【銭湯でお誘い!?】温泉でゲイの方を誘う方法!!!〈必見!!〉

どーも、キックです。

私現在地方の国立大学に在籍の大学生です。今年の春から就職いたします。

まーそんなことはどうでもいいです。

普段、ぼくは学生結婚について書いているのですが、今日は少し脱線して、この間あったノンフィクション話をお届けしたいと思います。

では早速・・いきなりですが・・・残念ながら僕はゲイではありません。女性が好きです!!非常にww

というのはどうでもよくてですね、今日の話は端的に言うと温泉でゲイの方に誘われてしまった話です。

いかにも胡散臭い話ですが、マジです。というかそもそも、僕はなぜかゲイの方にもてますw なんか顔がゲイっぽいらしいです(笑) ←どんな顔やねん!!wΣ(´Д`*)

はいすいません、さっさと始めますね。

友人と近くのスーパー銭湯に・・

ある日僕は友達と温泉に行きました。そこは高知県内でも中心にあって割と大きいところです。その日は祝日ということもあり、人が多く、友達とはぐれてしまいました(先に上がってました)

まあじゃー、一人で入浴楽しむべーかと、ゆったりしていたわけです。

すると、なんかチラチラ見てくる人がいます。気のせいかなとも思ったんですが、やっぱり見てます。顔になんかついてる?

まー気にしないでおこうと次はサウナに入りました。お!!これはこれは、貸し切りではないか!と、一人で優雅に蒸しサウナでくつろぎます。

するとまたもや、その方が入ってきました。せっかく貸し切りだったのにーと思いながら姿勢を正します。

その蒸しサウナは席が向かいになっているので必然的にその方は私の真ん前に向かい合って座るわけです。密室の、しかも向かい合っている席に、めっちゃムシムシしています。ムラムラはしていません。

すると突然 その方が横になりました。そして大事な部分にピンポイントでタオルを盛りました。

なんといえばいいんでしょうかね、タオルをかけるのではなく、固めて盛ったんですね。

この行動にも何か意味があるのかはわかりませんが、その時は「変わった人だな」と思っただけですぐ出ました。

そのあともしばらくは行くとこ行くとこほぼ全部になぜかいるんで少し不思議に思ってくるわけですよね。で、やたらと目が合うし・・・言い忘れてましたがこの人割と男前なんですよねwだから余計に気付かなかったんですが。

で、一回トイレに行こうと思って便所がある脱衣所にいったん上がったんです。それから、もうひとっぷろ浴びるかと思ったらその方と脱衣所の入り口ですれ違いまして、また目が合うわけです。なんか変だなーと思いながらもまー出たんだーと思って風呂に入ってたら、またその人が入ってきたんですよね。

あれ?さすがにおかしいぞ??・・・ そろそろここでおかしいと気づくわけです。

偶然にしてはちょっと変だな・・もしかして、いやまさかねーww なんて思いながらお風呂を出ます。

で、のぼせてたんでとりあえずパンツはいてぼけーっとしてたら

事件が起きました!!

その方が私のほうに全裸で向かってくるではありませんか!!!(タオルは巻いています)

しかもばっちり僕のほうを見ています。僕は何を思ったのか自分から話しかけていました。

僕「あ、どーもw さっきからやたら目が合いますね」

その方「今晩軽くどお??」(にやり)

僕「え!?」

その方「軽く、軽く♡」(脇を僕のほうに突き出しながら)←なぜかは不明

僕「え!?」

その方「軽く♡」

いやなにがだーーーーーーーーーーー!!!???

なにをかるくなんだーーーーーーーーーーー!!!!???

とは言わずにありのままを察しました。

僕「あ、もしかしてこっちの方ですか?」(右手を左のほほに沿わせて)

その方「え!?」

僕「あ、違いました?」

その方「君は違うの!!?」

いや、なんで!!??ww  逆にその確信はなんだ!!w

僕「なんで僕がゲイだと思ったんですか?」

その方「いや、掲示板に乗ってたから・・・」

僕「掲示板!!!!!????僕がですか???」(軽くパニック)

その方「いや、そうじゃなくて・・ ネットの掲示板で、タオルがピンクだと・・その・・サインだみたいな・・」

僕「あ、、そうなんですか・・・・・それはそれは、ごめんなさい。これ、高校のタオルでして・・」

その方「あ、そうなんだ、なんか驚ろかしちゃってごめんねー。」

僕「あ、いや、こちらこそご期待に沿えなくて申し訳ないですー」

その方「それじゃあ」

僕「あ、はい、おつかれさまでーす」

以上です!!!(笑)

まーなんといいますか、不思議な経験をさしてもらったわけですが、とりあえずややこしいことしてごめんなさいw

その方の話では、温泉でピンクのタオルを持っているとゲイの方今晩軽くどお??ってことらしいです。

僕はその時たまたま高校の文化祭でもらったタオルがピンクだったんで、こーゆーことになったわけですが・・申し訳ないことをしました。ほんとに。

で、なおかつですね、これは友達に聞いたんですが、温泉に入るときに鍵あるじゃないですか。あれを皆さん基本手に付けると思うんですが、これを足に付けるとゲイサインになるそうです。

ただ、これはたぶんゲイじゃなくてもやってる人が多いと思うんであんまあてにならないんでしょうね。だから、ピンクのタオルが巷で考案されたんでしょうか。詳しくはわかりません。

ちなみにその時僕は足に付けていました。親父がそうしていたのでね・・なんとなくです。二段構えの受け入れ態勢だったわけですwwwしかも若いwいい獲物間違いなしですww

というのは冗談ですが・・

それからというもの、僕は温泉に行くときはバッチし白のタオルに鍵は腕に付けていますww

どこが必見なんだといわれそうですが、皆さん、温泉にピンクのタオルを持って行くときは誤解されないように気を付けてくださいね。

もちろん、ゲイの方であればぜひ活用してみてください!!

 

温泉以外でサクッと同性愛者を探す方法

ちなみに温泉で相手を探さなくてもマッチングサイトで同性愛のパートナーを簡単に見つけることができます。

マッチ・ドットコム はLGBTの方でも利用できる世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイトで、全世界1500万人以上が会員登録しており、日本でも約190万人の会員が在籍(2018年時点)しています。

海外のユーザーも多数在籍しており、LGBTユーザーからも人気の高いサイトです。

公式サイトから画面右の「ユーザー登録(無料)」1分もあれば登録できます。

※登録画面のスクショ

男性会員から男性会員を探すことが可能で、ゲイの人どうしでマッチングすることもできます。(もちろんそのほかのパターンも可能)

無料会員登録しておけば、他に自分と同じ境遇の会員がどれくらいいるのかや、個人のプロフィールの閲覧などができます。

なので、まずは無料会員として登録し、どんな人がいるのかチェックしてみましょう。

1分もあれば終わるので、まだお相手がいないという人はサクッと登録だけして理想の相手を探してみましょう!

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。