まだバイト続けてるの?大学生はアルバイトやめまくるべき4つの理由

20代キャリア就職・転職

どーも皆さんこんにちは。アルバイトブロガーのキック(@kikumerです。

アルバイトってやってますか?

学生やフリーターにとってアルバイトって自分の生活を支えるための生命線ですよね。そんなアルバイトやってたらみんなが必ず思うことがあります。

あー、だりー。辞めようかなー。

 

そう、辞めたくなるんですよ。

アルバイトなんてよっぽど自分に合ってなかったら途中で飽きますし、続かなくなるんですよね。

けどなんか続けないといけない雰囲気ってありません?就職活動の時に不利になったりするような気がしたりとか。

だから実際大学生のうちに1つのバイトを一生懸命やる人って多いんです。

日本人のアルバイトを3年以上継続する人の割合は6割らしいです。一度やり始めると半分以上の人が3年ものあいだ、同じアルバイトをやり続けるんですね。
参考:バイトに費やす時間を調査 学生・主婦・フリーター・シニアはどれだけバイトをしているのか?

 

でも、単純にしんどくないですか?

 

僕は大学時代1つのアルバイトが長続きせず、計10種類以上も違うアルバイトを経験してきましたが、1つのアルバイトを長く続けるよりも良かったと感じています。


結論言うと、アルバイトなんて無理に続ける必要は全くありません!アルバイトをすぐやめてまたもっといいアルバイトを探せばいいんです。

今回はアルバイトをコロコロ変えることによって得られるメリットをお伝えします。

 

知り合いが増える

まず、単純に知り合いが増えます。

同じアルバイトを続ければアルバイトどうしで仲は深まるかも知れませんが、結局いろんなバイトした方が関われる人の数もジャンルも圧倒的に増えます。

お昼のバイトをすれば暇な学生、夜のバイトをすればチャラい学生やちょっとこわい大人、農業のバイトなら農家の人、交通整備をすればリストラにあったサラリーマン(もちろん一例です)。

いろんな人と関わることができます。

そうして色んなジャンルの人と関わることで、人生の選択肢や価値観を広げることができるんです。

 

いろんな経験ができる

いうまでもないことですが、同じ業界で働き続けるよりも、いろんな業界で働いてみる方が多数の経験を積むことができます。

飲食、キャッチ営業、肉体労働、コンサートスタッフ、配達、夜の接客、農業、漁業。アルバイトのジャンルなんて腐るほどあります。

それぞれがそれぞれ違った特徴を持っていて、アルバイトとはいえ学ぶことができる範囲は計り知れません。

 

時給の相場がわかる

色んなアルバイトを経験することによって、どんな労働にいくらの時給が払われるのかという相場がわかります。

時給の決まり方は主に「仕事の難易度、ストレス(不人気かどうか)、労働者の希少性(極端な肉体労働など)」によって決まります。楽で人気なバイトはもちろん時給は低く、しんどくて不人気なバイトは時給が高いです。

ただ、全てがそうというわけではなくて、労働者の確保が難しい職種も時給は高めです。

家庭教師がいい例ですね。ある程度学歴があって良識もある学生を雇わないといけないため、時給は高めです。

あとは短時間労働なども時給が高くないと人が集まらないので高くなりがちですね。

時給の設定にもちゃんと理由があるんです。色んな職種を経験することで、どんな仕事にいくらの時給が発生するのかということが分かるようになります。

資本主義システムの勉強になるというわけです。

 

就職活動で有利になる

これ、意外に思うかも知れませんが、アルバイトを続けないことによって就活で有利にはたらくこともあります。

一般的には、「アルバイトを4年間続けました!」というほうが面接官の心象がいいように思うかも知れませんが、ぶっちゃけ続けること自体に意味を見出してくれるような会社はいまどきあまりありません。

