20代におすすめ!マイナビエージェントの口コミと特徴まとめ

20代キャリア・就活

▶︎今の年収が適正かどうか測定したい人はMIIDAS(ミイダス)で無料測定してみよう!

▶︎20年卒の就活生はLINEで簡単に説明会応募ができるLINEで就活【digmee】に登録しとこう!

▶︎転職を考える人は年収と口コミが完全可視化されている10万件の企業口コミ。キャリコネに登録しておこう!

新卒で入った会社に慣れてくると「自分に合っていないような気がする」、「思ったのと違う」、「年収が低い、ブラックだ・・・」という悩みを抱える方が多いのではないでしょうか。

これまでは、「大企業に入っておけば将来安泰だ」とか「老後は年金暮らしで」ということが言われてきましたが、これからの時代は違います

あなたがもし今の仕事に悩みを抱えているなら、このような時代だからこそ、本当にやりたい仕事を見つけるための経験を「若いうちに」しておく必要があるのです。

この記事では、マイナビエージェントを利用して転職したわたしが、その特徴から使い方、評判、口コミなどをについてまとめて紹介します。

また、20代で転職をする際、間違いなくマイナビエージェントは役に立つので、ぜひ登録しておくといい理由もお伝えしておきます。

マイナビエージェントとは?

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントの他の転職エージェントとしては、リクルートエージェントやdodaなどが有名ですね。

似たようなものに「転職サイト」がありますが、これは利用者が登録した後、受けた情報を基にすべて自力で転職活動するものです。

エージェントのサポートを受けられるのが「転職エージェント」で、転職の経験のない方は求人紹介、履歴書添削から企業との交渉までサポートを受けられられる転職エージェントを選ぶといいでしょう。

求人数などではリクルートエージェントなど大手他社の方が有名ですが、マイナビエージェントにしかない強みがあり、特に第二新卒や20代から30代前半の若手の方には強い味方になってくれます。

他の転職サイトと違うマイナビエージェントの特徴まとめ

ここでは、他にも多くある転職エージェントやサイトとは一味違うマイナビエージェントの特徴や強みについて紹介します。

各業界や企業情報に精通した専任のキャリアアドバイザー

マイナビエージェントでは、各業界や企業情報に詳しい専任のキャリアアドバイザーのサポートを受けることができます。

キャリアアドバイザーは、企業への営業を行うために日々各企業に足を運ぶ「リクルーティングアドバイザー」と情報を共有しています。

わたしもいくつかの転職サイトなどに登録をしていましたが、求人情報に対する質問に具体的に答えてくれて自信をもって自分に合う情報をくれたのはマイナビエージェントでした。

各エージェントの情報共有のおかげです。だからこそ、あなたにぴったりな求人情報の提供を受けることができるのですね。

安心して任せられるサポート体制

マイナビエージェントでは、職務経歴書のブラッシュアップ、模擬面接、夜間や土曜日の相談を受けてもらえます。わたしもそうでしたが、転職経験のない若手や日中に転職活動に時間を割けない会社員には助かるサービスですね。

これらのサポート体制の中でも、特に模擬面接では徹底的なアドバイスを受けることができます。

姿勢、服装、話し方などさまざまな観点でキャリアアドバイザーからの助言をもらえるのです。

さらには、各企業への営業を担当しているリクルーティングアドバイザーからも、過去問やよく見られる点などについて教えてもらえるので、自信をもって面接に臨むことができました

