SEOブログよりPPCサイトの方が断然効率がいいという話

ブログ
これからSEOブログに取り組んでいきたいけど、すでにブログがオワコンって言われている。どうなのかな。。。もっと効率よく稼げる方法があるなら知りたい

という人向けの記事です。

今回、SEOブログがオワコンなのかどうか

また、SEOブログより稼ぎやすいPPCという広告モデルについてお話ししていきます。

この記事を書いた人

キック(@kikumer

学生時代貯金がマイナス30万円になったことを機にお金の大事さを痛感。そこから奮闘し、25歳で1200万円貯まったので脱サラして家族で田舎に移住しました。現在は主夫兼在宅ワーカーとして、SEOブログ、PPC広告を主に行なっています。

>>詳しいプロフィールはこちら

>>お金の裏技が満載!お金が勝手に貯まる貯金メルマガはこちら

雑記ブログはオワコン!?今更挑戦しても意味がないのか後発組のブロガーが回答!

2019年8月3日

SEOとPPCの違い

そもそもPPC広告ってなに?同じようにサイトを作る手法なら、SEOと何が違うの?
きっく
SEOは知っていても、PPC広告が何かわからないって人は多いですよね。簡単に言えば集客手法が違うということなんですが、知らない人のために違いを解説しますね。

SEOは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、検索エンジンから特定の検索キーワードを入力し、その結果サイトに訪れる人を集客していくという目的を持ったWebマーケティングの一種です。特徴として、集客に基本お金は必要ありません

そして、PPCとは「Pay Per Click(クリック課金型)」の略です。要するにお金をグーグルやヤフーなどの検索エンジンに払って、広告を掲載してもらい、クリック数に応じて広告費を支払うというものです。こちらは集客にお金が必要になります

どちらも検索エンジンを使って検索した時に出てくるものです。

この画像は、「ダイエット」と検索してくるときに出てくる画面でして

上2つのPPC広告には1クリックにつき幾らかのお金がかかります。3つ目以降のSEOによる記事にはお金はかかっていません

これだけ聞くと、SEOの方がいい気がするけど・・・

そうですね。

基本的にはSEOは集客するのにお金は必要ありません。なので金銭的リスクがなく、実際にSEOブログに挑戦するブロガーはとても多いです。

しかし、その分コンテンツ力、読みやすさ、内容の深さなどが備わっていないと、そもそも上位表示されないのでアクセスがこないという側面があります。また、どれだけいい記事を書いても、SEOに評価されるのはタイムラグがあるため、それがいい記事として評価されるかどうかは数ヶ月、半年後ということになります

きっく
SEOは集客が無料であるがゆえに、多くの個人ブロガーや大企業が参入し、どんどんパイを取り続けています。その分ジャンルによっては競合に勝つのが難しくなってきているんですね。

その点、PPC広告は、広告を出せば翌日から検索結果の上位に表示されます即効性があり、すぐに効果検証がしやすいということです。

また、1クリック1円から出稿できるため低リスクであり、上限も設定できるのでリスク管理にも優れています。

きっく
PPCに比べ、SEOはお金が必要ない代わりにコンテンツの質を様々な側面からあげていかないといけない上に、効果検証までの時間が長いから、結果を出すまでがなかなか難しいんですね汗

つまり、まとめると

★結論!SEOとPPCの違い!

SEOお金はかからないけど、時間と手間がめちゃめちゃかかる。

PPCお金はかかるけど、短期間で集客できる。

ということです。

違いは言っちゃえばこれだけ、なのでとてもシンプルですね。

※PPC広告とリスティングの違いって?

よく、PPC広告リスティング広告は同じ意味で使われることが多いのですが、少し違います。

リスティング広告とは検索エンジンの検索に関連する、検索連動型広告コンテンツ連動型広告のことを言います。そして、PPCはクリック課金型という意味です。検索連動型、バナー広告、SNS広告などもほぼこれに当たります。

つまり、定義に違いがあるんですね。説明してもわかりにくいので図に表してみました。

要はリスティングはユーザーが検索した時に出てくる広告で、PPCはクリックに応じて広告費を支払うという意味です。どちらもお金を払って広告を表示させるという意味では同じです。

で、今回はこれについて全部話すとややこしいので、SEOと比較しやすいPPC(検索連動型広告のみ)で解説します。

きっく
とりあえず、検索連動型広告はリスティングともPPCともいうってことさえわかればOKだよ!