大事なのは「なぜその行動をとったのか」という自分の考えです。

そのアルバイトにすごい魅力を感じて続けた色んな経験がしたいから色んなバイトをした、など理由がちゃんとあれば別にどっちでもいいんですよ。

僕は就活生の時に人事部の人と飲みにいったんですが、その人がこんなことを言ってました。

『ただアルバイト4年間続けました!っていう人なんてむちゃくちゃ多いから、それだけ聞いても「あ、そう」ってなるだけ。それならまだ「色んなアルバイトをやりまくりました!なぜなら〜」の方が面接官は興味持つよ。』

続けること自体が盲目的に正義!ってなってる社会の中で、逆にアルバイトをたくさんやれば、他の就活生との差別化も測れることもあるというわけですね。

 

続けること自体が偉いって思ってない?

1つのことを続けることってすごく大事だって思ってる人多いですよね。

特に僕らの親世代、みんな「続けることが大切だよ」っていうんです。確かに続けることによって見えてくることや、学べるものはあると思います。

ただ、それは専門性の高い仕事に限ると思うんですね。

アルバイトですよ?

僕も続けてみて見えることあるかもって思った時期もあって、居酒屋のバイトだけ1年間続けたことがあるんですが、ぶっちゃけなんの意味も感じませんでした。

アルバイトなんて言っちゃえば単純作業の連続です。1つのバイトで学べることなんてぶっちゃけたかが知れてるんですよ。

じゃあなんで続けるかって言ったら、新しいコミュニティに入るのがしんどかったり、今の職場でそれなりに仕事に慣れて、それなりに頼られてるから居心地良かったり楽だったりするからなんです。

だからなんとなく続けてる。

それをあたかも「3年間頑張りました!」っていう人多いんだけど、別にいまさらアルバイトごとき続けたところでそのこと自体になんの市場価値もないんですよね。

ある程度やって、飽きたらサクッと辞めて他のことしたほうがよっぽどいろんな勉強になります。

そんなことしたらお店に迷惑がかかるっていう人もいますが、いいんですよ別に、アルバイトなんていくらでも替えが効くわけですし。

むこうだってあなたの貴重な時間を安い時給で利用しようとしてるわけですから、こっちもアルバイトという立場を利用すればいいんです。

 

アルバイトの唯一のメリットは無責任なこと

「アルバイト」って雇用形態自体はなんもいいことないですよね。給料低いし、昇給もしないし、保険もないし。

ただ、唯一いいところが「責任がない」ことなんですよ。簡単に辞められます。

なので、せっかくのアルバイトのメリットをフルに使って色んな業界をのぞいてみるといいです。

治験のバイトなんて一回で10万円もらえたりするんでムッチャいいですよ。なんか危ないイメージありますけど全然大丈夫です。僕の友達なんてヌードモデルとかもやってましたし笑

大学生のうちは時間はたっぷりあるんだから、目先の楽さより色んな経験をすることに目を向けていきましょう!

 

 

今すぐもっといいバイトを探してみよう!

今のアルバイトに少しでも不安がある人はアルバイト求人サイトをチェックしておくといいです。気が向いたときに自分で探すことも可能ですし、向こうからもオススメの求人情報を教えてくれます。

中でもオススメはマッハバイトです。

CMで有名なマッハバイトですが、規模も業界最大級で23万件以上のアルバイト求人案件を保有しています。

また、マッハバイトから求人に応募すると最大1万円のマッハボーナスがもらえるという特典が付いてきます!応募するならマッハバイト一択です!

このCMは有名ですよね。センス良すぎて笑っちゃいますw

 

自分の市場価値(適正年収)を診断してみよう!

アルバイトで今あなたはいくらの時給で働いていますか。もし今の時給が妥当だと思っているのは実は思い込みかも知れません。

MIIDAS(ミーダス)で自分の適正年収が診断できます。200万人のビッグデータからあなたの市場価値(適正年収)を無料診断してくれます。

自分にふさわしい年収が知りたい人、または今就活中の人は特に登録しておきましょう。

年収を診断してくれるだけでなく、週に一度企業から適正年収に応じたオファーが届くようになっています!完全無料です。

 

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。