他の転職エージェント企業では、ここまでのサポートは受けられません。

豊富な非公開求人

マイナビエージェントは、持っている求人の8割が非公開求人です。

非公開求人は、「公開してしまうと応募が殺到し、質の高い人材を集められない恐れのある求人」で、企業側が質の高い人材を求めるものばかりです。

その豊富な非公開求人の中から、求人情報をすすめてもらえるので企業とのマッチングはしやすくなります

求人を出している企業側も、転職エージェントを信じて出しており、その信頼関係の中で面接などを受けられるのでいろいろな面でメリットがあるでしょう。

20代転職希望者がマイナビエージェントを使うべき理由

マイナビエージェントがどのようなものかを紹介してきましたが、ここでは20代の転職希望者がマイナビエージェントを使うべき理由について説明します。

多数の第二新卒、20代から30代前半の方向け案件

マイナビエージェントでは、第二新卒や20代から30代前半の利用者向けの求人を中心に扱っています。

また、大手企業だけでなくマイナビエージェント独自のパイプを通じて収集した中小企業などの非公開求人も多く持っています。

これらは、リクルートエージェントなどの大手転職エージェントにはない強みなので、登録をおすすめします。

転職初心者にやさしい面接対策など

第二新卒や20代などであれば、転職活動が初めてだという方も多いのではないでしょうか。就職活動とは違う部分も多いのが転職活動です。

就活と同じで、転職においても面接はとても重要なポイントです。

マイナビエージェントなら、企業の即戦力としてのアピールが必要な面接の模擬や、服装や話し方などのきめ細かなアドバイスを受けられるのがうれしいところです。

豊富な知識と経験を持った専任のキャリアアドバイザーのサポートを受ければ、不慣れな転職での面接も安心して受けられますから。

何度でも受けられるアドバイザーからの面談

マイナビエージェントでは、期間や回数の制限なく何度でもキャリアアドバイザーからの面談を受けることができます

他の転職エージェントでは期間や回数に制限があることもあるので、転職活動に慣れていない第二新卒や20代の方にはありがたいですね。

不安やストレスがあると、転職活動がうまくいかないものです。

マイナビエージェントなら、転職活動が長引いても、不安をとことん解消することができますね。

安心できる「プライバシーマーク」と「職業紹介優良事業者認定マーク」

マイナビエージェントは、個人情報の取扱いについて厳しい基準をクリアした事業者のみに付与される「プライバシーマーク」と職業紹介優良事業者推奨協議会の定める基準を満たした証である「職業紹介優良事業者認定マーク」を取得しています。

不慣れな転職活動だからこそ、安心して任せたいという気持ちはあるはずです。

マイナビエージェントなら、安心して転職活動のサポートを任せることができますね。

マイナビエージェントの口コミ

第二新卒、20代から30代前半の若手の方にとって、転職活動の強い味方になってくれるマイナビエージェントですが、実際はどうなのでしょうか。

ここでは、マイナビエージェントを使って転職活動をした方の口コミを紹介します。

いい口コミ

①担当の人の対応がとても素晴らしかった。話もしっかりと聞いてくれた上で提案もしてくれて他のエージェントさん達よりも心強かったです。

特に、初めての転職だったので職務経歴書・履歴書が不安だったのですが、丁寧に添削してくれたのが印象に残っています。

またお世話になる機会があったら、その担当さんにお願いしたいと思っています。

▼口コミの解説

転職活動での履歴書などは、面接前に企業側に送付し、それを基に面接という形で使われるのでまさに「履歴書が第一印象」ということになります。

その重要な履歴書を、転職活動のプロに丁寧に見てもらえるのは大きいですね。

就活で書いた経験のある人は多いでしょうが、転職活動時の履歴書はアピールポイントも違うので、専門家に添削してもらえるのは本当にありがたいですね。

 

②わたしを担当してくれたキャリアアドバイザーさんからいただいた、面接練習が本当にありがたかったです。

就活では面接の経験がありましたが、「転職活動時の面接は雰囲気が違う」という話を聞いていたので不安だったのです。

即戦力としての価値とは何かを考え、伝えたいことをしっかりとアピールする方法など、丁寧にアドバイスいただきました。

アドバイザーさんがとても熱心で「転職者に教える」というのではなく「一緒に転職活動する」という姿勢で対応していただけたので心強かったです。

▼口コミの解説

特に若い方は、転職活動に不安を感じる人が多いでしょう。

会社やその仕事にもようやく慣れてきたところで、周りと違うことをする必要がありますし、社会人としての経験値や収入などが比較的低い状態での転職になるからです。

しかし、キャリアアドバイザーは転職者ごとに専任でついてもらえるので、不安に思っていることはすべて相談できます

不安は面接での態度に出てしまうものなので、この方のように面接の方法はもちろん、不安なこともすべて相談して、自信をもって面接に臨めるのもマイナビエージェントならではのうれしいところでしょう。

