学生結婚のメリットデメリット!親が反対?お金や就活への影響は!?

学生結婚

どーも皆さんこんにちは。学生結婚ブロガーのキックと申します。

僕は大学3年生の時に彼女が妊娠し、学生結婚することになってはや4年が経ちました。今でも家族で仲良く暮らしています。

そんな僕が学生のうちに結婚することのメリット・デメリット、そして学生結婚という道を選ぶ人に大切にしてほしいと思うことについてお話したいと思います。

学生結婚をする理由は?

そもそも学生結婚はなぜするんでしょう。学生のうちに付き合っている彼氏・彼女と待ちきれずに結婚したい!という人もいるかもしれませんが、やはり多いのは「できちゃった結婚」ではないでしょうか。

僕も学生結婚という経験を通じて、50人以上の学生結婚カップルの相談に乗ったことがありますが、その全てが子供が先にできたケースでした。

子供を授かって結婚するということ自体は決して不幸なことではありませんが、世間のイメージ、費用面など、学生結婚という行為につきまとう問題はたくさんあります。

学生結婚をする上でどんな問題点があるのか、そのメリット・デメリットもしっかりと理解した上で自分たちの将来を決めるようにしていきましょう。

 

学生結婚のデメリット

世間体

やはり学生結婚による一番のデメリットは世間体だと思います。学生結婚という言葉自体の馴染みは出てきましたが、やはり世間的なイメージとしては「学生結婚=無計画!」というイメージはぬぐいきれない面があります。

学生結婚の多くが、先に子供ができたので結婚するというパターンが多いからかもしれませんが、「自立もしていないのに結婚なんて!」「仕事がないのに子供作るなんて無責任だ!」という声が圧倒的に強いのは確かです。

僕も学生結婚して4年になりますが、これまで何百人の人に初対面で「学生結婚なんです」と言ってきました。みんな表面上は「そうなんだ」くらいの反応ですが、やはり「こいつ学生結婚てことは・・・」と人格否定に入られることもよくありました。

大学在学中も、やはり付き合いの薄い友達とは距離ができましたし、妻のお腹も大きくなるので多少は学内でも浮いた存在になります。

学生結婚自体が悪!というのは偏見であることに変わりはないですが、やはりその多くが「無計画な行為」であることは否めないので、マイナスのイメージを持たれるのは当たり前のことかもしれません。

 

経済的負担が出てくる可能性がある

次に大きな問題と捉えられるのが、経済的な問題です。

結婚、出産というのは人生の一大イベント。それを学生の時に迎えるというのはかなりハードな選択になることでしょう。結婚式を学生の時にするならなおさらです。

出産や通院費、結婚式の費用、子供が生まれてからの粉ミルクやオムツ代、かかるお金はたくさんあります。

ただ、結婚、出産、育児に関しては必ずしも大金が必要というわけでもありません。工夫次第では経済的負担を軽減することもできるんです。

大学で子供を授かった人の多くが、「お金がないから」という理由で子供を堕してしまうケースをたくさん見てきました。

もちろん普通に暮らしていくよりはお金が必要になってくることはありますが、工夫次第で乗り越えられる問題なので、その点に関しては是非僕の記事も参考にしてくれたらなと思います。

 

▼僕たちの結婚式でかかった費用
高知県で全込み100万円以内で挙式する方法!!

関連記事

大学生が1年で100万円貯金するためにやった超具体的な5つの方法

 

休学しないといけない可能性も

僕たちは学生結婚で彼女が妊娠し、大学3年生の終わり頃に出産を迎え、タイミング的には休学する必要はなかったのですが、学生結婚する人の相談に乗っているとほとんどが休学を検討されているようでした。

理由としては、やはり「妊娠」です。個人差は大きいですがつわりで体調を崩し、学校に通えなくなるケースや、出産のタイミングがテストと被ってしまうケースなど理由は様々。

学生結婚自体が休学しないといけないことには繋がらないですが、出産時のタイミングや妊娠中の体調によっては卒業の時期を遅らせる必要が出てくるかもしれません。

 

就職活動で不利になる?

