部活やりたいけどお金がない!大学生が部費・合宿費を捻出する方法

大学生 お金

大学では部活に入って頑張りたい!

そう考えている高校生、大学生も多いでしょう。

 

しかし、大学生になると下宿する人は家賃を払ったり、学費を払ったりしなくてはなりません。

実家通いでも交通費、そして部活の合宿や遠征にかかる費用はバカになりません。

部活をするとなるとアルバイトもろくにできないので、お金を稼ぐのも一苦労です。

親に完全に甘えられないという学生も多いと思います。僕もそうでした。

 

今回、お金がなくても部活動を無理なく続けていくために気をつけておくべきこと、対策等をお伝えしておきます。

 

部活の費用ってどれくらいかかる?

部活の費用といっても種目によりけりですが、大学の部活ともなると遠征費は完全に自己負担でまかなったり、必要な器具などを自分で買ったりと何かとお金が必要になって来ます。

具体的にはどんなものにお金がかかるのか見ていきましょう!

 

ユニフォーム代

部活に入るとユニフォーム代が意外とかさんでしまいます汗

キック
いやいや、所詮服でしょ

 

そう思いますよね。

実際、ユニフォームの上下合わせて8,000円~10,000円程度なのでそこまで高い出費とは言えないかもしれません。

しかし部活の種目によっては背番号代、胸番号代などを付けるたびに加算され、一着3000円程度上乗せされることも多々あります。

上のTシャツは2枚そろえることが多いので、通算15,000円~20,000円程度の出費は予算に入れておくべきでしょう。

キック
地味に痛いなあ

 

更に、僕の場合バレーボールをしていたのですが、審判着のスラックス等をそろえて、さらに15,000円程度。

移動着というものもあり、冬用のジャージと夏用の短パンとTシャツでこれも合計2万円程かかってきます。高いですねえw

諸々込みでユニホーム代は、4~6万円程度はかかってくると考えましょう。

キック
学生にとってはかなり大きい出費だな汗

 

合宿・遠征費

夏休み、冬休みはかなり合宿や、試合が多くあります。

大学の定番である大学リーグでは泊りがけで遠征するのが一般的です。

更に部活の種目にもよりますが、県での大会から全国大会、その他年間大体5~6回の大会があります。

宿泊代と交通費を合わせると大会一回で1~2万円程は最低でもかかってきます。

なのでこれも年間6~12万円程度はかかってくると考えた方がいいでしょう。

キック
ひょええええ

 

さらに合宿は夏休みと冬休みに集中してあると思いますが、これも大体平均してシーズンごとに2~4回程度と考えると、年間10~15万円は見ておくとよいでしょう。

合宿と大会を合わせて20万~25万程度はかかってくるという計算になります。学生にとってはかなり痛い出費ですよね汗

 

必要な器具の購入

スポーツには器具やシューズ、サポーターなどが必須ですよね。

サッカーやラクロス、テニス等の屋外のスポーツではスパイクが1万~2万程度かかります。しかも人によってはシューズが月に1度のペースで壊れたりしますから相当な出費となりますよね(泣)

サポーターや練習着も高いです。

アーチェリーやラクロス、剣道等は自分用の器具も購入しなければなりません。

 

種目によって大きく異なりますから、自分の希望する競技ではどういった器具等が必要か確かめておくことが重要です。

 

また、スポーツにおいて身体を痛めることは避けられないと言っても良いでしょう。長くやっていると、しっかりケアしていても必ずどこか痛めることになります。

するとシップやテーピングを買ったり、時に整骨院に通うことになったりしますよね。それも長い目で見ると大きな出費となります。

 

お金がないけど部活もやりたい時にすべき5つの対策!

お金がない!

けど部活は諦めたくない!

でも親には頼れない!

 

そういう時はどうすれば問題なく部活動を続けられるのでしょうか。

実際に僕も大学時代、超がつくほどの貧乏学生でした。部活に必要なお金が払えず、待ってもらったことすらあります(苦笑)

そんな時に僕がしていたこと、必要だと思ったことをお伝えしておきます。

 

とにかく節約する!

これは王道ですが、やはり部活に取り組む貧乏学生には効果的な節約は必須です!

部活に必要になってくるお金というのは、まとまって必要になることが多いです。

普段からある程度まとまったお金を用意しておく必要があります。

ただ、お金を稼げるような常駐のバイトをし続ける時間もなかなかありません。そういう場合はうまく節約することがとても大切です!

 

昼はおにぎりを作る

食費の節約というと、弁当を作らなければならないなどと、思うかもしれません。

しかし、スポーツをやってへとへとの身体で、次の日の朝早起きをして弁当を作るなど、はっきり言って無理ゲーですw

自分用の昼飯なのだから、そんな手間はかけなくてもよいのです。

前日にご飯をセットして、朝炊けたものをラップに包んで、おかずはコンビニのチキンでもなんでも安いおかずはスーパーなどですぐに買えるので、それが一番手間もかからず楽に安く、お昼ご飯をすますことができます。

キック
食費も贅沢に慣れてしまうと結構大きな出費になるから、食費の軽減は絶対押さえておきたいポイントだね。

 

 

水筒を持ち歩く

水筒を持ち歩くことで大変大きな節約になります。

ジュースを買うのに一回120円程度かかりますから、それを毎日買わないようにするだけでかなり違ってきます。

キック
けどなあ。冷えてるジュースは飲みたいなあ

 

自分も水筒を持ち始めたころは、結構ジュースも飲みてぇと思っていました。

が、これも慣れですね。

我慢していると次第に飲みたい欲がなくなっていくんですよ。

コカコーラを始め、ジュースって酒やタバコと同じでかなり中毒性があるんですね。1ヶ月ほど我慢してみると案外たいしてほしくなくなります。

飲まない方が身体にも良いので一石二鳥ですね。

水筒が重ければ、夏以外はペットボトルでも全然OKです!