SEOブログがなぜオワコンと言われているのか。4つの理由

さっきもちらっと言いましたが、SEOブログが最近SNSなどで「オワコン(終わってるコンテンツ)」と言われています。

その大きく分けて理由は4つです。

ブログがオワコン化している理由
  1. 個人ブロガーが増えすぎた
  2. 大企業の参入
  3. グーグル検索アルゴリズムの変動
  4. 5G。動画の流れ

ここら辺詳しくは雑記ブログはオワコン!?今更挑戦しても意味がないのか後発組のブロガーが回答!に書いてあるのできになる人はあわせて読んでみてください。

要は、グーグル先生が「企業サイトや公式サイトの方が信頼性高い情報が多いから優遇するよー」としたこと、「ブロガーって稼げるらしいぜやっふー!」という勢が多くなったことが起因して、ブログが稼ぎにくくなったということです。

んで、ユーザーも「ブログより動画の方がわかりやすいし面白い」となってきてるので、ますますブログオワコン説が濃厚になっているということですね。

実際に僕が運営していても、ブログで月に100万円以上稼ぐのは、それこそSNSなどでいいポジションを取れない限り、かなり至難の業だと感じます。

PPCの方がSEOよりも効率がいい4つの理由

ではなぜ、SEOよりもPPC広告の方が効率がいいと言えるのか。

それは前述した通り、以下の理由が主です。

SEOよりPPCの方が効率がいい理由
  1. SEOで結果を出すには最低半年かかる
  2. SEOでアクセスを集めるにはコンテンツ制作の労力がかかる
  3. PPCの方が狙ったKWでアクセスを集められる
  4. PPCの方が早くPDCAを回せる

SEOで結果を出すには最低半年かかる

さっきも言いましたが、SEOサイトを個人で運営する場合、記事を投稿して最低でも半年間はアクセスがほぼない状態が続きます

きっく
※もちろんSNSなどでアクセスを集めるのは可能ですが。あくまでSEOでは半年かかります。

これはSEOの仕組み上仕方ないことなんですね。

ただ、PPC広告なら審査に合格した時点から配信が可能なため、2~3日で狙ったKWで集客を開始できるんです。

この集客を開始できる時期の差はかなり大きいです。

SEOでアクセスを集めるにはコンテンツ制作の労力がかかる

SEOでアクセスを集めようと思うと、ジャンルによって大きく変わりますが基本的にはコンテンツ制作にかなりの労力がかかります

きっく
実際このサイトも、現在月8万pvほどですが、これを集めるのに450記事も投稿しています。

もちろんジャンルや書き方によってはもっと少ない記事でアクセスを集めることができますが、自分の狙ったKWでアクセスを集めるには、SEOの性質上どうしても情報の網羅性が大事なので、複数記事が必要になることが多いです。

【関連記事】:ブログSEOで上位表示させるためのサイト設計の方法・手順

PPCであれば、たとえ1記事でも、アクセスを集めるのは可能です。

PPCの方が狙ったKWでアクセスを集められる

SEOの場合、例えば「在宅ワーク 簡単」といういキーワードで上位表示を狙って記事を書いたとしても、そのKWで上位表示するかどうかは書いてみないとわかりません

しかし、PPC広告なら、一定の予算と記事クオリティがあれば出稿はほぼ確実にできます

つまり、「このキーワードで調べてくるユーザーがうちのお客さんだ!」というのが明確に決まっていればいるほど、PPCの方が確実に利益を出しやすいという意味なんですね。

PPCの方が早くPDCAを回せる

これは時間がかかることと一緒ですが、SEOだとそのコンテンツが狙ったKWで上位表示されるかどうかを判断するのに3ヶ月〜半年かかるのに対し、PPCの場合は数日〜数週間で判断できることから、PDCAの速度が圧倒的に変わってきます。

