個人事業主の確定申告に帳簿は絶対必要!?税務調査のリスクと対策

節税

個人事業主は帳簿って付けないといけいないの!?ぶっちゃけ付けなくてもいいの!?どっち!?

そう疑問に思うことってありますよね?

実際に公的には帳簿はつけないとだめとは聞くけど、先輩や同僚には「別につけなくてもいいよ。バレないし」と言われています。

さて、どっちが正しいのでしょう。

今回は前職の関係で2年間にわたり2000人近くの個人事業主の確定申告のサポート(記帳代行)をしてきた僕が、個人事業主の確定申告に帳簿は必要なのか、また、必要ならどうやってつけていけばいいのか。についてお伝えしていきます!

記事の最後でも紹介いたしますが、経費の仕分けが面倒!!という人は【会計ソフトfreee(フリー)】を使ってみてください!帳簿と経費の計算を初月無料、翌月からも毎月980円で計算してくれます。まずは無料お試し版で使ってみて、経費の計上の仕方を学んでみましょう!

個人事業主に帳簿は必要?

結論から言います!

残念ながら、

帳簿は必要です!!

がびーん!最悪。読む気なくしたわ
きっく
まあまあそう言わずにw汗

H26年の1月1日より、税制改正(税金のルールの改正)によって全個人事業主に記帳が義務化されました。これによって、原則少しでも売り上げのある個人事業主は、帳簿をつけなくてはならなくなったんですね

まじか。そんなルールの改正しなくていいのに・・

そうですね。ただ、実際は業種に限らず、各個人事業主での脱税が顕著に問題視され出したため、国税庁も全ての個人事業主に帳簿を義務化したという背景があるようです。

きっく
ちょっと難しく考えてしまう人は、真面目に納税しろ!そのために帳簿つけろ!という国からのお達しが来たと考えてくださいね。

ぶっちゃけバレない場合がほとんど

じゃあなんで個人事業主の先輩やフリーランス仲間は「帳簿なんてつけなくても申告できるよ」っていうの?

そう、ここが帳簿の義務化の落とし穴です。

そもそも確定申告(2月16日〜3月15日までに税務署に去年1年間分の所得や税金を申告する行為)をするときには帳簿がチェックされることはないんですね

で、いつつけていないことがバレるのかというと、税務調査という調査が行われたときなんです。

税務調査ってなに?

税務調査とは

税務調査(ぜいむちょうさ)とは、徴税機関が納税者の申告内容を帳簿などで確認し、誤りがあれば是正を求める一連の調査手続をいう。 wikipediaより引用

もっと噛み砕いていうと、税務署の職員がみなさん個人事業主がちゃんと確定申告してるかチェックする調査のことです。これに引っかかると帳簿の提出が求められるため、バレてしまうことが多いんですね。

ただ、実際にこの税務調査もよく入られるのかというと、そうではなく、せいぜい1%~2%くらいの確率です。

ほとんどの(小規模)個人事業主は税務調査の経験をすることはないので、結局バレないから帳簿なんてつけなくてもいいという発想になるんですね。

きっく
ま、バレないんだったらシートベルトしないでいいや!って発想と同じですね

帳簿、つけないとどうなる?

では実際に帳簿つけてなかったことがバレてしまった場合、どうなってしまうんでしょうか。

実際に、税務調査で帳簿をつけていないことが発覚した場合、基本的には経費が否認されてしまいます。

要は、経費100万円で申告していたのに、その半分が否認されたり、はたまた全部が否認されてしまうかもしれないということです。

そうなってくると、何十万円という罰金を課せられることになり、とても悲惨な結果になることもしばしばです。

実際に税務調査では、一人当たり24万円追徴されたというデータもありました。全国的に所得などの申告漏れによる追徴(罰金のようなもの)が年間5,000億円あるといわれています。

ひょえええ!毎年5000億円の罰金て・・汗

また、一度調査を受けるとその年だけでなく、最低3年は遡られ、場合によっては5年、7年とさかのぼって調査が行われます。税務調査で1年間で20万円の罰金(追徴)とすると、7年遡られると140万円の罰金(追徴)を受ける可能性があるんですね。

まだまだ多くの人に入られているわけではないといえ、これだけたくさんの追徴を取られている個人事業主は実際にはいます。

きっく
僕の知り合いでも数千万の追徴金をとられたという方もいらっしゃいました。

これらのことからも、しっかりと対策をとって帳簿をつけておくしかないというのが正直な見解です。

ちなみに青色申告で帳簿つけていないと・・?

