SEOキーワードとは?ブログでKW選定が最も重要な理由

ブログ

ブログを書く上でキーワード選びがとても重要である!

って話はよく聞くけど、キーワードってそもそも何?なんで大事なの?

という人に向けて書いています。

ブログを書く上で、キーワードを無視して書いているブロガーは多いです。

僕自身、最初の50記事くらいはマジでキーワードを考えずにブログを書いていました。

しかし、キーワードを考えないと基本的にブログでアクセスを集めたり稼いだりすることはできません

この記事では

  • SEOキーワードとはそもそもなんなのか
  • なぜブログにキーワードが重要なのか
  • キーワードの種類

をそれぞれ解説していきます。

SEOキーワードとはそもそも何か

ブログでアフィリエイトや自社商品を販売する上で、一番大切になってくるのがキーワードです。

キーワードとは

  • 「ブログ」
  • 「ブログ 書き方」
  • 「ブログ 稼ぐコツ」

とかで調べたりするこのワードのことですね。

ブログの読者は、このキーワードを検索エンジン(グーグル)の検索窓に入れて読みたい記事やサイトを見つけて読みます。

流れとしては

ユーザーがなんらかの悩みを持つ(ニーズ)

ググる(キーワード)

自分の求めている情報にぴったりそうなタイトルをクリックする(アクセス)

 

という感じですね。

つまり、キーワードとはユーザーのニーズそのものであって、それを決めてあげることで初めてあなたの記事を読みたい読者に提供できるようになるんですね。

SEOキーワードの種類は3つ

キーワードには大きく分けて3つの種類があります。

  • ビッグキーワード(主に1語)
  • ミドルキーワード(主に2語)
  • ロングテールキーワオド(主に3語以上)

そしてこの3つは、あくまで傾向ですがそれぞれ次のような特徴に別れます。

検索ボリューム競合性
ビッグKW多い(1万〜)「ダイエット
ミドルKW普通(1,000~1万)「ダイエット 方法」「ダイエット 夏」
ロングテールKW少ない(10~1,000)「ダイエット 夏 グッズ」「ダイエット 食事 男」
ちなみに、競合も少なくてわりとボリュームがあってかつ成約もしやすいKWを「お宝キーワード」と呼んだりもします。それについては『【初〜中級者必見】雑記ブログでお宝キーワードをかっさらう方法』に詳しく書いているので合わせて参考にしてください!

検索ボリュームが多いビッグキーワードであればあるほど、アクセス数が多いのでライバルも強く、上位表示が難しくなっています。

なので基本的な考え方としては、初心者はまずロングテールKWから狙っていくのがセオリーですね。

キック
けどそれだとアクセス少なくて稼げないんじゃ・・・

実はそうでもなくて、ロングテールキーワードの方がニーズがはっきりしていることが多いです

例えば検索意図で考えるとき、次のようになります。

キーワードユーザーニーズ
ダイエット
  • ダイエットという言葉の意味や由来を知りたい
  • ダイエットの方法を知りたい
  • ダイエットの食事法を知りたい
  • ダイエットのメカニズムを知りたいetc
ダイエット 夏
  • 夏に痩せるダイエット法を知りたい
  • 夏までのダイエットに必要な期間が知りたい
  • 夏に熱中症にならないダイエット法を知りたいetc
ダイエット 夏 グッズ
  • 夏までに痩せられるダイエットのグッズを知りたい
キック
ロングテールになるにつれ、顧客の求めている情報が絞られていっているのがわかるね!

つまり、ロングテールになればなるほどアクセスは少なくなりがちですが、その分顧客のニーズが絞られるため、そのニーズに応えられる記事を書きやすくなります。

よって、的確にニーズに応え、それに沿った商品を紹介することでアフィリエイト報酬(紹介料)を獲得できるということなんですね。

 

キック

キーワードが「ダイエット」だけだといろんな検索意図の人が混ざっているのであまり成約しない。

逆にキーワードが「ダイエット 夏 グッズ」なら、グッズをできるだけわかりやすく紹介する記事を書けばOK!ということ。

実際にアフィリエイターの人から聞いた話では、「ダイエット」単体で上位表示して月の売り上げが1,000万くらいなのに対に「ダイエット 方法」で上位表示したら月3,000万くらいの売り上げになるそうです。それだけ検索意図が大事ってことですね!

ブログを書く上でSEOキーワードがもっとも大切な理由

ブログで稼ぎたい人が一番考えなくてはならないのがSEOキーワードです。

どんな業種であれ、商売をする時

  • 何を売るか
  • 誰に売るか
  • どこで売るか
  • どうやって売るか

ということを決めないといけませんよね。

これがそのままブログに当てはまります。

  • 何を売るか→アフィリエイト商材や自社商品
  • 誰に売るか→ペルソナ
  • どこで売るか→キーワード
  • どうやって売るか→記事の内容。セールスライティング

つまりキーワード選定にはどこで店を出すかという意味合いが含まれているということなんです

これを何も考えないで書いてしまうと、全くニーズのないところに出店してしまうので誰にも読まれないということになりかねません。

例えばあなたが八百屋さんだったすると

  • 商店街
  • スーパー
  • ディズニーランド

のどこで販売するべきかを考えるはずです。

普通に考えて、この中でけっして販売してはいけないのはディズニーランドですよね(笑)

これと同じように、例えばおすすめの転職方法という内容の記事を書くときに

  • 「転職 方法」
  • 「20代 キャリア」
  • 「猫 かわいい」

で調べて出てくるどのキーワードを選ぶべきかは一目瞭然なはずです。

それなのに「猫が可愛すぎて仕事辞めて人生をゆるく生きようと決めた話」みたいなタイトルをつけてしまう人は結構多いんですね。

つまり、キーワードを考えずにブログを書くというのは、八百屋が大真面目にディズニーランドに出店してしまうのと同じことになってしまうんです。

キック
まぐれで意外と売れてしまったりすることがあるけど(お宝キーワード)、確率としては低いから、ちゃんと読者のニーズを汲み取って、どういうキーワードを選んだ方がいいかは考えないといけませんよね。

まとめ

□この記事のまとめ
  • キーワードとは読者のニーズ
  • キーワードを考えることは八百屋がどこに出店するかを考えるのと同じ
  • 自分が書きたい記事ではなく、キーワード(ニーズ)を考えて書こう!

今回はこれで以上となります。

これがわかったら次のステップ!

ブログを書く上で重要なSEOキーワード選定の手順【手取り足取り解説!】」を読んでみてください。

具体的にどうやってキーワードを選んでいけばいいかを解説しています。