そのため、はやく仮説改善できる余地があり、事業プランを立て直しやすいという側面があります。

実際にSEOブログを1年半、PPCを3ヶ月運用した結果

ここで、実際にSEOブログを1年半、PPCを3ヶ月運用した結果を共有します。

SEOブログはこちらのブログを中心に、50記事ほどの特化サイトを別に2サイト作りました。なので、合計で記事は550記事ほど書いたことになります

これらで、だいたい月の売り上げは20万円ほどです。ちなみに月10万円稼ぐまでは9ヶ月かかりました。

SEOの場合、コストはほぼゼロなので、純粋な利益が20万という感じですね。

それに比べ、3ヶ月前に始めたPPCでは、すでに広告費4万円に対し、11万円のアフィリエイト報酬がありました。

広告費を使っているので、粗利は7万円となります

SEOアフィリエイトの場合、月10万円稼ぐまでに9ヶ月、200記事以上更新したにも関わらず、PPCアフィリエイトの場合、たった3ヶ月、4万円の広告費と一本のLPを作っただけで11万円も売り上げがたったということなんですね。

これは結構ショッキングでした。

きっく
いままで俺は何をしていたんだ・・・

となりましたね(笑)

もちろんその時の状況や扱うジャンルによっても、この結果は千差万別だと思います。

が、僕がやった感触から言っても、どう考えてもSEOよりPPC広告の方が早く利益を出すことが可能で、確実性も効率も高いと思います。

また、一度結果が出れば、SEOはグーグルのさじ加減で検索圏外に吹き飛ばされてしまうリスクを常に孕んでいるけど、PPCの場合は広告費さえちゃんと払ってれば基本的にはずっと上位表示してくれるという安心つきです。PPCのメリットめちゃめちゃでかいと思います。

そもそも無料で広告表示できるのもおかしい

お金を払えば上位表示されるって、おかしいじゃないか!

たしかに、なんかブラックなイメージがありますよね。

ただ、ぶっちゃけ検索エンジンを扱っているGoogleも一つの企業なので、利益をもたらしてくれる企業を優遇するのは当たり前と言えば当たり前です

基本的にアクセスを集めても1円も落としてくれない個人ブロガーより広告費ちゃんと払ってくれる人にアクセス集めるのは自然ですよね。

そもそも、SEOとはGoogleからしてみれば「より多くの人がGoogleを使ってくれるための材料」でしかないため、お金を払っていないサイト運営者からしたらなんの権利もないんですね。

だって仮に自分が作ったサイトで変な人がコンテンツ投稿してたら怒って消すじゃないですか?それと同じなわけです。

SEOで上位表示されなくなったからグーグルを恨むのはお門違いで、そういう危ういのが嫌なのであれば、ちゃんとお金払って広告載せてもらいましょうね。ということ。

SEO、つまりタダで広告出してもらってる時点で言えることは何もなく、次の日から収入がゼロになっても誰にも文句は言えないということをちゃんと理解しておいた方がいいということなんです。

広告出稿には資金力がいるというのは思い込み

PPC広告を出稿した方がいいと言われても、

え、アクセス集めるのにお金払うのはなんか嫌だ・・・

と、思う人も多いのではと思います。

僕自身、以前からPPCで稼いでいる人がいるのは知っていましたが、

きっく
リスクたかそうだし、とりあえず僕はSEO頑張ろう

そう思ってたんですよね。

ところが、実際PPC広告は1円から出稿可能ですし、1日の広告費の上限を決めることもできるので、リスク管理は全部自分でできてしまうんです。

なので、PPC広告で資金がなくなり、露頭に迷うなんてことは基本はないんですね。

よくよく考えれば、同じようにアクセスを集めるために半年や1年、記事を何百本と書く方が時間的リスクが高いとさえ言えると思います。

PPC広告は個人でも全然始められる手法なので、ぜひ始めてみてほしいと思います。

SEOをやって慣れてきたらPPCに取り組んでみるのもあり

とはいえ、PPCアフィリエイトをやろうと思うと、やはり

  • KWの選定
  • CVRの高い記事を書く

というポイントが必要になってきます。

もちろん最初から勉強したり、もともとセンスが高い人はそれなりの記事を書くことはできますが、やはり経験ゼロだとPPC広告ではお金を溶かすだけになってしまうことも考えられます

なので、最初は金銭的リスクの低いSEOで結果を出せるまでやってみて、なんとなく稼げるKW、稼げる記事の書き方を身につけられたと思ったら、PPC広告を出稿してみるという手順が結構いいのではないかな、と思っています。

【関連記事】:【一本完結!】月10万円稼げる雑記ブログの作り方を立ち上げから徹底解説