、本来ブラックリストに載るということは要するに、信用情報に事故情報が載る(信用情報に傷がつく)ことであって、実際にそういったリストは存在しません。

そして、自分の信用情報を確認することは簡単にできます。

まず、CICというサイトで信用情報開示の申し込みを行います。すると、確認したい情報が郵送により自宅に届きます。手数料は千円程取られますが、これだけです。

過去に延滞したことがある。審査に通らなかった。ブラックリストにのっているか不安だ。という人は、一度利用してみるのもいいでしょう。

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。