これは僕の体感ではないのですが、就職活動で不利になる場合もあるようです。

ただ、これは学生結婚がというよりは、面接などでの質問に対しての回答によるものだと思います。

面接官に学生結婚のことについて質問された時に、しっかりとした考え、自分の行動に即した答えを返せなければ、「無責任な奴だ」という印象を与えてしまう可能性は十分にあるでしょう。

また、女性であれば出産を控えていたり、これから出産する可能性があるとみなされ、企業によっては敬遠してくる可能性もないとは言えません。

ただ、そんな理由で雇用しないようにする会社は減ってきていると思いますし、もしそんな会社があったとしてそこに入っても不幸になるだけだと思うので、一概にデメリットとも言い切れない部分ではあると思います。

実際に僕も学生結婚をしてから就職活動をしましたが、その事で落とされたりしたことはなかったと思います。

 

 

相性がいいかどうか分からない

これは学生結婚に限ったことではないと思いますが、実際に大学生というまだ人生経験も浅い状態で、これから一生を共にするパートナーを決めてしまうというのはある意味リスクであると言えるでしょう。

僕たちは学生結婚してもう4年になりますが、本当に妻のことを愛していますし、今の妻と結婚できてよかったなと心から思っています。

ただ、正直いうと、結婚当初(当時大学3年生)は不安でいっぱいでしたし、お互いに「本当にこの人でいいのだろうか」と思うこともありました。

僕たちは結果的にはよかったですが、実際に授かり婚(できちゃった結婚)と普通婚では授かり婚の方が離婚率が高く、10代後半では離婚率が58.4%、20代前半で42.5%と、年齢が若ければより離婚率が高いという統計データもあります。

参考:でき婚の離婚率はとっても高い!最も多い離婚理由は?

若く結婚した方が、そしてでき婚であればなおさら離婚する確率が高いというのは、それだけ判断力がない時期に結婚してしまうことのリスクを物語っているのかもしれません。

 

学生結婚のメリット

さて、ここまで学生結婚についてのデメリットを見てきましたが、メリットも実はあるんですね。ここからは僕が学生結婚という経験を通じて感じた、学生結婚のメリットをお伝えします。

 

家族との時間が圧倒的に多い

これは人それぞれかもしれませんが、僕は大学の頃第一子が産まれてからは、家族3人で過ごす時間がとても多くとれました。

妊娠が発覚して結婚してからはアルバイト漬けでしたが、卒業前はアルバイトはしていたとはいえ、卒論もあったので家にいることが多かったんです。

なので普通に就職していたらありえないくらいの時間を妻と子供と過ごすことができました。僕は子供の寝かしつけとお風呂を担当していましたが、子育てに関しても勉強するきっかけになったり、子育てについて妻とたくさん話す時間もできました。

 

学費免除になる可能性もある

いくつかの要件を満たす必要がありますが、条件によっては学費が免除される可能性があります。

  • 学費を自己負担している
  • 扶養が親から独立している
  • 一定額以上の資金援助を受けていない

などの一定の要件を満たせば、大学の授業料が免除される可能性があります。詳しくは学生結婚したら授業料免除!?必見!!学費免除のための三つの条件!に書いておきました。

学校によっても満たすべき条件が違ってきたりするので、本当に免除を受けたいなら学校に聞いてみることをお勧めします。

ちなみに僕たちは受けれませんでしたがw

 

老後を早く迎えることができる

学生結婚に限ってではありませんが、若く結婚することによって、体力のあるうちに子育てに勤しむことができます。

子育ては非常に体力のいる仕事です。近年晩婚化が進んでいますが、こういった面では若くして子供を産むことは大きなメリットといえるでしょう。

また、老後も早く迎えることができます。僕たちは21歳の時に一人目の出産を迎えたのですが、一人目が成人しても僕も妻もまだ41歳です。二人目が成人しても44歳なので、老後も元気モリモリです

学生結婚は若くして子供を産むということにもなるので、そういった意味ではメリットといえるでしょう。

 

学生結婚するなら大切にした方がいいと思うこと

僕が学生結婚して、また学生結婚したカップル50組以上の相談に乗ってきて最も大切だなと思った4つのことをお伝えします。

 

両親や親族の理解を得ること

両親を始め、互いの親族に結婚を理解してもらうことは、学生結婚のみならず結婚することにおいて外すことができないことです。

ただ、学生結婚というのはただでさえ周りに理解されない側面があるため、より一層周りの理解を得る努力が必要になってくるでしょう。

学生のうちにもし、子供ができてしまったら、双方の親から結婚の了承をいただくのは難しいことだと思います。しっかりと誠意を見せ、これからの生活が大丈夫だと安心してもらえるように尽くすことが一番大事です。

 

 

しっかりとした資金計画を立てる

これは双方の両親に納得してもらうためにもとても大切なことですが、しっかりとした先行きのある資金計画を立てる必要があります。

今現状のお金が夫婦でいくらあって、これから毎月バイトでいくら稼げて、就職してからどうしていくのか、生活費はいくらでやっていけそうかなどです。

「愛があれば全て乗り越えられる!」なんて言葉がありますが、お金がないと生活できません。しっかりとした資金計画を立て、自分たちのライフプランを設計しましょう。

 

 

友人にはできるだけ直接伝えよう!

