会社を辞めてフリーランスになるデメリット・最低限必要な『覚悟』を5つ教えます

20代キャリア・就活
今、Twitterとかでフリーランスになって発信している人がたくさんいて、自分もそうなりたいと思っている。今の会社を辞めてフリーランスになりたい。。。けど不安だ。。。

という人向けの記事です。

今ある安定した仕事を捨てて、フリーランスになるというのはなかなか勇気がいることですし、とっても悩むと思います。

結論、悩みに悩めば良いと思います!

僕も2年間毎日悩みました。

ただしかし、最後にはどっちにするか決断しないといけません。

結局、今あなたが漠然と悩んでいるなら、その原因の1つは判断材料が少ないからだと思います。

なのでこの記事では、会社員3年目の春にいきなり辞めてフリーランスになった僕の体験をもとに、会社を辞めてフリーになるデメリットと最低限必要な覚悟についてお話ししていきます!

きっく
この記事が決断材料の一つになれば幸いです!

この記事を書いた人

キック(@kikumer

学生時代貯金がマイナス30万円になったことを機にお金の大事さを痛感。そこから奮闘し、25歳で1200万円貯まったので脱サラして家族で田舎に移住しました。現在は主夫兼在宅ワーカーをしています。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>お金の裏技が満載!お金が勝手に貯まる貯金メルマガはこちら

会社を辞めてフリーランスになるデメリット!最低限必要な覚悟7つ

会社を辞めてフリーランスになることで、もちろんメリットはありますが、デメリットもあります。

みんなが会社を辞めるかどうかで悩むのって、デメリットが漠然としているからですよね?(^。^)

だってデメリットがなかったら悩む必要ないわけなので。

つまり、この

デメリットを明確にして、それに対して適切な覚悟ができるかできないか

ここが悩み解決の分かれ道になります。

なのでここでは、デメリット→それに対して必要な覚悟についてお伝えします。

「この覚悟ならできそうだ」と思うか、「こんな覚悟はできる気がしない」と思うか

判断材料にしてもらえれば嬉しいです。

①収入がブレブレになる覚悟

当然想定しているとは思いますが、フリーランスはサラリーマンと比べ、収入が全く安定していません。

業種にもよりますが、場合によっては赤字になることもあります。

会社員の時は、いくら給料が少なくても、いくらかは手取りでもらえていたものが、個人事業だと全くもらえないという可能性は全然あるんですね。

ここに耐性がないと、金銭的、精神的に追い詰められてしまい、そのまま撃沈。という可能性もあります汗

僕自身、一度は月収が100万円を超えましたが、今では30~40万円まで落ち込んでいます汗

基本はどんな業種でも、最初から儲かるということはなく、また一時的に儲かってもまた下がるリスクは常にあります。

そのことをちゃんとわかって望む必要があるってことですね!

【関連記事】:【月100万円突破!?】フリーランスを1年やった収入の変化と反省点を公開!

②周りから後ろ指を刺される覚悟

フリーランスというのは、まだまだ世間からの白い目にさらされることがあります。

特に僕のように、家族がいるのに会社を辞めてしまうと、まわりから「大丈夫か?」と心配されたり、「身勝手な」と批判されることもあります。

やはり日本ではまだまだ「ちゃんと大学を出て就職をして安定した生活を送る」というのが一番とする価値観は根強く、多様性への理解はまだまだです。

周りからの視線にも全然耐えられる!というメンタルは必須と言ってもいいかもしれません。

③家族から不満に思われる覚悟

世間からもそうですが、家族からもやはり不満に思われることは多いですね。

これは各家庭でしっかり話し合う必要がありますが、やはり「あいつ大丈夫か?」という空気はどうしても出てきます。

これに関しては、個人的には

  • よく話して理解してもらう
  • わかりやすい結果を出す

この2つしかないとは思います。

家族は世間と違って、本当に心配してくれているので、はやく結果を出して安心させてやる!という覚悟は必要かと思います。

④社会的信用がほぼない覚悟

個人事業主、フリーランスには社会的信用はほぼありません。

皆無に等しいですね。

なので、今後細々とやっていきたいと思うなら、今のうちにクレジットカードや家を買いたいならそのローンを早めに借りておいた方がいいという結論です。

これは覚悟というより、事前準備ですねw


ちょ!賃貸審査落ちてんけど!!なんなんマジでw審査会社厳しいとこらしいけど、家賃6万で落ちる普通!?w余裕で10年分くらいの家賃前払いできるくらい預金はあるのに、なんなんマジでw個人事業主はつらいですな。

・保証人つけてもだめか
・家賃の前払い(2年分)で考えることは無理か
・銀行の残高証明で対応できないか(預金残高600万と200万×2)

これでもう一回聞いてみたけどダメだった。マジフザケンナ!フリーランス恐るべしですな。諦めて別物件探します。超気に入ってただけに痛い。

これは実際に僕が経験したことなんですが(苦笑)

フリーランスの社会的信用は皆無に等しいです。

日本は特にそれが顕著ですね。

やはり会社に勤めている人個人でやってるフリーランスには社会的信用に雲泥の差があります。

⑤圧倒的孤独感

やる内容によっては自宅でに引きこもって黙々と作業する!というような状況の人も多いです。

そうなったとき、今まで人と話しながら仕事をしてきていた人にとってはかなり孤独感を感じるかもしれません。

僕自身、数日間家族以外の人と話すことがなかったりすることもあります。

孤独が苦手な人は、そうならないように工夫をする必要があるでしょう。

⑥自堕落になってしまう可能性

フリーランスになると、会社員の時と違って、寝坊をしても仕事をサボっても誰も怒ってくれません。

自分で自分のお尻を叩き続けるしかないんですよね。

また、作業はしているものの、なんとなーくボヤーッとしてしまう、なんてこともあります。

こういう時も叱ってくれる上司がいないので、自分一人でもしっかりと目標を持って努力し続ける覚悟は絶対必要になってきます

⑦最悪路頭に迷ってもいいか、後悔しないか

収入が安定しないこととほぼ同じですが、最悪路頭に迷っても後悔しないかどうかはめっちゃ大事なポイントですね。

僕は会社員を辞める時、「これで万が一失敗してアルバイトでしか生活できないってなっても、今やらないで終わるよりは絶対後悔しない!」って思えたので、その基準が一番デカかったです。

