即導入決定!グーグル拡張機能の『ページアナリティクス』が便利すぎて泣けます

ブログ
□この記事はこんな人向けです
  • Webサイトを運営している人
  • グーグルアナリティクスをいまいちうまく使えていない人
  • ページアナリティクスってなに?って人

どーもこんにちは。ブロガーのキック(@kikumerです。

グーグル拡張機能のページアナリティクスってご存知でしょうか。

キック
グーグルアナリティクスなら知っているけど・・・

サイトの解析ツールでグーグルアナリティクスを活用している人は多いのですが、ページアナリティクスを使っている人は意外に少ないです。

実はこれがサイト運営者にとって超絶便利なので紹介しておきます。

ページアナリティクスの機能って?何ができるの?

キック
ページアナリティクスってなに?どんなことができるの?

ページアナリティクスでできる機能は以下です。

  • Webサイト閲覧時にリアルタイムユーザー数のチェック
  • Webサイト閲覧時のページごとのPV、UU、離脱率、直帰率、滞在時間etc.の確認
  • 内部リンクのクリック率の確認

ぱっと見よくわからないと思うので詳細を説明しますね!

Webサイト閲覧時にリアルタイムユーザー数のチェック

グーグルアナリティクスを開くとリアルタイムユーザー(現在何人のユーザーが自分のサイトを閲覧しているか)をみることができるのは、みなさん知っていると思います。

こんな感じですね。

これを見たときにユーザー数が極端に多いと「あれ?なんか記事が話題になってる?」と気づくことができます。

ただ、わざわざアナリティクス開くの面倒くさいですよね。

ページアナリティクスだと、ワードプレスを開いている時でも確認できます。

こんな感じです。

ブログを開いているときにリアルタイムで今何人が読んでいるかが確認できると、ふいに記事が拡散されたときにアナリティクスで流入経路が確認できれば敏感に察知することができます。

以前グーグルのニュースに掲載されたときもこれでチェックできたのですぐにリライトをかけることができました。

Webサイト閲覧時のページごとのPV、UU、離脱率、直帰率、滞在時間etc.の確認

リアルタイムユーザーと同様にページごとに確認ができる数値があります。

  • PV
  • UU
  • 離脱率
  • 直帰率
  • 平均滞在時間
  • アドセンスクリック率

などなど。

他にもアナリティクスで確認できるものはすべて確認可能です!

確認項目が全部で5つあるため、それぞれどの項目にするか選ぶことができます。

なんでもいいとは思いますが、僕は

  • PV
  • アドセンスクリック率
  • 平均滞在時間
  • 直帰率
  • 離脱率

にしています。

この数値がページごとに計測できると、リライト時にもとても参考になるのでおすすめです。

ちなみに、ユーザーセグメントで分けることも可能です。

流石にリアルタイムでここまで分けて分析するのはだるいのでやりませんが、徹底的にデータ取りたい人はいいかもしれません。

内部リンクのクリック率の確認

ページごとに設置されている内部リンクのクリック率がそのまま表示されるので、どの内部リンクが有機的かどうかを確認することができます。これマジで最高です。

こんな感じですね。

例えば以下の内部リンクであれば

  • 上場企業やめて移住した理由
  • 転職サイトまとめ

の2つの記事があって、クリック率が全然違いますね。

こういったことがわかると、有機的な内部リンクを貼っていくことができるのでリライト時にもとても重宝するわけです。

ページアナリティクスを使うメリットまとめ

□メリット
  1. ページごとの細かいデータが見られる
  2. 内部リンクごとのクリック率がダイレクトで確認できる
  3. リライトに超絶役立つ

これでいて無料です。

使わない理由なし!

ブロガーはいますぐ導入しましょう!

>>ページアナリティクスを導入する