ちょっと質問があったのでサブ的に答えておきます。

「青色申告は通常の白色申告よりもかっちりとした申告のため、帳簿が必要だ!」と考えられる方がいますが、これは原則間違いです。

白色申告も青色申告も帳簿は必要なんですよね。

ちなみに青色申告は2種類あり、帳簿の関係性は以下になります。

帳簿その他特別必要な手続き
白色申告必要(簡易簿記)なし
青色10万円控除必要(簡易簿記)事前申請
青色65万円控除必要(複式簿記)事前申請・損益計算書・貸借対照表

要するに青色申告だろうが白色申告だろうが帳簿は必要!

で、申告の時には別にチェックはされません!なので極論、帳簿つけてなくてもその時はバレません。これも全部通常の白色申告と同じです。

実は簡単!?帳簿のつけ方!

けどさあ、帳簿ってなんかめっちゃ難しそうなんだけど。。

帳簿ってかなり複雑につけなくてはいけない、簿記の知識も必要と考えている人は多いと思います。

ただ、実際にはそんなこともなく、抑えるポイントは4つだけなんですね。

  1. 日付
  2. 支払先
  3. 金額
  4. 勘定項目

この4つを抑えてノートやエクセルに記録できればOK

例を出して見てみましょう!

2018年1月日付支払先金額勘定項目
ボールペンを購入4日LAWSON〇〇店324円消耗品費
お客さんへの差し入れを購入5日和菓子〇〇店3,240円販売促進費
携帯料金の支払い15日au6,500円通信費

とこのような具合です。

特に決まったフォーマット等もないので、自由な形にして4つの項目だけ網羅しておけば大丈夫です。

きっく
普通の家計簿を少しだけ細かくした印象かなと思うので、是非今日からでも実践してみましょう!

ちなみに、勘定項目(経費をどういう風に項目分けしていったらいいか)が分からないという人はここら辺参考にしてみてください!元国税局の職員と一緒に記事書きました!

きっく
ここにない業種の方でも「業種 経費」でググれば結構出てきますよ!

ただ、実際はかなり面倒。。

はい、ここで気付いた方もおられるとは思うのですが、確かに帳簿は簡単なんですが、

面倒臭いんですよね(苦笑)

さっきの表で出した一例は3回分のレシートを記入したものです。

基本毎日何かしら仕事に関する経費は発生しているので、仮に1年のうち230日経費を使ったとすると、230列作らないといけなくなるんですね

しかもレシートがないやつもあるので、ただレシートを打ち込めばいいというわけでもなく

気が遠くなる作業だ・・・・

なので、ほとんどの人はやらないで申告直前まで溜めて、一気に計算して帳簿も3日間徹夜とかして付けるか、帳簿は諦めるかというのが定番ですね。

実質申告時期が2月とかになってくるので、業種的にも繁忙期ですよね。こればっかりは、さっさと取りかかっておかないとあとで痛い目を見ることになります。

面倒な帳簿をしなくてよくなる方法を4つ!

ただ、個人事業主になれば必ずしも帳簿をつけないといけないのかというと、そういうわけでもないんですよね。

個人事業主として開業していたとしても、帳簿をつけなくて済む、または簡単にする方法をお伝えしておきます。

①家内労働者特例制度を活用する

またそんな難しい言葉だしてきて・・
きっく
家内労働者特例制度って名前だけ聞くと難しそうですよね

ただ、実際にはそんなに難しいことではなく、無条件で経費65万円までならみてあげますよ!という制度です。

経費を申請しない形の申告なので、もちろんレシートも領収書も、帳簿も必要ありません。

そんなに収入が多くない人や、経費を全然使っていない、レシート集められていないという人は活用するといいかもしれませんね。

ただ、全ての個人事業主に該当されるというわけではないので、詳しく知りたい人は下の記事を読んでみてください!

 

利用年収目安

0〜103万円 : 年収103万円以下の場合は非課税になるから。ただし、注意点も多いため使う可能性がある人は上記記事を熟読推奨します。

②会計ソフトを使ってちゃちゃっと終わらす

最近はオンラインで利用できる会計ソフトが流行っています。

きっく
特に税理士を雇ったりする余裕がない人は、会計ソフトでちゃちゃっと帳簿つけている人が多いようですね。

クラウド会計ソフトシェアNo.1のFreee

個人事業主からもっとも愛用されている会計ソフト。

freeeは普段の営業活動に使った領収書やレシートを写メで撮影or入力するだけで自動的に帳簿付けしてくれる魅力的なサービスです

確定申告よく分からんなあという人は無料体験版でまずは登録してみるといいです。僕も今は個人事業主なのでこの会計ソフトを使っていて、とても重宝しています。

弥生会計

こちらの会計ソフトはなんと1年間無料で試せるサービスです!

永年無料で使える会計ソフトのやよいの白色申告オンラインが人気ですが、個人的には初年度無料体験版があるやよいの青色申告オンラインがおすすめです。

青色申告にすると税金がすくなくとも15,000円毎年節税できるようになるため、基本的には全ての個人事業主は青色申告で申告することをすすめます