クリスマスイブに温泉でゲイの男の子に襲われた話

ネタ記事

どーもこんにちは。ブロガーのキック(@kikumerです。

今回はネタ記事です。

先日、2018年年末のクリスマスイブの日に、家族で温泉に行ったんですよ。

なんでイブに温泉なんか行くんだ?みたいなツッコミは置いといて、その時にあった話をちょいとしていきます。

 

まあ、別にたいしたことじゃないんですけどね。

 

結論から言うと

 

ゲイの男の子にまさぐられました(笑)

 

イブだからテンション上がってたのかは知りませんが、興奮しちゃったんですかね。。

ちなみにぼくはゲイではないんですけどね。

 

そして、信じられないのはこれ2回目なんですよ。

一回は襲われたとかじゃなくて、誘われただけだったんですがこれも記事に書いています。

関連記事:【銭湯でお誘い!?】温泉でゲイの方を誘う方法!!!〈必見!!〉

ただ、今回は誘われたんじゃなくて、一方的に迫られたのでさすがに少し腹が立ちましたw

別にゲイの方にはまったく偏見もないし、今回のことも全くなんとも思ってないのですが、まあいい思いはしてないので、記事ネタとして活用だけさせてもらいます(笑)

 

友達と話していたら隣に座り・・

その日は一人で温泉に入りました。

そしたらたまたま大学時代の友人と鉢合わせたので、二人で楽しく話してたんですよね。

で、ちょっとのぼせてきたんで、温泉の淵のところに腰を下ろし、足だけつけるようにして座ってました。

そしたら、いきなり若い男の子が僕のかなり近く、隣に座ってきたんですね。

年齢は、多分大学生か、へたしたら高校生くらいなんじゃないかな?って感じの男の子です。

で、なんか近いな〜とか思ってちょっと遠ざかって、また友人と話していたんですよ。

そしたら今度は膝あたりに水をかけられます。

で、その時点でも別に警戒してたとかではなく、「あー、なんか変な人だなあ」と思って無視してたんですよね。

 

そしたらなんと、ぼくの体を両手で触ってきたんですよね。すりすりと(笑)

気づきましたよ。

「あーはいはい。これね」って。

まあ二度目ですからね(笑)

 

さすがに勘弁ならんと思って

すかさず「あ、ごめんなさい。やめてください」と接触を断りました。むこうも「すみません!」みたいな感じですぐ引き下がってましたね。

 

まあ、欲情しちゃったんだろうなあ。と思ったのでそんなに怒らず気にもせず、何事もなかったように過ごしてました。

 

クリスマスイブですからね。まあ仕方がないです。

 

と、寛容な僕は許したわけですよ。

 

ところがです!!

 

ここで終わっておけばいいものを。。

 

まだ続きがあるんですよねえ。

 

サウナでゲイが欲情して◯◯しだす

はい、だいたい察してくださいw

 

僕と友人の二人でサウナに入ったんですよ。スチームサウナ。

そのスチームサウナは通常のサウナとは別に設置されていて、3人しか入るスペースがないんですよね。

で、そこに例の男の子が入ってきたんです。

これはもしや、と思い、とはいえあんまり警戒してもあれだなと思い、気にせず話していました。

 

すると、そのゲイはおもむろに自分のマグナムに手を伸ばし

 

手入れをし始めたんですね!!

 

あひゃあああ。。

 

さすがに勘弁してくれと思って、友人と二人でうつむいてましたが、だんだんエスカレートしていきます。

みるみるマグナムもでかくなっていく。。

 

そこで、さすがに発砲される前にと思い声をかけます。

僕「男の人好きなん?」

ゲイ「はい」

僕「興奮しちゃうの?」

ゲイ「はいぃぃぃ////」

僕「けどごめんやけど、迷惑行為やでぇぇ。。」

ゲイ「・・・・」

 

そういうとその男の子はそそくさと、サウナを出ていきました。

ただ、そのあともその子はずっと温泉にはいて、ぼくらもそれですぐに出るのも嫌だったので、一緒に温泉に入っていました。

さすがにそのあと接触してくることはなかったですが、まあ正直勘弁しろとは思いましたw

 

僕的にはゲイの友人も何人かいるのでまったく偏見はないし、その子に対して今も別になんの恨みもないのですが、人によっては通報とか下手したら殴られたりするかもしれないのでやめたほうがいいだろうなと思った次第です。

 

結論、話のネタをくれたことは感謝!!けど、いきすぎはやめてね!って話でした(笑)

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。