3月15日過ぎた!期限後でもまだ間に合う人と確定申告の方法

節税

どーも皆さんこんにちは。節税対策ブロガーのキック(@kikumer)です。

確定申告期間、終わりましたね。期限内に終わらせることはできましたか?

ま、、、、まだやってない。。。あああ。

まあ確定申告って面倒臭いですからね。

ついつい後回しにしちゃいがちで、あれよあれよというまに期限過ぎてた。なーんてことってありますよね。

でも大丈夫!

今回はそんな方のために、期限内に申告を完了させることができなかった人がどうやって確定申告するのがいいかをお伝えします!

えっ?3月15日までに出さないと提出はできないんじゃないの!?

まだ間に合うの? 期限過ぎてもいいの? 

と思われる方も多いかもしれませんので

どういう人が期限後だとダメージがあるのか

逆にどういう人であれば問題ないのか

期限後の申告は何を気をつければいいのかを解説します!

期限内で申告できなかったならそれは仕方ないです。過去は過去!

今からこの記事さくっと読んでさくっと申告終わらしてしまいましょう!

記事の最後でも紹介いたしますが、経費の仕分けが面倒!!という人は【会計ソフトfreee(フリー)】を使ってみてください!帳簿と経費の計算を初月無料、翌月からも毎月980円で計算してくれます。まずは無料お試し版で使ってみて、経費の計上の仕方を学んでみましょう!

確定申告の期限とは

所得税の確定申告の期限は3月15日消費税の確定申告の期限は3月31日 です。

期限の日が土日の場合は、翌月曜日が期限になります。

 

 

ちなみに、申告書を郵送で出す場合は、消印の日が提出日と判断されますので、消印が3月15日であれば、税務署に届くのが3月15日過ぎてからでもオーケーす!

郵送も間に合わない場合は、税務署の脇に「時間外収受箱」がありますので、翌朝職員の方が収受箱から取り出すまでに申告書を入れておけばオーケー!という感じ!

期限後申告は可能

とはいえ、そんな期限があることをすっかり忘れていた、忙しくて行けなかった!という人もいることでしょう。

ただ、冒頭でもお伝えした通り、確定申告は期限過ぎてもできます!

期限過ぎたら申告書出せないと思っているあなた! これから期限後申告について解説していきますね。

まず、申告は、2パターンに分けられます。

  • 申告して税金を払わないといけない納付申告
  • 申告して税金を戻してもらう還付申告

 

納付申告

納付申告とは、もともと期限内に申告して払わなければいけない税金を期限後まで待ってもらっている状態というわけです。

そのため、期限をすぎる場合は加算税・延滞税という罰則を余計に払う可能性が出てきます。

なので一刻も早く申告書を提出して税金払いましょう!

兼業ではなく、専業で個人事業を営んでいる人などは、源泉徴収(税金が天引きされること)されていない人が大半のため、基本は納付になります。

先延ばしにしていると税金がどんどん高くなりますので要注意です!

還付申告

還付申告で期限後になる場合。本来戻してもらえる税金を「戻して!」と請求できていない状態になります。

この場合は納付のように延滞税などはかかってきません。なので期限後になっても基本は税金は変わりません。

そして、その期限後の還付申告の有効期限はなんと5年間もあります!つまり「税金戻して!」って言える時効は、5年あるんですね。

例えば、去年の平成30年分で税金戻してくれと還付申告したい場合は、2023年12月31日まで申告できます。

申告期限過ぎたからと諦めずに、申告して税金戻してもらいましょう!

※還付になる人ってどんな人?

期限後申告をする際のデメリット

ただ、期限過ぎて申告することは、それなりにデメリットはあります。

キック
まあデメリットなければなんのための期限なんだって話ですよね(笑)

 

期限後申告することのデメリットは、次の2つです。

  • 65万円の青色申告特別控除が受けれない
  • 延滞税・加算税を追加で払う場合がある

では、この2つののデメリットについて簡単に解説していきますね。

65万円の青色申告特別控除が受けられない

期限後申告で注意しないといけないのが、青色申告の方です。

関連記事青色申告10万円控除のメリットは?フリーランスは全員やらなきゃ損!