悪い口コミ

私がいくつか利用した転職エージェントの中でマイナビエージェントも、もちろん利用しました。 こちらのエージェントは、私に合う職種と言うよりも、 私にあうこだわりの条件と合う求人が少なかったように感じました。

登録してもキャリアアドバイザーさんからの連絡をいただけませんでした

マイナビエージェントさんのいい評判を聞いて、期待していただけに残念でした。

▼口コミの解説

①、②いずれも40代でマイナビエージェントに登録された方のようです。

マイナビエージェントは第二新卒や20代から30代前半までの若手の方向けの案件を多く持っている転職エージェントなので、該当する案件がなければ利用者への連絡もないこともあるようです。

ただし、これはマイナビエージェントに関わらず、どこの転職エージェントや転職サイトも同じで利用者の特性に合わせて対応するのです。

だからこそ、利用者側は一つの転職エージェントに絞るのではなく、複数のサイトに登録しておくのがいいのですね。

マイナビエージェントに対するQ&A

Q:利用するのにお金はかかりますか?

A:いいえ、料金はかかりません。マイナビエージェントに求人を依頼する企業がマイナビ側に料金を払っています。マイナビ側はそのお金で運営されているので、転職者は完全無料で利用できるのです。

Q:おすすめの使い方はありますか?

A:どこの転職エージェントも、転職サイトも同じなのですが、どれか一本に絞るのではなく複数登録するようにしましょう。

それぞれのサイトなどが持っている求人情報は異なるので、複数のサイトに登録してあなたに合ったものを探すのがいいでしょう。

また、あなたを担当した転職エージェントにも合う合わないがあるので、転職活動がしやすい環境を作るためには複数のサイトに登録するのがいいのです。

Q:今すぐ転職するわけではないが、サイトに登録するベストタイミングはいつですか?

A:サイトへの登録は、「転職を少しでも考えたとき」からするのがおすすめです。

社会人は目の前の仕事だけでも忙しいので、転職したい気持ちは持っていてもなかなか行動に移せないものです。また、情報はあればあるほどいいので、思い立った時に動くのがいいのです。

 

マイナビエージェントの登録から利用開始までの流れをわかりやすく解説

ここでは、マイナビエージェントに登録するところから利用開始までの流れとそのポイントについて解説します。

①ネット上でエージェントに登録

マイナビエージェントの公式サイトから登録します。

この際、氏名、年齢、住所などの個人情報はもちろんですが、希望年収やこれまでの職務経歴など、転職活動の基となる情報を記入していきます。

この情報は、キャリアアドバイザーがあなたに合った求人情報を紹介するために使われるので、間違いのないようにきちんと記入するようにしましょう。

なお、公式サイトではその指示に沿って数分ほどで終わります。

②キャリアアドバイザーとの面談

登録後、電話やメールでキャリアアドバイザーから連絡が来るので、そこで面談日程を決めます。

面談にはあなたが作成した履歴書、職務経歴書を持参してください。必要があれば、キャリアアドバイザーからの助言をもらうこともできます。

③企業への応募以降

あなたに合った求人情報を、キャリアアドバイザーが紹介してくれます。企業への応募は、キャリアアドバイザーに相談しながら、作業はお任せすることになります。この際、マイナビエージェントが持っている非公開求人などを利用できます。

応募以降は、企業担当者等との面接、条件交渉、内定という流れになりますが、面接のレクチャーをキャリアアドバイザーから受けられるだけでなく、条件交渉も請け負ってもらえるので、面接に集中することができるのもうれしいところですね。

 

マイナビエージェントをおすすめする人

マイナビエージェントは、持っている求人数こそ他の大手に比べ少な目ですが、親身な対応と第二新卒などの若手向け案件、中小企業求人に強みがあるので、複数の転職サイトへの登録を考えている方にとっては外せません。

特に、以下のようなに人おすすめです。

  • 第二新卒
  • 20代から30代前半の若手の方
  • 中小企業の優良な求人

一方で、40代の方や部長級などハイクラスの求人情報にはあまり強くない特徴があるので、特にこれらの方はマイナビエージェント一本に絞るのではなく、あくまで複数登録するうちの1つというイメージがいいでしょう。