メルカリで劇的に売れやすくなる洋服の写真の撮り方6選

節約

みなさんメルカリで服がなかなか売れないと悩んでいませんか?

 

ネット通販を利用したことがある人はご存知のとおり、ネットで服を購入する人が何から1番情報を得ているのかというと、圧倒的に視覚的情報なんですね。

当たり前ですが、服を買う時に見た目を気にしない人はいないと思います。

 

メルカリもネット通販と同じでたくさんある服の中から、いかに自分の売りたい服を購入者の目に留まらせるか!がすごくポイントになってくるんです。

 

そこで、メルカリ歴4年、毎月メルカリで服を売って3万円稼いでいる主婦が、出品する際の売れる商品の撮り方のコツを教えちゃいます!

 

明るい場所で撮影を!

おそらく皆さん、メルカリを出品する際は自宅だと思います。

なので、自宅の一番明るい部屋を探して撮影してみてください!

 

例えば、私の自宅の場合で実際に比較してみましょう。

 

同じ家の中でも写真の映り方は全然違いますよね!

 

左の写真は実物とほぼ同じ色合いですが、右の写真は少し黄色っぽく写ってしまっています。

 

こんな感じで綺麗に撮れていても、写真と実際の商品との色合いが全然違って見えることもあるので

実際に写真を撮りながら、より実際の商品の色合いに近い明るさで取れる場所を探すようにしましょう。

 

写真の色合いが実物と違うと、写真の見た目が悪くなくても届いた時に相手をガッカリさせてしまい、低評価をつけられる元となりますので注意が必要です。

 

床置きよりハンガーにかけて!

撮影場所が決まったら、いよいよ撮影です。

 

と、その前に衣類の写真を撮影する際に

  1. 洋服
  2. ズボン
  3. ワンピース等のつな着類

 

大きく分けてこの3種類によって写真の撮り方を変えていきます。

洋服ver.

結構皆さん床に洋服を置いて出品している方が多いんですが

床に置くよりも、断然ハンガーにかけて撮影するほうが目に留まります!

 

例えば、サラッとした生地のブラウスを床において撮影すると

生地感が伝わりにくく、あまり綺麗に写らないんですね。

 

ハンガーにかけて撮ると、洋服のシルエットが綺麗に写り生地感も写真から伝わりやすいので、購入者が実際に着た時のイメージもしやすいです。

 

ズボンver.

逆に、ジーンズやスカートは床に置いて撮影するほうが綺麗に取れます。

ハンガーにかけて撮影しても悪くは無いんですが

ハンガーにかけるとウエスト部分がぼやけてしまうので

床置きで取ることでウエスト部分であったり、ワイド感が伝わりやすくなります

 

スカートも同様の撮影方法がオススメですね。

 

ワンピース等のつな着類ver.

ワンピースやオーバーオール等のつな着類は縦に長いので写真が撮りにくいんです。

そんなときは商品の生地感に合わせて変えてみてください。

 

デニム地のオーバーオールは生地がしっかりしているのでハンガーで。

薄い生地でハンガーにかけるとヨレヨレ感が出て商品が伝わりにくい場合は床置きで。

 

こんな感じで、商品が1番見やすく伝わりやすい方法を、出品したい商品にあわせて変えてみるといいですね。

背景は白がオススメ!

洋服をハンガーにかけて撮影するとなった場合、次に背景を考えます。

背景の壁はシンプルに白がオススメです!

実際にカーテンの後ろと白い壁を背景に撮った写真で比べても一目瞭然ですよね。

 

右の写真は、カーテンの色の情報が多すぎて商品が強調されません。

なので、商品を綺麗に分かりやすく伝えられる白い壁で撮影しましょう。

 

自宅に白い壁が無い。。。という方は、和室の襖や木目調の壁でもOK!

商品が見やすく派手過ぎない背景を選んで撮影しましょう。

 

写真枠いっぱい使って撮る!