貸借対照表を作成して65万円の青色申告特別控除を受けようとしていた方は、申告期限を過ぎた時点で65万円の控除が受けられなくなります。

つまり期限後と同時に自然とワンランク下の青色10万円の控除になってしまうということですね。

期限内に提出することが、65万円の特別控除を受ける条件になっていますので期限後になるというだけで必然的に55万円控除が下がってしまうというわけです。

キック
55万円控除が下がると最低税率でも約82,500円の税金が上がっちゃうからこれは大きいよね汗
キック嫁
私たちの場合は国保だから健康保険料、あと子供の保育園料、公営住宅の人ならその家賃母子手当なんかもこれで大きく変わってくるから数十万円単位でお財布事情に影響が出るわ。注意が必要ね
キック
ひいぃぃぃぃ!

 

※ちなみにもともと青色申告の事前申請を出していない人や、65万控除は難しいからはなから10万控除のつもり!って人は関係ないので大丈夫です!

 

延滞税・加算税を追加で払う場合がある

さきほども説明した通り、期限内に申告をしなかった罰則として、延滞税加算税という制度があります。

この制度は、期限までに確定申告書を提出して、税金を払わないといけなかった人(つまり納付申告の人)が対象になります。

税金の額がゼロの人、税金を戻してもらう還付申告をする人は、対象にはなりません。

延滞税も加算税も、払う税金の金額を元に計算することになります。

例えば、確定申告書を作って計算した所得税の額が、10万円だとします。延滞税加算税は、この10万円をもとに計算されます。

延滞税は、利息のような制度です。日割り計算になりますので、1日でも早く申告書を提出して税金を納めた方が安くなる仕組みです。

加算税は、罰金のような制度です。ただし、計算の仕組みが複雑ですので本記事では紹介だけにとどめときます(笑)

この延滞税と加算税、必ずしも発生するとは限らないんですが、いずれにしてもできるだけ早く申告した方がいいので、申告が納付になる方はできるだけ早く申告を終わらしてしまいましょう!

期限後申告をする際の手順・注意点

確定申告の場合と同じです。期限後だからといって、特別なことはありません!

キック
今からでも普通に経費の計算して帳簿作って、申告書作れば万事OK!ってことだね!

 

まとめ

今回は意外と知られてない期限後申告の方法について簡単にまとめました。

「期限過ぎちゃったし、確定申告しなくてもまあいっか・・・」という考えにはデメリットしかありません!

期限を過ぎたからといって申告しないでいると、納付の人は延滞税がカサ増しされるし還付の人は本来より高い税金を払っているという状態で放置しているからです 住民税もその分高くなってしまいます。

今からでも申告することで余計な税金を払わなくてすみます。

申告しないといけないのに申告していないと、税務署から連絡がきたり、※税務調査を受ける危険性も出てきます。

税務調査とか絶対嫌ですよね!

今から申告するのと税務署から連絡が来てから申告するのとでは、延滞税の金額も全然変わってきます。

本記事を読んだあと、すぐにでも申告書の作成に取り掛かってください!

※税務調査とは

今からさくっと申告するには会計ソフトを使うのがオススメ!

期限内、期限後に限らず、所得税の申告の手順はおおまかに以下の通りになります。

申告手順

  1. レシート領収書を集める→(5年間の保管義務がある)
  2. そのレシート領収書をもとに帳簿を作成する(青65の場合は複式簿記。それ以外は簡易簿記。いずれも7年保管)
  3. 全ての計算結果をもとに申告書を作成
  4. 税務署に提出(ネットからでも可能だが税務署発行IDとマイナンバーが必要)

この計算や帳簿の作成がとにかく面倒なんですよね。

そもそも面倒くさくなければとっくに税務署いってるわって話なわけですw

そこで、会計をソフトの使用がやはりおすすめです!

実際にぼくも今使ってるfreeeは、月980円で上の1〜4の手順を全てサポートしてくれます

基本アンケートに回答する感じで申告ができるので非常に楽です

初月無料なので、さくっと使って1ヶ月で解約することも可能(その場合2ヶ月目だけの料金はかかりますが)

ただ、個人的にはこれで青色申告もできるのでやるならずっと使い続けることをお勧めします。

 

今から申告する個人事業主は特に使っておきましょう。

 

 

ちなみに個人事業主のタイプ別に会計ソフトの特徴も比較しています。どの会計ソフトにしようか悩む人は参考にしてください!