子供ができたのであれば特にそうですが、友達には絶対に直接伝えた方がいいです。

これは僕の経験からも実証済みです。

大学の時に彼女が妊娠して、結婚することになってから、親しかった友達やサークルのみんなの前で直接伝えたんですが、やっぱり直接伝えた友人は今でも仲良くできています。

逆に残念ながら、間接的に伝わってしまった友人はなんとなく疎遠になっていきます。これは間違いないです。

人生を大きく変えるような出来事が起こった時、それを直接伝えるという行為は、相手にとってもこちらの信頼が伝わります。

逆に間接的に聞くと、「噂」になってしまうのでどうしても尾ひれはひれはつきものですし、「あいつはそういうやつなんだ」と周りに印象を与えてしまうんです。

実際に伝えた友人たちにも「あの時は直接いってくれて嬉しかったよ」とたまに言ってもらえます。

勇気がいることかもしれませんが、自分たちが「学生結婚をする!」と決めたのなら周りの知り合いや友人には公式発表するくらいの覚悟を示すことをお勧めします。

 

 

夫婦でできるだけ多く会話する

これは学生結婚した人の相談に乗るようになってより一層強く思うようになったのですが、結局うまくいっていない夫婦の一番の原因はコミュニケーション不足なんですね。

「旦那(彼氏)が何を考えているのか分からない」「妻(彼女)がどういうつもりか見当もつかない」という相談はホントによくありました。

これって学生結婚に限らず夫婦にとても多く起こることだと思います。

日本人は特に親しい人とコミュニケーションを取ろうとしない民族と言われていますが、近くにいる人だからこそ日々の会話を大事にしてください。

特に学生結婚という道を選んだのなら、お互い多かれ少なかれ不安はあるはずです。その不安を抱えたままお互いの思いが通じていない状態になってしまっては、より不安が倍増するだけです。

週に一回とかでもいいので晩御飯の時にでも一緒にゆっくり将来のことや、今日あったことの話をするようにしましょう。

とにかくたくさん、頻繁に時間を設けてゆっくり話す!家族生活を営んでいく上でこれほど大事なことはないと思います。

学生のうちに結婚するということは人一倍夫婦で乗り越えていく問題や、時間も多くなります。お互いしっかりコミュニケーションが取れていれば、人生の荒波に飲まれないように支え合うことができていくはずです。

 

まとめ

僕はこの半年間、学生結婚する人たちのお悩み相談のようなことをやっていました。力にななれなかったなと思うこともありましたが、中には「キックさんのおかげで結婚の決心ができました!」「無事に出産できました!本当に幸せです」などのありがたいお声をいただくこともありました。

大学生や高校生で結婚に踏み切る人たちは毎年多くいます。そしてみんなそれぞれが、それぞれの悩みを抱えています。

親に許してもらえない、お金がない、子供を育てていく自信がない。いろんな障害や不安を抱えているんです。

「学生結婚」という選択肢を取る理由は人によって様々だと思いますが、難しい道のりであることは確かです。

ただ、工夫や努力によって間違いなく乗り越えられるというのも確かです。

学生結婚はあなたが思っているほどどうしようもなく不可能な事ではありません。幸せな家庭を築く努力を惜しまなければ楽しい人生は必ず歩めるものです。

 

彼女が妊娠したかも!という人は?

妊娠がまだ確定ではない、生理がこないだけという人は次の手順で行動しましょう。

  1. 生理予定日から1週間経つまでとにかく待つ。
  2. 1週間経っても生理がこなければ検査薬を試す→陰性が出ても1週間生理がこなければ再度試す→それでも陰性ならほぼ妊娠してない。
  3. 陽性が出たらすぐ病院で検診
  4. 2人でどうするかよく話し合う
  5. 産む、結婚する場合は双方の親に直接挨拶

この手順をまずは踏みましょう。検査薬は近くの薬局かネットでも買えます。

学生結婚が決まっている人へ

学生結婚することがもう決まっているという人はこれから一番の不安点が経済的安定があるかどうかだと思います。

僕も学生の時はそこが不安で、とにかく死に物狂いで貯金頑張ったんですよね。

そしたら、25歳の時に1200万円貯めることができたんです。ここまでくるのにかなりの工夫や努力がありましたが、コツさえつかめば、経済的安定を手にすることはそんなに難しいことではありません。そのノウハウを4つの記事に全部詰め込んで、全て無料公開してますので是非真似してみてください!きっとこれからの生活のヒントになると思います!!

これからお金に不安がある人に読んで欲しい記事!

 

The following two tabs change content below.
大学生の時に学生結婚をしたことをきっかけに結婚、育児のために貯金に励む。妻が専業主婦である状況ながら、25歳で副業なしで1000万貯金することに成功。現在は脱サラし、ブログを書く日々。数年後に家族で世界一周する予定。