正直結果がどうなれ後悔はしないと思えるなら、もう迷うことはないと思うんですよね。

人生においてとても大事なことですが、自分が選ぶ道の最悪のケースを想定し、それでもいいと思えたら、道は一本になるということです。

フリーランスはデメリットだけではない!メリットもあります

いうまでもないことですが、もちろんフリーランスになることはデメリットだけでなく、メリットもあります。

改めてフリーランスになるメリットも整理してみましょう!

収入は青天井

フリーランスは収入が不安定である反面、上限もないので、稼げる人はとことん稼ぐことが可能です。

これは大きなメリットですね!

ちなみに僕の場合は妻が公務員をしているため、安定と青天井を世帯で両方取るということを実現できています!↓↓

収入がゼロになるリスクがある分、頑張れば月に100万、1000万と稼げる可能性もあるので、デメリットでもメリットでもありますね。

時間、労働量、なんの仕事をするか、全て自由

  • いつ働くか
  • どれくらいはたら買うか
  • なんのジャンルで仕事をするか

フリーランスは基本全て自由です。

特にクライアントワークをやっていない人は、完全に自由なので、サボろうと思えばいくらでもサボれてしまいます(笑)

きっく
その分自己管理は難しくなりますが、とにかく自由であることは大きなメリットですね。

将来性のあるスキルを身につければ安定性もあり、再度就職も可能

今のフリーランスは、ほぼPCスキルを使った何かしらのジャンルを扱っていることが多いです。

  • 動画編集
  • プログラミング
  • Webサイト運営
  • 広告管理
  • デザイン などなど

 

ネットの市場はこれからもどんどん伸びていくことが予想されるので、これらのスキルは将来性のあるものと言えるでしょう。

現在の会社で働いていて、「今身につけているスキルは将来どんな役に立つんだろう・・」と不安になる人にとっては、身につけるスキルを選べるという点においては大きなメリットがあります。

【関連記事】:個人で稼ぐために必要なスキル一覧をフリーランス2年目の僕がまとめてみた

会社員のメリット
・収入が安定してる
・仲間がいる
・模範となる人がたくさんいる
・出会いがある
・副業もやれば最強
・世間体、信頼が高い

フリーランスのメリット
・自由
・とにかく自由
・収入は青天井
・良くも悪くも自分と向き合える
・引きこもれる
・変な友人がたくさんできる

2018年。フリーランスになった感想

【メリット】
・起きる時間が自由
・仕事する時間が自由
・子供との時間が増える
・妻と話す時間が増える
・収入は青天井
・毎日ワクワク感

【デメリット】
・安定は少ない
・最初稼げない
・周りからの目が厳しい
・毎日不安w

結局のところ、何事にも得手不得手があり、それはフリーランスとしても同じですね。

自分の選択に伴うメリットとデメリットをしっかりと認識し、天秤にかけ、どっちが自分にとって最適な判断かを見極める必要がありますね。

会社を辞めてフリーランスは茨の道!自分に最適だと思える決断をしよう

僕自身、2年間フリーランスをやってみて、「とても大変な道だな」と改めて思います。

なんども何度も売り上げ目標やタスクを課しますが、なかなか達成できなかったり、新たな課題が出てきたり、この繰り返しです。

その度にくじけそうになりますが、それでも自分を振るい立たせて頑張っています。

ただそれでも、自分がやりたいことのために今頑張っていると考えれば、わりと楽しいものです。

なので、もし今あなたが会社を辞めるかどうか悩んでいるなら、もう一度前述した覚悟が自分にあるかどうかを考えてみてください!

それでもやりたい!って思えるなら、ぜひ挑戦してみてほしいと思います!

いずれの選択をするにしても、後悔のない選択をしてくださいね。

今すぐ仕事を辞めたいなら、退職代行を利用しよう!

今働いている職場がどうしても辛く、自分から辞めるのが難しいなら、退職代行を使うという手もありです。

退職代行は本人の代わりに

  • 退職の意思を会社に伝える
  • 会社に一切出社しなくても諸々の手続きを済ませてくれる

というサービスです。

退職の際、会社側とモメそうなら退職代行を使って即日退社も選択肢としてはありかと思います!

LINEで無制限で完全無料で質問できるので、問い合わせてみましょう!

退職代行サービスおすすめランキング・比較表

退職代行サービスを一通りみて、おすすめ順に特徴を並べてみました!

料金法令遵守実績退職成功率サポート特徴
退職代行jobs29,800円顧問弁護士100%転職・カウンセリング・アフターフォロー弁護士による無料カウンセリングあり
辞めるんです30,000円顧問弁護士100%転職・アフターフォロー徹底したアフターフォロー
SARABA27,000円98%転職最安値
EXITバイト:4万円
正社員:5万円
顧問弁護士100%転職業界最大手
汐留パートナーズ55,000円弁護士対応弁護士対応弁護士事務所

ちなみにこれらのサービス全てに共通していることは以下です。

サービスの共通事項
  • 24時間365日対応可能
  • 即日対応
  • LINEでの無料相談可能
  • 実績多数
  • 退職届テンプレその他書類のサポート

どれも無料相談可能なので、まずは無料でLINEやメールで相談してみましょう!