背景も決まったら、いよいよ写真撮影です。

写真サイズは決まっていますので、そのサイズに商品が収まるように撮影しましょう。

 

ポイントは、商品を写真サイズの枠いっぱい使って

商品を魅せることです!!

 

遠すぎると商品のイメージが沸きませんよね?

 

写真枠ギリギリで撮っている商品の方が圧倒的に見やすく、商品のシルエットも分かりやすいです。

 

でも、写真を撮るのが少し難しい商品も出てきます。

例えば、ロングワンピースやオーバーオールなどです。

縦長の衣類は商品全体を映すと見えづらくなったりするんですが

少し商品を斜めにして撮影したりして商品全体を撮影するのもポイントです!

 

あとは、公式通販サイトがあるブランド、例えばユニクロやGUなどでは

通販サイトにモデルが実際に着用している写真を掲載していますので

そちらの画像を使うということもできます。こんな感じですね。

綺麗に撮れないという時はこういった画像を使ってみてもいいでしょう。

写真加工してより綺麗に見せる!

明るい場所で、背景を白にして、枠いっぱいに写真を撮っても

ん?あまり綺麗に取れていない。。。

 

そんなこともあります。

 

iPhoneは加工しなくても良い程鮮明で綺麗に取れますが、画質があまり良くないスマートフォンも中にはあります。

ただ、そんな携帯でも大丈夫!メルカリでは、撮影後に写真を加工できる機能があるんです!

 

加工しすぎて実物と大きく異なってしまう場合はオススメできませんが、撮った写真を少し綺麗に見せてくれるんです。

 

まず、①撮影した写真をクリックします。

クリックすると、撮影した写真を編集できるようになります。

②次に、フィルタをクリック。

 

こんな感じで少し明るく綺麗に見えるんです。

 

編集モードでオススメはSageです!

衣服類は基本的にSageという加工モードが綺麗に写りやすいので、私はいつもこれを使っています。

 

4枚の写真で商品全体を伝える!

メルカリ出品時に使える写真枚数は4枚と決められています。

 

4枚もどこを写せばいいの?

と思いますが、1枚だけの写真で出品するよりも、4枚使って商品全体を伝えることがスムーズに売れていくコツです!

 

1枚目の写真が1番重要です!ここに力を入れて撮りましょう。

なぜなら、1枚目の写真が出品時のトップ写真になるからです。

基本的に①枚目は商品全体の写真をもってきます。

②~④枚目ですが、どのような部分をとるのかというと

  • 服の裏や袖(柄が入っている場合もあるので)
  • タグ部分(サイズや洗濯表示、服の素材が記載されているので)
  • ブランドのロゴ
  • 汚れのある部分(シミや毛玉、穴が開いているなど)

 

基本的にはこういった部分を撮影するといいでしょう。

 

汚れのある部分(シミ、毛玉、穴)は、その部分が見やすいように撮ってください。

汚れがあるのに写真を撮らなかったり購入者に伝えなかったら、最後の受け取り評価が悪くなってしまうのでご注意を!

見やすい・商品が伝わる写真を!

写真の撮り方次第で売れるか売れないかがほぼ決まってしまうメルカリ。

購入者に買いたい!と思わせる写真がすごく重要なんです。

 

正直私がみている限りでも、商品の写真の撮り方がうまいなという人はほとんどいません。みんな適当に撮ってるんです。

だからこそ、写真にこだわることによって、自分の商品を売れやすくすることが可能です。

 

今まで書いてきたポイントに沿って写真撮影すれば売れること間違いありません!

ちなみにこれからメルカリ始めるようって人は、こちらの招待コードを入力すれば最大で10000円が当たるチャンスがもらえます! 最低でも50円分のメルカリポイントがもらえるのでぜひ入力してください! UBJUDN

メルカリ

メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

いらないものを売って、お小遣い稼ぎと断捨離の同時進行を進めちゃいましょう!!

 

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。