 

この他、僕が大学生の頃からやっていた節約で、年間で100万円貯めた方法を以下にまとめていますので参考にしてください!

 

 

単発で高時給なアルバイトを探す!

大学生は基本的には居酒屋やファーストフード、ファミレスなど継続的にシフトが組まれているアルバイトに取り組むことが多いと思います。

ただ、部活をやっている大学生はそうはいきません。基本的には平日授業が終わってからは夜8時か9時ごろまで部活動をして、おわったら家に帰って風呂に入って寝る!というサイクルです。

そう言った学生が効果的にお金を稼ぐのは単発のバイトしかありません。

以下、僕が学生時代に単発で結構稼げたアルバイトの口コミをまとめているので参考にしてください!

 

単発で稼げるアルバイト一覧

 

キック
ただ、治験のバイトは基本的にその前後で運動禁止の条件があったりするので、運動部の学生には不向きかも。個人的にはシフトが自由で高時給な営業のバイト、もしくは派遣で入るのが一番かなと思うよ!

 

在宅で仕事をする!

在宅ワークは通常のアルバイトより時給もよく、家から出なくていいのでその分効率的に稼げる事もしばしばあります。

例えば僕がオススメしているセルフバックという在宅は、学生にはもってこいの手法です。1時間に1万円稼ぐ事も、全く難易度なくできます。

また、女性であれば在宅でメールレディ(男性とメールのやり取りをしてお金を稼ぐ方法)などで稼ぐ事もできます。

昔は在宅で仕事するというと、商品の袋詰めなどのいわゆる内職と言われるものでしたが、今はネットを介して様々な在宅での副業が可能となっています。

以下に大学生や主婦の方々向けの、専門知識がなくても稼げる在宅ワークをまとめていますので参考までに!

 

 

お金を借りる!

最悪どうしてもお金が急遽必要となれば、お金を借りるという選択支もあります。

急遽お金がいる、でも親に頼れない!ということも結構ある人にはあると思います。

実際、手続きをすれば次の日にはまとまった金が手に入る、という会社も多くあります。

また、借りてから一か月以内に返せば利子が全くつかないサービスをやっているところもありますので、急遽ほしい、すぐに返せる、と言った場合は一応お勧めです。

 

もちろんあくまで借金なので、返せる見込みがあることが大前提ですから気を付けてくださいね。

 

キック
借金はしないに越したことはないよー。

 

お金がないなら部活をやらないというのも一つの手

今まで述べてきたように、ユニホームや器具代、ケガの時等、出費が多くかさむほか、週に何十時間もそのスポーツに時間を割くことになりますよね。

部活を本気でやるということは、多くの犠牲を払うことを忘れてはいけません。

大学生活の多くを部活にかけて、それで得られるものがどれほどあるのか、そうまでしてやる価値が本当にあるのか、改めて考えてもいいのではないでしょうか。

正直、サークルにしておけばそこまでの出費もなく、時間もあまりとられずに好きなスポーツを楽しくできるというのも間違いではありません。

また、部活に割く時間をアルバイトに割いて、稼いだ金で将来の職業や夢、勉強のため、趣味のために使うことの方が価値があるかもしれません。

趣味がそのスポーツであり、サークルではなく部活でガッツリやりたいという人もいるかもしれませんが、そのスポーツでうまくなることで将来どういったメリットがあるのかも考えてみるのもいいでしょう。

実際自分も大学四年間やって思うのですが、将来先生になって、強豪校の監督になって全国を目指す、プロになって職業にする。など、明確な目標や夢がない限りは、大学という人生の夏休みに部活動をする必要はないかもしれません。

実際何の向上心も持たず、ただのらりくらりと4年間、多大な時間とお金をかけて部活をやっている人も多いです。

 

これを機に、部活をやらないという選択支も考えてみるのもいいかもしれません。

 

結論!お金がないならないなりに解決策を考えよう!

至極当然のことを言いますが、お金がないならないなりに解決策を考えましょう!

僕は学生時代に部活に打ち込むあまり、お金のことについてはかなり無頓着でした。

そのおかげで消費者金融から借金もしましたし、明日のお金もままならないというような経験もしたことがあります。

僕は返済できたので良かったのですが、中には借金が膨れに膨れて200万円の借金を作った先輩もいました。

学生のうちから借金をすると、社会に出てから色々と苦労する人は多いです。奨学金の借り入れがある人はなおさらですね。

そう言ったことにならないためにも、部活を本当にやるべきなのか考えるのも一つ。どうしてもやりたいのであれば、在宅ワークや、アルバイトの時給を上げたり、弁当を作って食費を浮かせるなどの工夫が必要になってきます。

 

大学生は、高校生までとは違って、自分の行動に責任を持たなければなりません。自分がやりたいことにただがむしゃらに頑張っていればいい高校時代の部活とはまた少し違ってきます。

やりたいことをやるのはとても大切です。ただ、そのために必要なお金の管理は怠らないようにしましょう!

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。